恋のなやみに効くメディア

ハグの仕方で気持ちがわかる?種類別の男性心理とハグ中に彼を喜ばせるテク

松田優

松田優Y.Matsuda

目次

隠す

1:ハグにも種類が!ハグの仕方で相手の気持ちがわかる?

お互いの体をぎゅっと抱き締め合う「ハグ」。安心感と心地よさ、ドキドキ感。ハグをすると幸せな気持ちになることができますよね。友達や家族とするハグも素敵ですが、やはり好きな人とするハグは格別。

ハグをしているとき、相手がどんな気持ちでいるのか気になりますよね。正面から、後ろから、肩を組んで……それぞれのスタイルに隠された、深層心理を解明していきましょう。

2:【種類別】ハグの仕方10選と男性心理

まずは、たくさんあるハグの種類をみていきましょう。ハグの仕方に秘められた、男性の心理も解説していきます。

(1)正面からのハグ

最もスタンダードなハグといえば、正面から抱き合うスタイル。お互いの体に腕を回してぎゅっと抱き締め合うことで、心が満たされる幸せなハグですよね。

正面からのハグには、愛情がたっぷり。愛しさ、慈しみ、優しさ……たくさんの気持ちが詰まったハグです。また、正面から堂々と抱き合うことができる関係=信頼の証でもあります。

(2)男性からのバックハグ

正面からのハグ以上に人気が高い「バックハグ」。男性が女性の背中から抱き締めるハグは、ドラマや映画でもよく見かけるロマンチックな方法です。

無防備ともいえる背中側からハグすることは「守りたい」「包んであげたい」という心理の表れでもあります。女性にとっても、男性の包容力を感じられて胸キュン&安心するハグといえますよね。

(3)女性からのバックハグ

男性からのバックハグは包容力の表れですが、女性からのバックハグは「甘え」の表れ。男性の背中に自分からぎゅっと抱きつくときは、甘えたいモードに入っている証拠です。

構ってほしい、相手にしてほしい、さびしい……気持ちを直接言葉で表現できないときに、女性からバックハグすることも。女性がバックハグにときめくように、男性にとってもバックハグの効果は抜群。不意打ちのバックハグにはドキドキしてもらえるはずです。

(4)肩を抱くハグ

肩を抱いて体を寄せ合うハグは、人前でも気軽にできるハグのひとつ。あまり大っぴらにいちゃいちゃできないときでも、肩を抱くくらいであれば可能ですよね。

あえて友達の前で肩を抱くハグをする場合は「独占欲の表れ」といえそう。肩を抱いて自分のほうへ引き寄せることで、他人から距離をとらせ、無意識に牽制しているのです。

(5)顔を埋めるハグ

お互いの首筋や胸に顔を埋めるハグをするときは「気持ちが最大限たかぶっている」証拠。デートの別れ際や、嬉しいことがあったとき、好きな気持ちが高まったときなど、強い思いがこもった濃密なハグといえます。

ケンカのあとのハグも「ごめんね」の気持ちを込めて、顔を深く埋めるハグになりがちです。

(6)座った状態でのハグ

座った状態で正面から抱き合うハグは「触れ合いたい」「いちゃいちゃしたい」ラブラブモード一色。

立った状態でハグするよりも疲れにくく、長時間ハグしたままでいられることもポイント。男性側からこのハグのお誘いが来たら、甘い時間の始まりと捉えていいでしょう。

(7)寝転がった状態でのハグ

ベッドや床に寝転がった状態でのハグが、必ずしも性的なお誘いを意味しているとは限りません。むしろ、寝た状態でハグだけをするということは、癒しやリラックスを求めているという可能性も高いでしょう。

色っぽいムードにならず、ただ抱き締め合っているだけのときは、彼の悩みや心配事を聞きだしてみるのも優しさかも。

(8)距離をとってのハグ

少し距離をとった状態でのハグだからといって、愛情が不足しているとは限りません。体を密着させ過ぎず距離をとっていることで、相手の顔が見やすいというメリットもあります。

大事な話をしたいとき、顔を見て話をしたいとき。あえて体の距離をとってハグをするというパターンもあるでしょう。

(9)頭を引き寄せるハグ

抱き合った状態で頭を引き寄せるハグは、顔も近づくドキドキのシチュエーション。もっと自分に近づいてほしい、最大限密着したい。愛情がピークに高まったときなど、感極まった状態であることが多いものです。

