恋のなやみに効くメディア

褒める言葉一覧!ビジネスやプライベートで相手を褒めるときの使い方

松田優Y.Matsuda

©gettyimages

目次

隠す

1:褒める言葉はシーンで使い分けよう

褒められて嬉しくない人はいないでしょう。プライベートでもビジネスでも、褒め言葉というのは、相手とのコミュニケーションを円滑にしてくれる大切な要素のひとつ。

けれど、場違いだったり的外れだったりする褒め言葉を使ってしまうと、白々しく聞こえてしまって、逆に空気が悪くなることも……。褒めたいと思ったときにすぐに言葉が浮かんでくるように、全方位的に好感度が高い褒め言葉を覚えておきましょう。

2:相手が喜ぶ褒め言葉の使い方ポイント5つ

相手に喜ばれる褒め言葉の使い方ポイントを5つ紹介します。

(1)思いやりや愛情など、内面を褒める

質問をすればいつでも丁寧に教えてくれる。変化を感じ取っていつも声をかけてくれる。大事なときにしっかりと見守っていてくれる……。さまざまなシーンで、相手からの気遣いや思いやりを感じることがあるでしょう。

相手が意識してやっていることであれば、善意が伝わっていたことを喜んでくれるでしょうし、自然に出ているものであれば、褒めることで相手に気づきを与えることになり、一目置いてくれるかもしれません。

(2)容姿はセンスを褒める

容姿端麗、眉目秀麗と言ってしまえば簡単ですが、生まれつきのものを褒められてもそれは自分の手柄ではないし、と考える人も多いです。特にビジネスシーンでは、相手に軽薄な印象を与えてしまうことも。

容姿について褒めたいときは、「メイクが似合っている」「おしゃれ」「髪型がすてき」「スーツ選びのセンスがいい」など、本人のセンスや努力で作られた部分を褒めるのがベターです。

(3)日々の努力や見えない裏方の頑張りを褒める

自分のことをきちんと見てくれている人がいる、理解してくれている人がいると感じると、自分の存在価値を認められたようで嬉しいもの。この点は、何気なく褒められると本当に嬉しいポイントだと思います。

誰かがやらなければならないことを率先してやってくれていたり、ていねいな仕事が仕込まれていたりなど。小さなことでも気付いたら言葉にして褒めることで、相手の日々のモチベーションアップにもつながり、信頼感も高められるかもしれません。

(4)成長や健康などを褒める

健康を維持することや、規則正しく生活していることは、当たり前すぎて褒めるようなことではないと感じる人も多いと思います。ですが、前向きな気持ちで仕事をしていることや、仕事と家事を両立しながら円滑に家庭を運営していること、勉強して知識を得て活かしていくことなどは、それぞれがその人の努力の上に成り立っているもの。

特別な言葉ではなくても、「いつもはつらつとしていて気持ちがいいですね」「いつの間にそんなにできるようになったの?」など、まっすぐであたたかく寄り添うような褒め言葉も、相手の心に響きます。

(5)少し視点をずらして褒める

褒められ慣れている人は、自分の長所をしっかりと認識しています。良い点については、これまでもたくさん褒められているでしょう。相手に新鮮な印象を残すためには、良いところをそのまま褒めるのではなく、本旨はそのままに少し視点をずらして褒めてみましょう。

たとえば、「話の展開がうまくて引き付けられました」だけでなく、「お話のテンポもよくとても心地よいトーンで、つい聞き入ってしまいました」など。話の内容以外の点にフォーカスを当てていますが、「話をよく聞いていた」ということも伝わる褒め方です。

3:女性が喜ぶ誉め言葉3選

せっかく女性を誉めるなら、最大限喜んでほしいですよね。容姿・内面・ビジネスシーンと、それぞれのケースで、女性が喜ぶ誉め言葉を、3つご紹介します。

(1)「〇〇がきれいですね」とピンポイントで褒める

美は一日にしてならず。女性の清潔感のある美しさは、お金と時間をかけた日々のメンテナンスの賜物なのです。「肌がきれいですね」「髪がきれいですね」などは、単純に容姿だけではなく、日々の努力を褒められたように感じる女性も多いです。

ただし、日々の努力で作れる美しさ以外に触れるのはNG。身長、顔の造作、肌の色などは、本人の努力で変えられるものではありません。また、スタイルについても、持病や体質によるものなど、自分ではどうにもできない場合があります。褒めたつもりで傷付けることのないように、注意が必要です。

