恋のなやみに効くメディア

ニキビ肌におすすめ!ドラッグストアで買えるクレンジングアイテムと使い方

コマツ マヨM.komatsu

©gettyimages

目次

隠す

1:ニキビ肌にはどんなクレンジングがいい?

ニキビがあるときは、オイルクレンジングなどの洗浄力の高いクレンジングは避けたいところ。特に、顎や口周り、フェイスラインなどにできる大人ニキビは、乾燥が原因であることが多く、洗浄力の高いクレンジングで、本来肌に必要な潤いまで流してしまうのは危険です。

ニキビ肌に使用するなら、クリームタイプやミルクタイプ、ジェルタイプなど、洗浄力のマイルドなクレンジングがおすすめ。

拭き取るタイプのリキッドクレンジングも洗浄力がマイルドなものが多いですが、コットンでメイクを拭き取る工程でニキビを刺激してしまう恐れがあるので、こちらもできるだけ避けたいところです。

2:ドラッグストアで買えるものも!大人ニキビにおすすめの市販クレンジング

乾燥やストレスなど、お肌へのさまざまな負担によってできる大人ニキビ。そんな大人ニキビのお肌にも使いやすいクレンジングをご紹介します。

(1)dプログラム マイルドクレンジングジェル

敏感肌用スキンケアブランドであるdプログラムの「マイルドクレンジングジェル」。防腐剤・アルコール・鉱物油フリー、無香料・無着色の低刺激タイプです。

筆者もこちらのクレンジングを使用したことがありますが、軽くなじませるだけですぐにメイクが浮き上がるので、肌への負担も減らせて短時間でクレンジングが完了。洗い上がりはほどよくしっとりです。

(2)ファンケル マイルドクレンジングオイル

この投稿をInstagramで見る

 

ファンケル(@fancl_official)がシェアした投稿


敏感肌の筆者が数年愛用しているクレンジングがこちら「マイルドクレンジングオイル」。オイルタイプのクレンジングですが、汚れは浮かすのに潤いは落としすぎないという優秀なアイテムです。

防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤が一切使われていないところも、敏感なニキビ肌には頼もしいですよね。オイルながら、まつげエクステにも使用OKです。

(3)キュレル ジェルメイク落とし

この投稿をInstagramで見る

 

キュレル公式(@curel_official_jp)がシェアした投稿


敏感肌用のスキンケア・ボディケア製品で人気のキュレルの「ジェルメイク落とし」。こちらももちろん、無香料・無着色、アルコールフリー、そして低刺激処方。敏感肌の肌荒れを防ぐ消炎剤(有効成分)も配合されています。

筆者の使用経験上、日常のメイクは1回でスッキリ。洗い上がりは適度にしっとりしていて、使いやすいという印象でした。

(4)無印良品 マイルドジェルクレンジング

ファンの多い無印良品のスキンケアアイテムの中にも、ニキビ肌におすすめのクレンジングがあります。「マイルドジェルクレンジング」は、アンズ果汁、モモ葉エキスなど数種類の潤い成分と、合成香料無添加・無着色・無鉱物油・弱酸性・アルコールフリーが特徴。

敏感肌用のクレンジングオイルもありますが、肌あたりの良さや洗浄力のマイルドさが非常に優秀なので、筆者はこちらのアイテムをおすすめします。

(5)NOV AC クレンジングジェル

低刺激性のスキンケア・ボディケア製品を取り扱うブランド、NOVには、ニキビ肌用クレンジングとして、「クレンジングリキッド」と「クレンジングジェル」の2種類のラインナップがあります。

思春期特有の過剰な皮脂分泌によるニキビにも使えるスッキリ洗い流す「クレンジングリキッド」に対し、「クレンジングジェル」は、体調やストレスでできる大人ニキビにぴったりのクレンジング。洗浄力がマイルドで、オイルフリーなのでまつげエクステにも使えます。

3:ニキビ肌の正しいクレンジング方法5つ

ニキビを刺激したり、これ以上悪化させないためにも、クレンジングは慎重に。どのようなポイントに注意すればいいのでしょうか。

(1)クレンジング剤はたっぷりと

クレンジングの量が少ないとメイクとクレンジング剤が十分になじまなかったり、なかなかメイクが落ちないためゴシゴシと擦ってしまったりすることもあります。クレンジング剤は顔全体に十分になじむくらいたっぷりと。量をケチることのないようにしましょう。

(2)指2本で軽くなじませる

手のひら全体でまじませるのもいいですが、広い部分は洗えても鼻筋や小鼻のキワ、唇の下などの細かい部分まで十分に行き届かない場合も。両手の人差し指と中指、または中指と薬指の2本の指でくるくると円を描くように顔全体にクレンジング剤を伸ばしてなじませます。

(3)高温・シャワーはNG

洗い流すときには、体温に近い36〜40℃までのお湯を使うのが理想。42度以上の温度の高いお湯は、肌に必要な潤いまで流してしまう恐れがあるので避けましょう。

また、シャワーを直接顔に当てて流すのも、刺激が強いので避けたいところ。手でお湯をすくい、顔にかけるようにして洗い流しましょう。

(4)こめかみ・フェイスライン・首元の洗い残しに注意

クレンジング剤の洗い残しはニキビや肌荒れの原因になります。こめかみ、フェイスライン、小鼻・鼻筋、口周りや唇の下、首元など、洗い残しやすい部分は特に気をつけて、丁寧に洗い流します。

(5)タオルで押さえるように水分を拭き取る

タオルでゴシゴシと拭く行為が刺激となってニキビができてしまう人もいます。クレンジングや洗顔のあとは、タオルで押さえるように水分を拭き取りましょう。洗顔後のタオルは必ず洗い立ての清潔なものを。

タオルの繊維がチクチクするようなら、化学繊維のタオルを避け、コットン100%のタオルを選ぶのもいいかもしれません。

4:ニキビ肌のクレンジングは慎重に

ニキビができているお肌は非常に敏感な状態です。いつもどおりのクレンジングでも、ニキビには刺激となり、さらに悪化することも考えられます。ニキビがあるときのクレンジングは慎重に行い、クレンジング剤も肌の調子によって使い分けると安心です。