もしくは、女性を慰めたいときに頭をなでながら引き寄せる……というケースもあてはまるでしょう。

(10)首に腕を回すハグ

男性から女性の首に腕を回すハグには、男性の支配欲が隠されています。自分より体の小さな女性を押さえつけるような形になるため、男性優位の体勢ともいえますよね。

男性側にそのつもりはないかもしれませんが、知らず知らずのうちに女性を自分のものにしたい、コントロールしたいという気持ちが表れているのかもしれません。

3:ハグ中に彼を喜ばせるテクニック5つ

抱き合うだけでも十分幸せですが、さらにラブラブ度をアップさせるためにはどうすればいいのでしょう。特別なハグで彼を虜にすることができるテクニックをご紹介します。

(1)洋服の裾をつかむ

多くの男性は、女性の恥ずかし気な仕草に弱いもの。抱き締められたとき、ぎゅっと思いきり抱き締め返すのもいいですが、あえて控え目に、彼の洋服の裾をつかむ仕草もグッド。

ほかにも、照れてうなずく、顔を隠すといった仕草も男ゴコロをぐっとつかむはず。

(2)顔を擦り寄せる

抱き締められたとき、体だけでなく顔も彼に密着させて、甘えるように顔を擦り寄せてみましょう。信頼関係、愛情がなければできないことだからこそ、彼にとっても嬉しい仕草に違いありません。

彼と頬を擦り合わせる行為も、可愛い仕草として高ポイントです。

(3)体をなでる

ハグをしている間、ぎゅっと抱き締めるだけでなく、彼の体をなでるのもおすすめ。背中、腕、首筋……愛情をもって触れることで、彼の心も満たされるはず。

男性も頭をなでられることが好きな場合が多いので、手が届く体勢であればそれもいいかも。リラックスタイムがますます甘い時間になるでしょう。

(4)笑う

付き合いたてやハグに慣れていない時期は、つい緊張で表情も強張りがち。顔が見えない位置で抱き合っていたとしても、固い表情はなんとなく伝わってしまうものです。

彼との抱擁が嬉しい。愛情を感じることができて幸せ。そういった気持ちは、ぜひ表情に出して。にこにこ幸せな笑顔で、さりげない笑い声が出ればなおいいですね。

(5)名残惜しそうに離れる

ハグをしている最中だけでなく、体を離すときもポイント。あっさり体を離してしまっては、「もしかして嫌だった?」と、彼が不安になってしまうかもしれません。

一度離れかけても、自分から再度体をくっつけたり、体を擦り寄せたり……彼とのハグが心地よかったということを、仕草でアピールしていきましょう。

4:どのくらい本気?ハグから相手の気持ちを読み取る方法3

恋人未満の相手や、付き合いたての彼とのハグなど。いまひとつ相手の心理が読めないときもありますよね。ハグの仕方や仕草から相手の気持ちを読み取るには、どのようなところに注目すればいいのでしょう。

(1)ハグの強さ

好きな相手とのハグは、知らず知らずのうちに抱き締める強さも増してしまうもの。反対に、そう思い入れがない相手とのハグは、比較的弱い力でさっぱりとしているものです。

体を密着させる行為だからこそ、本音は隠せません。彼がぎゅっと強く抱擁してくれるのであれば、それだけ愛情も深いと考えていいでしょう。

(2)ハグの長さ

気持ちが薄い相手に対して、長い間ハグをしていたいとは思いませんよね。ずっと抱き合っていたい相手ほど、好きな気持ちも深いといって間違いないでしょう。

状況にもよりますが、ハグの長さは愛情の深さに比例していると考えるのが自然です。

(3)ハグのあとの表情

好きな相手と、そうでもない相手とのハグで最も差が出るのが表情です。ハグの前はもちろんですが、ハグをしたあとの顔に満足度が表れているはず。

ハグの間は、あまり表情をうかがうことができないからこそ、ハグのあとの表情に注目してみて。

5:まとめ

シンプルなスキンシップでありながら、実は奥が深いハグ。ハグひとつからも、さまざまな心理を読み取ることができそうです。

どのような心理状態であれ、ハグをすることで幸せ度がアップするのは確実。気軽にできる触れ合いで、彼との心の距離をもっともっと縮めていきたいですね。