恋のなやみに効くメディア

セックスの体位を更新してマンネリ打破!【男女別】今こそ挑戦すべき体位10選

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:セックスの体位、マンネリしていませんか?

付き合いが長くなっていくと、セックスのマンネリ化はどうしても避けられないもの。いつも同じような体位でセックスをしていたのでは、どうしても飽きが来てしまいます。

そこで今回は、ちょっと変わった体位の中から男性、女性が気持ちいいものをご紹介します。

2:いつもとは違う刺激が!男性が気持ちいい体位5選

まずは男性が気持ちいいと感じる体位についてご紹介します。『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者である箱崎キョウコさんにお話を伺いました。

(1)絞り芙蓉

箱崎:四十八手の中に、「絞り芙蓉(しぼりふよう)」という体位があります。これは、足を伸ばして座っている男性の上に、女性が背を向けた状態でまたがって行う体位。要するに背面座位です。男性は両手が空くので、女性の胸を愛撫できる点が特徴。

男性からは入れるべき場所が見えなくなってしまうので、女性が誘導してあげましょう。

(2)しがらみ

箱崎:四十八手の中の「しがらみ」という体位もおすすめです。これは足を伸ばして仰向けに寝ている女性に、またがるようにして男性が挿入します。正常位と違うのは、女性が足を伸ばしたままだという点。

女性が太ももで締めるように力を入れると、膣に圧を加えることができるので、男性をより感じさせることができます。女性も、気持ちいいポイントが男性のアソコに擦られるので、さらなる快感があるかもしれませんよ。

(3)理非知らず

箱崎:SMプレイが好きな男性は、「理非知らず」という対位を試してみるといいかもしれません。これは体育座りした女性の両手と両足を縛り、ゴロンと後ろに倒して男性が挿入します。縛った女性の足を抱え込むようにするとうまく挿入できるでしょう。

見た目も過激なので、エロさを感じるには十分でしょう。紐の跡がつかないように気をつけましょう。

(4)帆かけ茶臼

箱崎:対面座位の変形バージョンともいえる「帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)」も紹介しておきます。これは対面座位の状態から、女性が片足を男性の肩に乗せる体位。

密着度は対面座位のほうが高いのですが、男性から女性のアソコが丸見えになるため、セクシーな体位といえるでしょう。挿入している部分を視覚的に楽しみたいという男性向けです。

(5)ロールスロイス

箱崎:四十八手には数えられていないのですが、「ロールスロイス」もご紹介しておきます。これは有名AV男優のしみけんさんが命名した体位。

まずはバックで挿入したら一度腰を落として座ります。男性は両足で女性の膝を挟むようにして力を入れ、女性の肩などをもって、女性の上半身を持ち上げて膝立ちの状態に。少し難易度は高いのですが、適度な拘束感があり、深い挿入感が楽しめます。

3:四十八手からもピックアップ!女性が気持ちいい体位5選

今度は女性が気持ちいい体位をご紹介します。

(1)つり橋

箱崎:正常位の体勢から女性が腰を浮かせる、または男性が女性の腰を持ち上げて挿入するのが「つり橋」と呼ばれる体位です。

女性は肘でカラダを支えないといけません。つらい場合は腰の下に枕などを入れて腰を浮かせてみるとラクですよ。正常位よりも気持ちいい場所に男性のアレがあたってイキやすいという女性が多いです。

(2)流鏑馬

箱崎:少しSっ気のある女性には「流鏑馬(やぶさめ)」がおすすめです。これは騎乗位で挿入したあと、男性の首に紐などをまわし、両端を引っ張りながら腰を動かすという体位。

女性が馬に乗ったように男性をコントロールできるので、征服感が味わえます。位置を間違えたり、強く引きすぎたりすると首を絞めてしまいかねないので、十分に注意してください。

(3)締め小股

箱崎:騎乗位は女性が上になりますが、男性が上になると締め小股になります。これも女性におすすめの体位です。

男性にアソコで入り口付近の感度のいい場所を刺激することを意識するようにして、動いてもらいましょう。そうすることで、中だけではなく外でも快感を得られるはずです。

(4)抱き地蔵

箱崎:「抱き地蔵」もおすすめの体位といえます。これは椅子に座っている男性にまたがるようにして挿入する対面座位。

向かい合っているのでキスをしたり、胸を愛撫してもらったり、耳をなめてもらったりと、密着感を得られやすい体位です。

(5)松葉崩し

箱崎:女性がもっとも中イキしやすい体位が「松葉崩し」と言われています。これは仰向けになっている女性の片足を男性の肩の上に乗せるようにして足を上げて挿入する体位です。

深い挿入感を味わえるのが特徴で、正常位のように女性の胸が左右に流れてしまうことも少なく、セクシーさをアピールできる体位ともいえます。

4:知っていると面白い!珍しい体位3つ

最後に、チャレンジするのは難しいけれど、知っていると面白い体位をご紹介します。

(1)御所車

箱崎:とてもアクロバティックな体位として有名なのは「御所車(ごしょぐるま)」です。騎乗位の体制で挿入したら、男性のアソコを軸として女性がクルクルと回る体位です。実際にやったら笑ってしまうような体位ですし、気持ちいいかはわかりませんが、好奇心の強い人は試してみるといいかもしれません。

(2)立ち松葉

箱崎:AVでしか見たことがないような体位に「立ち松葉」があります。仰向けになっている女性の片足を男性の肩に載せて挿入するのが松葉崩しですが、その状態で男性が女性の両足を持って、合体した状態で立ち上がると立ち松葉になります。

男性の負担がかなり大きいですし、女性もあられもない格好になってしまうのですが、男性のアソコでかき混ぜられるような感覚になるため、女性は案外気持ちよくなりやすいのです。

(3)抱き上げ

箱崎:アクロバティックな挿入方法として「抱き上げ」という体位もあります。これはバックで挿入して、男性が女性の両足を持って立ち上がる体位です。

女性は自分のカラダのバランスを腕だけでとらなければいけないので、ちょっと大変。腕立て伏せ状態をするような感じで、二の腕は鍛えられるかもですが、気持ち良さに集中できるかというと、微妙かもしれません。

5:まとめ

正常位やバック、騎乗位だけではなく、さまざまな体位にチャレンジしてみると、マンネリはしないでしょう。しかし、あまりに過激な体位はセックスのムードそのものが壊れてしまうので、実行するときは十分に気をつけてくださいね。

【取材協力】

箱崎キョウコ・・・某国立大学文学部卒業。在学中からスナック、キャバクラなどでホステスとして勤務し、卒業後もOLをしながら夜の仕事にはげむ。2011年ライターに転身。現在はスナックのチーママでもある。女性の赤裸々なインタビューを得意とし、恋愛コラムニストとして活躍中。『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』、『妄想ひとりHのススメ: 本物より気持ちいい』の著者。