恋のなやみに効くメディア

女性の神秘「Gスポット」っていったい何?わかりやすく解説

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:自分のGスポットがどこか知っている人の割合は?

Gスポットはセックスの最中に女性が感じやすいとされる膣内の特定の場所のこと。とはいっても、「本当に感じるの?」「よくある都市伝説的なものでは?」と思っている人もいることでしょう。

そこで今回『MENJOY』では、20代~40代の女性292人を対象に、独自のアンケート調査を実施。「Gスポットで気持ちよさを感じたことがありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・134人(46%)

ない・・・158人(54%)

約半数の人はGスポットで実際に気持ちよくなったことがあると回答。やはり、多くの人にとっては性感帯のようです。しかし一方で、Gスポットで感じたことがなかったり、その場所がわからないという女性がいるいうことがわかりますね。

2:Gスポットとは?くわしく解説

Gスポットとは何なのか、どこにあるのかについて、官能小説家であり、『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者である箱崎キョウコさんにお話を伺いました。

(1)Gスポットとは

箱崎:Gスポットとは女性の性感帯のひとつ。女性が仰向けに寝たら、手のひらが上に向くようにして、人差し指と中指を膣内に指を入れてみてください。その状態で第2関節を曲げて指の腹を膣壁に押し当てた場所にあると言われています。自分で確かめるには、膝を立てて行ってみるといいでしょう。

しかし、Gスポットの感度は個人差があるので、人によって快感を得られないこともあるようです。

(2)裏Gスポット

箱崎:先程説明したのは一般的に言われているGスポット。他にも、「裏Gスポット」といわれる場所もあります。

女性がうつ伏せに寝たら少しだけお尻を持ち上げます。その状態で手のひらを上にして、人差し指と中指を膣内に入れてみてください。膣内のくぼんだ場所があれば、そこが裏Gスポットです。指の長さにも影響されるため、探しあてるのはなかなか難しいかもしれません。

自分ひとりで探すのは難しいため、パートナーに探ってもらうことをおすすめします。

(3)アダムGスポット

箱崎:この他にも「アダムGスポット」と言われる場所もあります。これはGスポットのさらに1.5cmほど奥にある場所とされています。ここもかなり指が長くないと届かないポイントなので、パートナーに探してもったほうがいいでしょう。

3:経験者に聞いた!Gスポットの開発ってどうやるの?

Gスポットはいきなり刺激されてもなかなか気持ちよくは感じないことが多いようです。そのため、開発をすることが大事。では、どのように開発をすればいいのでしょうか。引き続き箱崎キョウコさんにお話を聞いてきました。

(1)しっかり濡らした状態で

箱崎:まずは、女性器がしっかりと愛液で濡れた状態になっていることが大事です。その状態でGスポットを刺激してみてください。強引な刺激は禁物です。

最初は気持ちよさを得られないかもしれません。しかし、じっくりと時間をかけて開発をしていってください。ときにはクリトリスを刺激しながら同時に刺激するのもいいでしょう。そうすることで、気持ちいい場所であることをカラダが学習してきます。

(2)リズミカルに振動させる

箱崎:Gスポットを刺激するときは、3~4cm程度指を前後に動かして刺激を与えていくのがいいでしょう。トントンとリズミカルに叩くようにしたりして、刺激に慣れないよう、気をつけることも大切です。

開発には時間がかかるため、じれったくなってしまうかもしれません。しかし、激しい刺激を与えてしまうと女性器を傷つけてしまうことがあるので、絶対にしないように。

(3)アダルトグッズを使う

箱崎:指での刺激は負担も大きいもの。そのため、長時間の刺激が行えない場合は、アダルトグッズを使ってみるといいかもしれません。

アダルトグッズの中には、Gスポット専用のものや、入れるだけでGスポットにあたるような形のものもあるので、そういったものを活用してみるといいかもしれません。

4:Gスポットについての誤解3つ

箱崎キョウコさんに、Gスポットの誤解について聞いてみました。

(1)イキまくれるという誤解

箱崎:Gスポットを刺激すると、あまりの気持ちよさに何度も何度もイクことができるというアダルト動画や記事を目にします。しかしそれは、かなりGスポットが開発された人か、Gスポットがとても感じやすい人に限ったこと。

Gスポットで得られる快感は個人差が大きく、まったく気持ちよさを感じない人もいます。どんな女性でもGスポットを刺激することで何度もイクことができるというのは誤解と言えるでしょう。

(2)潮吹きするという誤解

箱崎:女性器を刺激すると潮を吹いたように愛液があふれ出すことがあります。これに対して「女性が最高に感じている」と思ってしまう男性がいるようですが、これも誤解です。必ずしも気持ちいいから潮吹きをしてしまうわけではありません。それを目的に、無理に刺激をし続けるのはやめましょう。

(3)膣開発の思い込み

箱崎:中イキするにはGスポットを開発しなければいけないと思っている人がいると思います。確かにGスポットの開発が進めば中イキしやすくなるので、その意味では間違いではないですが、そこだけを刺激して開発を行えばいいというわけではありません。

そもそも気持ちいいと思えるようなセックスをしなければ、Gスポットだけを刺激しても気持ちよくはなれないのです。そこに固執することなく、しっかりと愛のあるセックスを心がけましょう。

5:まとめ

Gスポットはかなり有名な性感帯ですが、感じ方には個人差があることを忘れずに。無理に刺激しても負担が多くなるばかりで、エッチをするのが楽しくなくなってしまうかもしれませんよ。

【取材協力】

箱崎キョウコ・・・某国立大学文学部卒業。在学中からスナック、キャバクラなどでホステスとして勤務し、卒業後もOLをしながら夜の仕事にはげむ。2011年ライターに転身。現在はスナックのチーママでもある。女性の赤裸々なインタビューを得意とし、恋愛コラムニストとして活躍中。『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』、『妄想ひとりHのススメ: 本物より気持ちいい』の著者。