(2)「いつも〇〇ですてきです」と何気ない立ち振る舞いを褒める

「いつも頑張っていて尊敬します」「いつも気配りができてすてきです」「いつも笑顔で安心します」など、普段の何気ない振る舞いを褒めてもらえると、自分の感覚や内面を褒めてもらえた気がして、嬉しくなるのは、男性も女性も同じでしょう。

女性は特に、頑張ることも、気を配ることも、笑顔でいることも、社会に圧迫的なまでに求められてきました。できて当然のように扱われることも多いので、気付いて褒めてもらえたら、じんわりと温かい気持ちになるでしょう。

(3)「居てくれてよかったです」

「〇〇さんが居てくれたおかげでうまくいきました」「〇〇さんが居てくれて助かりました」「〇〇さんが居ると安心します」なんて言われたら、頼りにされているようで嬉しいですよね。部下や後輩に頼られたり慕ってもらえるのは、これまで築いてきた関係性があればこそ。一朝一夕で手に入るものではありません。

職場や家庭において、その関係性が当然のことのように消費されてしまうことは往々にしてあります。結果に寄与することはスキルさえあればだれにでもできますが、「〇〇さんが」という存在になれていたと思えると、とても力になりますよね。

4:男性が喜ぶ誉め言葉3選

誉められたいという気持ちは、男性にも当然ながらあるでしょう。社会から認められたい気持ちは、もしかしたら女性より強いかもしれません。ここでは男性が喜ぶ誉め言葉を、3つ選んでみました。

(1)「頼りになりますね」


信頼は信用の積み重ね。頼られるということは、相手から一定の評価を得ているということと捉えられますね。実績があるから頼れるというものでもなく、人間的にも信用していなければ、頼る相手として選びません。

プライベートでは「頼りにしてる」「誰よりも頼もしい」など、気になる彼やパートナーに特別感を持って伝えると喜ばれるでしょう。「信頼できる」「頼りがいがある」「あなたに任せるよ」などは、職場で上司や後輩、同僚のどの立場から言われても、嬉しいものですよね。

(2)「尊敬します」

「いろいろなこと知っていて尊敬しちゃうな」「仕事ができて本当に尊敬します」「その懐の深さは尊敬に値するわ」など、個々人で相手を尊敬するポイントはたくさんありますね。それが頑張っていることだったりすれば嬉しさもひとしおです。

また、男性にとって仕事はただお金を得るための手段ではなく、仕事や職業をステータスとしている人も多く見られます。仕事ができることを尊敬されるというのは、自尊心を高めることに直結する場合も多々あるでしょう。

(3)「イケメンですよね

なんだかんだで、褒められると嬉しいのは容姿。第一印象が大切なことは男性だってわかっています。プライベートよりもビジネスシーンでの見た目に気を遣っている男性も多いかもしれません。

女性同様、肌や髪、清潔感のあるセンスなどは、一朝一夕で身につけたものではありません。もって生まれたものを誉められればそれは嬉しいですが、自分が努力して手に入れたものを認めてもらえるというのは、男性だって同じように嬉しいものです。

5:ビジネスで使える誉め言葉3選

ではビジネスシーンでは、どのような褒め言葉が相手に響くでしょう?相手に喜ばれ、さらに惹きつけることのできる褒め言葉を、3つご紹介します。

(1)「マネしていいですか?」

相手の振る舞いに感動したときに、自分もそうありたい、自分もそうしたい、と思うことがありますよね。それを素直に伝えることで、相手の行いや振る舞いが、マネしたくなるほど素晴らしいものであったことを賞賛する気持ちを表現できます。

その賞賛の気持ちをただ伝えるだけでなく、実際にマネをしてみたり、マネしてうまくいった事例を伝えたり、具体的な行動に移して可視化することで、言葉以上に相手を評価していることを伝えられるでしょう。

(2)「熱心に聞いていただけて嬉しいです」

上手な話し手は、聞き手の様子や反応をよく見ているものです。伝えたいことを押すだけでなく、どのくらい聞いてくれているか、伝わっているかなどを観察し、「熱心に聞いてくださるので、やる気が出ます」などと言ってみましょう。

プレゼンや提案、重要な会議などでさらりと挟むと、場の空気が少し和んだり、より熱心に聞く耳を持ってもらえたりします。また、逸れてしまっていたかもしれない聞き手の気持ちを引き戻すこともできますよ。

(3)「〇〇さんも感心していました」

「〇〇さんも、さすがだったと感心していましたよ」など、その場にいない第三者も同様に誉めていたことを伝えてみましょう。単に自分だけが思っているのではなく他にも同意見の人がいることで、誉め言葉の重みを増すことができます。

当人のいないところでも話題にのぼるというのは、よほど印象に残らなければそうそうないのは、大人になれば経験から知っています。しかもそれが、良い方向に評価されてのこととなれば、お世辞でも嬉しいですよね。

