恋のなやみに効くメディア

髪の毛を太くしたい…できる?髪が細くなる原因と改善方法

並木まきM.Namiki

目次

隠す

1:髪の毛が細いデメリットとは?

髪の毛が細いというのは、年齢を重ねた女性からよく聞かれる悩みですよね。では実際に、髪の毛が細いことにデメリットを感じている人はどれくらいいるのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20~40代の女性500名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「自分の髪の毛が細くて困っていますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

困っている・・・132人(26%)

困っていない・・・368人(74%)

約4人にひとりは、細くいことをデメリットとして考えているよう。多数派ではなかったのもの、20~40代という年齢でも、一定数の人が悩みを抱えているのがわかりました。

3割弱の「困っている」と回答した女性たちに、どんなことに困っているのかを尋ねてみると「からまりやすい」「一日髪を洗わないだけでベタッとする」「分け目が目立つ」「てっぺんが薄い」「ふんわりアレンジができない」などの声が寄せられました。

2:髪の毛が細い、細くなる原因

(1)体質

髪の太さは、そもそもが遺伝で決まるといわれます。これは、もともと頭皮の毛穴が小さいため。そうなると、生えてくる髪の毛も当然細くなるのです。

(2)加齢

加齢によって、頭皮の血行が悪くなり、髪が薄くなったり細くなることも。老化現象のひとつといわれます。

(3)薬の副作用

薬の中には、副作用が髪に出るものがあります。この場合は、投薬治療が終わると、髪の太さも元に戻るケースが少なくありません。

(4)栄養不足

不規則な食生活や偏食による栄養不足が続くと、髪に栄養が行き渡らず、だんだんと髪が細くなってしまいます。

(5)日焼け

頭皮の日焼けによって、毛根がダメージを受けてしまい、健康的な髪の毛を作れずに細くなってしまうケースもあります。

3:髪の毛を太くするには?髪を健康にする食べ物3つ

自分で髪の毛を太くしたいなら、食生活の見直しもポイントのひとつ。髪を健康にする食べ物について、管理栄養士の松本かおりさんに取材しました。

(1)わかめ

松本:「わかめに含まれるネバネバ成分は、食物繊維の主成分である“フコイダン”。これは、毛母細胞を活性化させるはたらきがあるといわれています。毛母細胞が活性化すると新陳代謝が活発に行われ、健康的な美しい髪の育成を促します」

(2)牛肉

松本:「牛肉には、豊富なタンパク質が含まれています。タンパク質は髪の主成分で、髪を丈夫にするために欠かせないものです。十分なタンパク質が摂取できないと、弱く切れやすい髪質になったり、髪の色が抜けやすくなるともいわれています。

また、牛肉には亜鉛も豊富に含まれています。亜鉛はタンパク質の吸収を高め、薄毛の要因を抑制する効果もあります」

(3)卵

松本「卵には1個あたりタンパク質を6.2gも含んでいる優秀な食材。その他、髪の毛を健康に保つために必要な4つのミネラルである、セレニウム、鉄、亜鉛、硫黄も含まれています。また、黄卵にはビタミンHと呼ばれるビオチンが含まれていて、髪の毛を作るアミノ酸の代謝を促進するはたらきがあります。

ただし、卵かけごはんなど、白身と黄卵が混ざるとビオチンの体内への吸収力が下がってしまいます。そのため、髪の栄養として考えるなら、ゆで卵などで食べることをおすすめします」

4:サプリメント?シャンプー?私はこれで髪の毛が太くなった

ここからは、実際に髪の細さに悩んでいた人たちの体験談として、対策を見ていきましょう。

(1)髪の毛のダメージにアプローチするシャンプーに変えた

「40歳を目前にして、髪の毛が細くなってきたのを感じるようになって……。それまでシャンプーは、ドラッグストアで適当に安売りのものを買っていたけれど、このままじゃどんどん髪が痩せちゃうかもと思い、一念発起。

髪の毛のダメージを修復してくれるというシャンプーに変えたところ、これが正解でした。そのときに使ったのは資生堂の“TSUBAKI プレミアムリペアシャンプー”。3か月ほど使ったら、髪にハリとコシがでて、前よりもちょっと髪が太くなった気がします」(38歳女性/サービス)

(2)酵素でインナービューティーケアを

「仕事柄、食生活が不規則なこともあってか、年齢とともに髪が細くなってきました。それと同時に、肌ツヤもイマイチだったので、食生活を補うためにサプリメントを導入。

調べてみると、肌と髪に同時にアプローチできるのは“酵素”だとわかり、コスパがよくダイエットにもなりそうな“スベルティ ぱっくん分解酵母”を試したところ、髪にも嬉しい変化がありました」(36歳女性/ネイリスト)

(3)頭皮マッサージを習慣に

「痩せた髪には頭皮マッサージがいいと聞いたので、毎日、入浴後にマッサージを始めたところ、髪の毛がちょっと丈夫になった気がします。

特別なメソッドを試すわけではなく、指の腹で適当にツボ押しみたいに刺激をしています。頭もスッキリするし、髪の毛もいい感じになったし、一石二鳥の習慣になりました」(41歳女性/専業主婦)

5:髪の毛の悩みには早めに対処を

薬の影響などで一時的に細くなった場合には、原因が改善されれば早晩に戻るかもしれませんが、食生活など、ライフスタイルに原因がある場合には、地道な取り組みが必要でしょう。しっかりケアすれば、加齢による髪の悩みも遅らせることができますよ。

取材協力松本かおり

管理栄養士。北海道生まれ。大学卒業後、管理栄養士として病院に勤務し70〜80代の患者さんを中心に栄養カウンセリングを担当。大学在学中にはイギリスへ短期留学し、地元の食材を使ったヘルシー日本料理を現地の方に紹介するなど、食を通じた国際交流を積極的に行う。