恋のなやみに効くメディア

夫婦は再構築できる?旦那・嫁の浮気後から再構築する方法5つ

コマツ マヨM.komatsu

©gettyimages

目次

隠す

1:配偶者の浮気後、夫婦は再構築できる?

浮気によって生じた夫婦関係の亀裂。一度入った亀裂はなかなか修復することは難しいですし、もとどおりの関係に戻すことはとても困難なことです。

前提となるのは、浮気したほうもされたほうも、どちらにも「夫婦関係を再構築したい」という思いを抱いていること。これがないと、再構築は成功しないといえます。

逆にいえば、ふたりにその意思がある場合は、再構築に至る可能性は残っているのではないでしょうか。

2:旦那・嫁の浮気後から再構築する方法5つ

夫婦関係を再構築するには、再構築するために努力するふたりの強い思いが必要です。どちらかだけが努力したり、どちらかの気持ちが弱くては意味がありません。夫婦関係を再構築するためには、どんな方法があるのでしょうか。

(1)再構築したいという意思を確認する

何よりもまず、ふたりが心から夫婦関係を再構築したいと思っているのかの意思を確認しましょう。

浮気をした側が「ごめんなさい、許して」と謝るのは当然のことですが、許してもらうことと、再構築したいと思っていることとはまた別の話。夫婦関係を再構築できるよう、今後の長い人生で努力していく気持ちがあるかどうかを確認しましょう。

(2)嘘をつかない

相手に不信感を抱いてしまうような行為は再構築の妨げになるので避けましょう。そのひとつが、嘘。どんな些細な嘘であっても、嘘をつくことは避けましょう。疑心暗鬼になって相手を信用できなくなると、夫婦の信頼関係は崩れてしまいます。

浮気をされた側も嘘はつかないこと。とても身勝手な話ではありますが、浮気をした側は、自分がした経験もあって、相手も浮気をするかもしれないと思ってしまうことがあるのです。

(3)浮気について責めない

浮気が発覚した直後は、浮気をされた側は怒って当然ですし、相手を責めたり罵ったりというケンカもあって当然です。しかし、再構築したいという思いをお互いに確認できたのなら、浮気の話は一切封印し、前を向いて歩んでいきたいもの。

いつまでも浮気の話で相手を責めたり、それを理由にマウントをとったりすると、再構築の妨げになります。

(4)離婚するかどうかの猶予を決める

今すぐ離婚する気はないけれど、今は簡単に許す気にもなれない。浮気された側はそんな複雑な気持ちを抱くでしょう。すぐに気持ちの整理がつかないのなら、再構築のお試し期間をもつのもひとつです。

半年間や「○月まで」という期間を設け、その期間を過ぎても相手を許せなかったり、信用が回復できなかったりする場合には離婚をすると決めておくのです。終わりが見えないと何もかもが嫌になってしまったり問題から目を逸らそうとしてしまいがちですが、期限を決めれば覚悟も決まります。

(5)お互いのスケジュールを共有する

お互いが今何をしているかわからないと不安になり、不安になると相手のことを信用できなくなります。お互いのスケジュールを共有すれば、必要以上に不安になることも相手を疑うことも減らせます。

気をつけたいのは、束縛するのが目的ではないということ。スケジュールの共有をしたことでパートナーの行動を制限すると、その窮屈さで再び浮気に走ったり、信頼関係が揺らいでしまうことも。

3:夫婦の再構築が失敗する原因5つ

夫婦関係を再構築する上で、これだけは気をつけたいという5つのことをまとめました。

(1)マウントをとる

相手の浮気を理由に、「浮気したくせに!」となにかにつけて責めたり、優位に立とうとしたり偉そうに振る舞うのはいけません。夫婦関係の再構築どころか、人と人との信頼関係を失ってしまうことになりかねないからです。

再構築をすると決めたのなら、浮気した側とされた側ではなく、ただの夫と妻であることを意識しましょう。

(2)共通の知人に話す

浮気をされた側がそのつらさや悩みを友達に聞いてもらいたいと思うのは当然です。しかし、浮気のことは夫婦間のプライベートな問題。他人に軽々しく話すことは、今後のふたりの関係に悪影響を及ぼします。

(3)意地をはる

浮気をされた側としては「絶対許してやるもんか」と思うのも無理はありません。しかし、再構築を望んでいるのなら、そういった意地をはるのはやめましょう。

このまま離婚するのならいいかもしれませんが、夫婦関係を続けていきたいのなら意地を貫いていても苦しいだけ。ツンケンした態度をとってしまったり、前向きな会話や話し合いができなかったりします。

(4)子どものために…と気持ちに蓋をする

子どものために離婚しない。子どものために浮気のことは許す。一見まともな理由にも聞こえますが、夫婦関係の再構築はまず夫と妻の関係が良好でないといけません。

自分は再構築したいと思っていないけれど子どもがかわいそうだから離婚しない、なんていうのは親のエゴ。子どもだって、愛していないパートナーと形だけの夫婦を続けられても嬉しくないでしょうし、将来事実を知ったときに傷ついてしまうかも……。

「子どものために」ということだけが再構築の目的ならば、それは失敗につながる可能性が高いのです。

(5)仕返しに浮気をする

「浮気をされて黙ってられない! こっちも浮気してやる!」怒りのあまりこう考えてしまう人もいるかも。一時的に気持ちがおさまるかもしれませんが、仕返しに浮気をしたところで、夫婦関係の再構築という点では何もプラスにはなりません。

さらには、仕返しのための浮気なので、浮気したあとに虚しさを感じたり自分自身に対して失望してしまうことも。将来のためにも、衝動的な行動は控えましょう。

4:努力のぶんだけ、夫婦は強くなる

今すぐにパートナーを許すのは難しいかもしれません。しかし、夫婦関係を再構築したいという思いを夫婦がともに持っているのなら、きっと修復は可能です。時間はかかりますが、努力をし、歩み寄ったぶんだけ夫婦の絆は強くなるはず。

【参考】

浮気後の再構築できる夫婦とできない夫婦、その決定的な違い-MENJOY