恋のなやみに効くメディア

結婚式の受付の飾り方!和風からディズニーまで手作りで可愛く

番長みるくM.Bancho

目次

隠す

1:結婚式の受付の飾りどうする?

結婚式の受付は、その結婚式の印象を左右するもの。新郎新婦の感性や趣味がかなり表れます。全体のテーマを決めてイメージをふくらませ、結婚式の受付にどんな飾りをするべきかを考えましょう。

結婚式当日になって、飾り付けが足りなかったり、思っていた雰囲気とは違ったりなどの失敗をしないように、どんな雰囲気にするか想像しましょう。

2:ディズニーや和風も!結婚式の受付の飾りのアイデア5選

結婚式の受付の飾りは、どんなイメージにすればいいのでしょうか。

(1)好きなディズニーをテーマに

ディズニーが好きなら、オブジェや飾り付けにキャラクターを使いましょう。お気に入りのディズニーキャラクターのぬいぐるみやオブジェをそのまま置くという方法もあります。

簡単なのは、イニシャルオブジェをミッキーやミニーの衣装と同じ配色で飾り付けしたり、イニシャルオブジェの上半分を黒く塗り、下半分を赤と白の水玉模様で色付けしたりする方法。手軽ですし予算も抑えられて、おすすめです。

(2)和風で大人っぽく

和装で結婚するなら、和風な受付にしたいもの。おすすめは、薄紙を重ねて、クモの巣状に貼り合わせてつくられたハニカムボール。天井に吊るしたり、卓上に並べたりすれば、薄紙のふんわりやさしい風合いが和風な雰囲気を醸し出してくれます。

またボールブーケを赤や白、緑の色合いのものでつくり、扇子などと一緒に飾るのも、和風テイストに馴染むのでおすすめです。

(3)海をテーマに

海や旅行が好きな新郎新婦なら、青を基調にした受付はいかがでしょう。リゾートのような開放感を演出するために、キャンピングカーなどのミニチュアを置いて、ビーチハウス風のアレンジに。

またガラスのコップや瓶に星の砂や貝殻、ビー玉などを入れて、夏の思い出の写真を一緒に飾るという方法も手軽でおすすめです。

(4)花でいっぱいに

造花や生花などを集めて、お花でいっぱいにすれば、受付も華やかな印象になります。結婚式そのもののテーマカラーに合わせるのがスタイリッシュに見えるポイントです。

一緒にイニシャルオブジェやカラフルな砂、電球や花のリースを置いて、ナチュラルな感じにするのもおしゃれですよ。

(5)新郎新婦の写真をメインに

結婚式の受付に新郎新婦の写真を飾れば、早めに到着したゲストも、ゆっくり写真を眺めることができます。結婚式の前撮りの写真や、新郎新婦が恋人時代の写真など、思い出の写真をいくつか並べましょう。写真を入れる額縁をそろえれば、統一感が出ます。

3:結婚式の受付飾りを手作りする方法4つ

結婚式の受付の飾りを手作りするには、どうしたらいいのでしょうか?

(1)ブロックでオブジェづくり

100円ショップのダイソーで売っている結婚式用のプチブロック。組み立てると新郎と新婦ができあがる小さなブロックですが、これなら予算もおさえられて手作り感を出すこともできます。

(2)シルエットのブックアート

結婚式の受付にメインになるようなオブジェをつくりたいなら、本のページを折ったり、ハサミでカットしたりしてブックアートをつくってみましょう。好きなキャラクターや新郎新婦にちなんだシルエットをつくれば、印象的なオブジェになりそうです。

(3)ボックスに造花を詰め込んで

結婚式の受付を草花でいっぱいにするなら、ボックスに造花を詰め込むのもあり。ボックスはクリアタイプや木箱、宝物などが入っていそうな革製の箱など。そこにバランス良く草花の造花を詰め込むだけで完成です。

結婚式会場内の装花や新婦のブーケなどと色を合わせれば、統一感が出ます。またドライフラワーを入れるなどのアレンジをきかせてもおしゃれです。

(4)フレームに造花をつけて

新郎新婦の写真やイラストをフレームに入れるだけでは、なんとなく地味な印象になりがち。100円ショップでも揃うグルーガンと造花をたくさん買ってきて、写真フレームにバランス良く貼り付けましょう。

熱で解け、すぐに固まるグルーガンは初心者でも取り扱いが簡単です。最初に草花のバランスを見て、立体的に貼っていくのがポイントです。

4:結婚式の受付サインをおしゃれにするアイデア3つ

結婚式の受付サインとは、参列者が受付をするときの目印になるもの。「新郎側受付」や「新婦側受付」と書かれているものが一般的ですが、最近では受付サインを手作りする人もいるようです。

(1)おしゃれなフォントで書く

おしゃれなフォントで「Bride」と「Groom」と書けば、しゃれた受付サインになります。白い布に茶色の糸で刺繍して、黒い額縁に入れれば、シックな雰囲気にも。

(2)扇子を受付サインに

扇子を広げて、スタンドで立て、扇子の表面に「新郎側受付」と「新婦側受付」と書けば、和風な印象になります。夏などの暑い季節には透けている素材の扇子を使ったり、レースでできている扇子を使ったりすれば涼しげな印象に。扇子の柄や大きさにこだわってみましょう。

(3)新郎新婦の写真を使って

透明なフォトフレームにモノクロに印刷した新郎新婦の写真を入れ、表面に白や金色の文字で「Bride」と「Groom」と書けば、ハイセンスは受付サインが完成。結婚式の前撮りの写真を使えば、エレガントな雰囲気になりそうです。

5:結婚式の小物は手作りでも十分!

結婚式の受付は、ゲストがいちばん初めに目にする場所だからこそ、こだわってつくりたいもの。結婚式の小物を手作りすることによって、温かみのある結婚式になります。「はじめ良ければ終わり良し」という言葉があるように気分良く結婚式会場に入場してもらい、満足して帰ってもらえたらいいですね。