恋のなやみに効くメディア

高校生が彼女が欲しいときにするべきこと、人生の先輩が教えます!

新井 よつばY.Arai

目次

隠す

1:高校生のときって彼女がいるのがステイタスだったよね…

高校生のときに恋人がいる……というのは、「そんなの当たり前でしょ」と思う人がいる一方で、「そんなの無理ゲーだわ」と思う人もいるはず。でも恋人がいると、周りからうらやましがられる存在になるので、イケてる高校生活を送ろうとしてる人にとっては死活問題。

では、男性は実際にどのくらいの割合で彼女がいたのでしょうか。そこで今回『MENJOY』では、20〜40代の男性429名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「高校生のとき、お付き合いしている彼女がいましたか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

いた・・・196人(46%)

いなかった・・・233人(54%)

「彼女がいなかった」という人のほうが若干多いという結果ではありますが、それでもおよそ半分の男性は彼女がいたということで、筆者は個人的に「意外と多いな」と感じました。実は当時隠していたという人もいたかもしれませんね。

2:高校生時代彼女がいなかった社会人が教える「今すぐすべきこと」5つ

ここからは、高校時代に彼女がいなかったという社会人男性が、その後悔の念をもとに、人生の先輩として今すぐ実践すべきことを、アドバイスしてくれました。

(1)女の子の話を聞く

「高校生のときって、自慢話とか自分のことをとにかく話したくなる年頃じゃないですか。でもモテるのって、寡黙なやつとか女の子にやさしいやつなんですよ。だから、あまり我を出しすぎず、周りを見られるようになるとモテ期が来るかもしれません」(Hさん・31歳男性/銀行)

(2)文化祭へ遊びに行く

「僕は男子校だったので、学校での出会いはゼロ。特に出会いを探しに行くこともなかったので、完全に失敗したなと今でも思います。他校の彼女がいた友人は、いろんな文化祭へ出向いてましたね。文化祭へ行って彼女をつくるというよりは、仲良くなってつながりをつくることが大事だと思います」(Dさん・29歳男性/大学職員)

(3)熱心に部活をする

「僕は野球部だったのですが、いまいち熱が入らずに部活をサボって友人と遊びほうけていました。でも、同じ野球部のやつらはどんどん彼女ができていって……。そのときはなぜかわからなかったのですが、熱心に取り組む姿ってやっぱりかっこよく見えるんだと思います。もうちょっと頑張っていればよかったなあ(笑)」(Tさん・28歳男性/メーカー)

(4)身だしなみに気をつかう

「僕は高校生までおしゃれに無頓着でした。親が買ってきてくれた洋服を着ていましたし、ヘアセットすることもなく、だらしない雰囲気で、周りからはダサい男と思われていたみたいです。

年をとってからも思いますが、やっぱり身だしなみは大事ですね。せっかく素質があっても、清潔感がなかったりダサかったりすると、女の子もなかなか寄ってきてくれません」(Mさん・29歳男性/メーカー)

(5)得意な科目をつくる

「体育や芸術系の科目ではなく、勉強系で、何かひとつでも得意科目を作るんです。僕の友人は科学が得意で、テスト前になると”ノート見せて”とか”どこがテストに出るかな?”など、女子から人気者になっていました。いつの間にかノートを見せてあげた縁で、彼女ができていましたから。

僕はどの科目も中の下だったので誰にも教えることができず(笑)。何かひとつでも勉強しとけばよかったなぁと思います」(Aさん・32歳男性/記者)

3:彼女にあげると喜ばれるプレゼント3選

ここからは高校時代、彼女にあげて喜ばれたというプレゼントをご紹介します。

(1)ディズニーチケット

「クリスマスにバイト代で貯めたお金で、東京ディズニーランドのペアチケットをプレゼントしたら、すごく喜んでもらえました。地方だったら夜行バスで行くパッケージプランなどもあるので、まとめてプレゼントするのもいいかもしれないですね」(Tさん・34歳男性/スポーツインストラクター)

(2)リング

「付き合って数か月の彼女へのプレゼントにピンキーリングをプレゼントしました。あとから彼女に聞いたら、”指輪の箱をもらったとき、“ペアリングかぁ、ちょっと重いな”と思ったんだけど、ピンキーリングでよかった”と言われました。付き合いが短い場合は、あまり重いと思われるものは避けたほうがいいかもしれませんね」(Kさん・29歳男性/公務員)

(3)コスメ

「当時、彼女が好きだったジルスチュアートのリップやミラーをプレゼントしました。すごく喜んでくれて、今でも思い出に残ってますね。今は高校生もメイクをする人が多いと思うので、コスメはいいと思いますし、彼女が好きなブランドをリサーチしておくと、よりベストですよね」(Dさん・32歳男性/コンサルタント)

4:社会人でもキュンキュンできる!高校生が主人公の恋愛映画3つ

(1)君に届け

筆者が学生時代のとき大人気だった漫画が映画化され、当時は衝撃を受けました。三浦春馬さんと多部未華子さんというキャスティングも漫画のイメージに合っていてぴったり。王道のかっこいい主人公と、根暗なヒロインが、紆余曲折しながら結ばれる物語。とってもピュアな青春映画です。

(2)アオハライド

好きだった少年と再会するも、彼の雰囲気は昔と全く変わっていて、悩んでしまうヒロイン。彼が変わってしまったのには深い理由があって……。くっつきそうでくっつかないふたりを見ていると、もどかしくて胸がキューッとなります。

(3)世界の中心で、愛を叫ぶ

若い年代のみなさんにもぜひ観ていただきたい青春映画です。「セカチュー」で社会現象を起こしたことは、知っている人もいるのではないでしょうか。現代と高校時代を交錯するラブストーリー。白血病を患うヒロインとの恋愛は、涙なしには観られませんが、心温まる作品になっています。

5:まとめ

一度しかない青春時代。高校生活をより楽しくするためにも彼女が欲しいと願う男子もたくさんいるはず。大人の意見を彼女づくりの参考にしてみてくださいね。