恋のなやみに効くメディア

ガーリーとは?大人もイタくないガーリーなコーディネートとは

新井 よつばY.Arai

目次

隠す

1:ガーリーとは?大人も「ガーリー」していいの?

(1)ガーリーとは?

そもそも「ガーリーファッションとは何?」と思っている人も多いでしょう。「ガーリー」とは、女の子らしくてかわいい甘めなファッションを指します。主に花柄やフリル、リボンなどをアイテムに取り入れることが多いでしょう。

(2)フェミニンと何が違う?

フェミニンも同じようなテイストに感じられますが、フェミニンは、ガーリーよりも少し大人で、シンプルなスタイルが多いです。ガーリーのような少女のかわいらしさよりも、上品さが際立ちます。

2:ガーリーっぽい!といわれるコーディネートの特徴5つ

(1)ふんわりとしたシルエット

この投稿をInstagramで見る

 

Mila Owen/ミラオーウェン(@milaowen_official)がシェアした投稿


タイトなシルエットは、セクシーやヘルシーになるので、ガーリーさを演出するなら、ふんわりとしたシルエットでかわいらしさを引き出して。アイテムでは、スカートやワンピースが自然と多くなるでしょう。他にもシフォントップスやブラウスなどで、袖にボリュームのあるものもふんわりとした印象を演出してくれます。

(2)リボンやフリル

リボンやフリルがあしらわれたデザインも定番。女の子らしく見えるため、甘めコーデには欠かせないディテールです。最近は、フリルネックや細めのリボンチョーカーなども人気。

(3)ピンクやパステルカラー

定番のピンクや、水色やミントグリーンなどのパステルカラーなら、雰囲気も一気にガーリーに。ただ最近は、「ディテールも色もだと甘くなりすぎる」と、あえて黒やグレーなど暗めの色を選んで大人ガーリーを楽しむという人もいます。

(4)花柄

女子度を上げてくれる花柄アイテムもガーリーコーデの定番。白やパステルカラーとの組み合わせだとより甘めに、黒やダークカラーとの組み合わせだと少しカジュアルに着こなせます。

(5)ふわもこ

1枚あれば、あっという間にガーリーコーデが決まるふわもこアイテム。特に秋冬の季節は、もこもこのアウターが、コーディネートにやさしい雰囲気をプラスしてくれます。

3:お手本にしたい有名人のガーリーコーデ3選

ここからは、お手本にしたいコーデをご紹介します。

(1)新木優子

この投稿をInstagramで見る

 

新木優子(@yuuuuukko_)がシェアした投稿

キリッとした印象が強い、女優の新木優子さん。インスタを見ていると、スタイルの良さを引き出すスッとしたコーデも多いのですが、ガーリーなスタイルも好きなよう。トップスだけふんわりしたものや、ふわっとしたワンピをGジャンで巻いて締めるなど、全身甘めにしていないところがポイントです。

(2)佐藤晴美

この投稿をInstagramで見る

 

佐藤晴美(@sato_harumi__official)がシェアした投稿


甘めに見えるピンクのワンピースも、肩や袖にボリュームがあしらわれていて今風に。ドット柄の靴下も女の子らしさを引き出してくれています。ふんわりヘアでよりガーリー感がアップ。

(3)小嶋陽菜

この投稿をInstagramで見る

 

小嶋陽菜(@nyanchan22)がシェアした投稿

ピンクなどガーリーコーデの印象が強い小嶋陽菜さんですが、大人になるにつれて少しコーデにも変化が。こちらのワンピは、正面から見るとシンプルなのですが、バックに大きなリボンがあしらわれています。ガーリーだけど、ちょっぴり大人なコーデがたくさん載っているので、要チェックです。

4:大人でも痛くないガーリーコーデのポイント3つ

(1)ポイント使いをする

この投稿をInstagramで見る

 

Apuweiser-riche OFFICIAL(@apuweiser_official)がシェアした投稿


頭から足元まですべて甘めアイテムだと、ちょっと痛々しく見えてしまうかもしれません。そんなときは引き算。ポイントでガーリーアイテムを取り入れてみましょう。

また、ガーリー初心者さんは、急に甘めの服を着ると周りから驚かれるかも……と、思ってしまうこともあるかもしれません。そんなときは足元や襟元、アクセサリーに甘めアイテムをポイント使いすることから始めてみましょう。

(2)過度な露出は控える

女の子らしさを出すために、ミニスカートやオフショルダーを取り入れたいという人も多いはず。ただ、10代や20代前半のころは良くても、大人になると過度な露出は痛いと思われる可能性があります。

膝丈のスカートや、オフショルダーでも少し露出を抑えたもの、バック開きのトップスにするなどチラ見せを楽しみましょう。

(3)辛口アイテムを組み合わせる

最近は、全身ガーリーというよりも、レザージャケットやスニーカーなど辛口のアイテムと合わせた大人ガーリーが人気です。辛口アイテムを取り入れることによって、コーデが締まって見えるため、無理してる感がなくなります。

5:まとめ

今回は、甘めコーデが好きな女子必見のガーリーコーデをご紹介しました。大人になって甘めなコーデが苦手になってしまったという人や、これから甘めコーデにチャレンジしてみたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。