6:誉め言葉としてよく使われる熟語3選

その場にいない相手を誉めるとき、その人の素晴らしさを表現する手段として熟語を用いることがありますよね。そんなときによく使われる熟語の意味を、3つ調べてみました。

(1)才色兼備

才色兼備(読み)サイショクケンビ

女性がすぐれた才知と美しい顔かたちをもっていること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「才」は才能や知性、「色」は美しい容姿を表します。容姿も才能も優れていることを褒める際、主に女性へ向けて使用します。賢い美人という印象から、「才色兼”美”」と書き間違えられることがあるので、注意しましょう。

また、「才色」を「知勇」に置き換え、「知勇兼備の名将」などと使われることがあります。「知勇」とは、知恵と勇気という意味で、男性への誉め言葉に向いていますが、知性的な思い切った決断であったり、聡明で改革的な指導力を持つ人への賞賛も表すことができるでしょう。

(2)博学多才

博学多才(読み)はくがく-たさい

広く諸学に通じ、才能が豊かであること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「博学」は各方面の学問に通じており、広くいろいろな知識を持っていること。「多才」はさまざまな才能に恵まれていること。知識の幅が広く賢い人や、それを活かすだけの豊かな才能を持っている人を誉めるときに使います。

例えばレオナルド・ダ・ヴィンチは、芸術家としてはもちろん、建築や数学、音楽や天文学などにも通じ、さまざまな分野で顕著な実績を残したとされています。まさに博学多才という言葉がぴったりですね。

また、類語として、「博識多才」「博学多識」などがあり、「博識」も「多識」も、広くたくさんの知識を有するという意味です。

(3)明朗闊達

めいろう-かったつ【明朗闊達】

明るくほがらかで、細事にこだわらないさま。▽「明朗」は明るくてほがらかなさま。「闊達」は心が大きく、小さな事にこだわらないさま。「闊達明朗かったつめいろう」ともいう。「闊」は「豁」とも書く。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「こだわりながく明るくほがらかなさま」という意味の「明朗」と、「度量が広く小事にこだわらないさま」という意味の「闊達」。「明朗闊達」はこれらふたつの意味を併せ持ち、明るくおおらかでさっぱりした気持ちのいい性格を表す言葉です。比較的カジュアルな付き合いのサークルや、共通の友人を誉める表現に向いていそうです。

また、類語に「明朗快活」という言葉がありますが、こちらも「明るく朗らか、元気ではつらつとしている様子」という意味があります。

7:英語で誉め言葉を贈るときの定番フレーズ3選

海外では、日本よりもっとカジュアルに賞賛を伝える文化があり、たくさんの誉め言葉が存在します。ここではネイティブもよく使う定番のフレーズを、3つご紹介しましょう。

(1) Great!(すごいですね)

ネイティブもとてもよく使う大定番のフレーズといえば「Great!」。日本語では「すごい」「素晴らしい」「すてき」という意味を表します。プライベートのカジュアルな場面から、職場などのフォーマルな場面でも使うことができます。

たとえば、「Great work(良い仕事をしましたね)」「That was great(素晴らしかったです)」「Great for you(さすがです)」などのような意味で使えます。

また、「Great」よりは控えめですが、「nice!」や「very good!」なども、似たようなニュアンスで使われます。

(2)Wonderful!(すてきです)

「なんてすてき」「素晴らしい」と、感動したり幸せな気持ちになったりしたことを表すときに使う褒め言葉が「Wonderful!」です。

「How wonderful!(なんて素晴らしい)」「That’s wonderful!(それはすてきですね)」「Your smile is wonderful(笑顔がすてきですね)」のように使用します。

「Wonderful」には、「驚くべき」という意味もあり、想像を超えて感動したときなどにしっくりくる表現かと思います。

(3)Good job!(よくやったね)

日本でも馴染みのある表現の「Good job!(よくやったね)」も、ネイティブがよく使う定番の褒め言葉のフレーズです。

「You did a good job!(よく頑張りました)」「He does a good job of whatever he undertakes.(彼はなんでもそつなくこなす)」というように使えます。

日本では「GJ」と略したネットスラングがカジュアルな場面で使われますが、英語圏でも同様に使われています。ただあくまでネットスラングなので、「Good job」と正しく伝えるほうが良いでしょう。

8:まとめ

日本でも若い世代では定着してきた褒め言葉文化。もっと普通に相手に伝えられたらすてきですよね。ありきたりな言葉でもいいんです。とにかく具体的に、気持ちを込めて褒めてみましょう。