恋のなやみに効くメディア

足の臭いを治すには?足が臭う原因と市販の対策グッズ6選

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:足が臭いのを治すには?

靴や靴下を抜いだときに、「あれ……足がクサイかも」と思った経験がある人は少なくないでしょう。自分の足が気になってしまって、ついつい手で触ってしまったり、会話に集中できなかったり……。

もしも自分の足が臭いと思ったら、徹底的にケアをして、なるべく早く治したいもの。そのためには、まず原因について見ていきましょう。

2:ストレスも関係が?足が臭い原因

足の臭いにはどんな原因があるのでしょうか。看護師の大木アンヌさんにお話を聞いてきました。

(1)足の雑菌

大木:臭いの原因としては、足の雑菌の繁殖が考えられます。ずっと靴を履いているとき、汗で足先が蒸れてしまった経験は誰にでもあるでしょう。足の裏は手のひらと同様、汗腺が集中しているため、汗をかきやすい部分。背中の汗の量と比べると、5倍から10倍ともいわれ、1日でコップ1杯もの量になるといわれています。

そのため、雑菌が繁殖しやすく、臭いの原因となってしまうわけです。

(2)靴・靴下

大木:靴や靴下も臭いの原因となりやすいです。例えば、厚手の靴下や通気性の悪い靴を履いていると、足に汗をかきやすいといえるでしょう。

それだけではなく、靴のメンテナンスを怠っていると、雑菌が繁殖してしまって足の裏が臭うだけでなく、靴自体が臭いを発してしまうように。靴箱に入れてそのままにしておくと、カビが発生してしまうこともあるため、定期的にメンテナンスをすることをおすすめします。

(3)ストレス

大木:ストレスも足の臭いの原因となることがあります。汗をかくには3つの要因があります。ひとつめが、暑いときや運動したときに汗をかく温熱性発汗。ふたつめが、緊張したときや焦っているときなどに汗をかく精神性発汗。3つめが、辛いものを食べたときに汗をかく味覚性発汗。

特に足の裏は、精神性発汗が起こりやすい場所とされています。なので、緊張したり、焦ったりなどの精神的なストレスを多く受けると、それだけ汗をかいてしまって、雑菌の繁殖を助けてしまうことになるのです。

3:薬局でも買えて女性におすすめ!足の臭いを消す市販の対策グッズ

足の臭いの原因がわかったところで、今度は対策についてご紹介します。

(1)ドラッグストアでも買える足が臭い人向け石鹸は?

大木:足の裏を清潔に保つことで常在菌の繁殖を防ぎ、臭いの対策をすることができます。ドラッグストアで売っている専用の石鹸などを活用してみるといいかもしれません。足の裏や指の間を入念に洗うことで、強い洗浄力と殺菌力で臭いをおさえることができるはずです。

例えば、ドラッグストアでも購入できる、第一三共ヘルスケアの「ピロエース石鹸」は、殺菌成分が含まれているため、ニオイ菌にも効果が期待できるでしょう。

しかし、出先ではこの方法を利用できないため、他の方法と併用するといいと思います。

(2)足の臭いを撃退するクリームは?

大木:足の臭い対策用の、クリームタイプの商品もあります。こちらは持ち運びができる点が大きなメリット。気になったときにすぐに活用できます。制汗、防菌をうたっているフットクリームも市販されているので、そういったものを選ぶといいでしょう。

ここ数年、足のニオイ消しで高い評価を受けている「デオナチュレ」の「足指さらさらクリーム」は、有効成分の「焼ミョウバン」を配合。ベタつかないテクスチャーも人気の理由です。

(3)足の臭いを消す魔法の粉がある?

大木:足ではなく靴に臭いの原因があるという場合は、「グランズレメディ」などのパウダータイプの臭い消しを使ってみるといいかもしれません。

使い方は簡単。靴の中にスプーンひとさじ程度の粉を入れておくだけです。1日の終わりに靴の臭いケアとして使用できます。靴だけではなく、野球のグローブや剣道の防具などにも活用できるので、活用してみるといいでしょう。

(4)足の臭いに重曹が効かないときには酢?

大木:家庭にあるもので臭い対策をするなら、重曹やお酢も使えます。足の裏にいる常在菌は酸性に弱く、重曹やお酢などで消毒すると繁殖を防ぐことができます。そのため、洗面器にぬるま湯をため、大さじ2~3杯程度のお酢を混ぜて、足を5分程度つけておきましょう。レモンの絞り汁でも代替でます。

(5)足の臭いを消すおすすめスプレーは?

大木:使いやすさを重視するなら、デオドラント用品のスプレータイプがいいでしょう。靴下やストッキングの上からでも使える手軽さが魅力です。無香料と香りつきは好みで選べばいいと思いますが、「スプレーの香りが臭いが混ざって、逆に臭くなった」ということもあるので、無香料タイプを選ぶんだほうが無難かもしれません。

ボディースプレーではなく、専用のフットスプレーが市販されているので、そちらを購入するといいでしょう。

(6)足の臭いはアルコールで対処できる?

大木:足の裏の常在菌の繁殖を抑えるにはアルコールもおすすめ。アルコールで手洗いをすることがあると思いますが、足の裏にもアルコールを使うと臭いをおさえることができます。

とはいえ、素手で足の裏にアルコールを塗るのは抵抗があると思うので、消毒用のアルコールティッシュや脱脂綿でふき取るようにするといいでしょう。

4:「足が臭い」を英語でいうと?

国際社会である現代では、「足が臭い」を英語で言いたくなることもあるでしょう。

そんなときは「嫌な臭いがする、臭い」という意味の「smell」や「stink」を使います。例えば「My feet smell bad.」や「My feet stink.」といった感じで表現することができます。

5:深刻な足の臭いは専門医で治療するのも手

足の臭いというのは意外としつこいもの。そのため、ケアしてもなかなか改善しないこともあるかもしれません。そんなときは、専門医に診てもらって、治療する方法もあります。困っている人は、そういった方法も検討してみましょう。

【取材協力】

大木アンヌ・・・ルーマニア人ハーフの看護師。家庭や恋人同士で使える簡単な医療の知識を少しでも伝えていくため、ライターとしても活動中。