恋のなやみに効くメディア

すっぴんメイクでお泊まり!素肌感のあるメイクのベースや目元のコツ

コマツ マヨM.komatsu

目次

隠す

1:すっぴんとメイク後のギャップが…!すっぴんメイクのコツが知りたい

すっぴんメイクとは、メイクしているのにしていないような、素肌感があってさりげないメイクのこと。

ファンデーションやアイシャドウを使ったしっかりメイクではなく、クマやニキビ痕など隠したい部分のみをカバーしたり眉の足りない部分を足したりするなどのナチュラルメイクで、あくまで「すっぴんっぽく」見せることがポイントです。

それには、ただ薄くメイクするだけではダメ! ポイントを押さえていきましょう。

2:下地やパウダーはどうする?すっぴんベースメイクのコツ5つ

すっぴんメイクはベースメイクが命。「塗ってます感」は、すっぴんメイクの大敵なのです! あくまでも素肌っぽく、肌の悩みだけをカバーする程度に留めておきましょう。

(1)スキンケアはしっかりと

すっぴんメイクで最も重要なのはメイク前のスキンケア。丁寧なスキンケアでお肌にしっかり潤いを与えれば、素肌感のあるすっぴんメイクになります。

(2)ツヤのある下地

化粧下地はツヤのあるタイプを選びましょう。顔のトーンアップができるようなほんのり色づくタイプの下地なら、自然にくすみをカバーできます。パールのありなしはお好みですが、よりすっぴんに近づけるならパールなしタイプがおすすめ。BBクリームを使うのもありです。

(3)薄めコンシーラー

ニキビ痕やクマなど気になる部分は、コンシーラーでカバーします。すっぴんメイクでは、しっかりと隠すのではなく、薄くカバーする程度にしておきましょう。メイクをしてる感が出ないように、あくまでも肌悩みを薄くすることに心がけてください。

(4)顔の中心だけファンデーション

すっぴんメイクはできるだけファンデーションは使わず、下地+パウダーで仕上げるのが理想。

でもどうしてもファンデを使いたいときには、顔全体ではなく、鼻や頬、額の広い部分などの中心部にのみに使います。パウダーファンデだと「塗ってます感」が強くなるので、リキッドファンデやクリームファンデを使うのがおすすめです。

(5)ルーセントパウダーで仕上げ

仕上げは色味のないルーセントパウダーで。素肌感をキープするため、ここでもパールやラメの入っていないものを選びましょう。パフではなく、大きめのブラシにとって全体に軽くのせると、より自然に、均一にパウダーをのせることができます。

3:お泊まりデートはこれで!すっぴん風メイク・目元のコツ3つ

お泊まりデートでメイクを全部落としてしまうのは抵抗がある……という人のために、眉や目元のメイク方法もご紹介します。

(1)眉はできるだけそのままで

眉の印象はとても強いので、眉を描くとどうしてもメイクをしているように見えてしまいます。眉毛がしっかりあるという人は、できるだけ眉は素のままで。眉が薄すぎたり眉毛が十分にない人は、毛がない部分を補うようにして眉を描いてください。決して、普段のメイクのようにガッツリ描かないことがポイントです。

(2)アイベース

基本的にすっぴんメイクはアイシャドウは使いません。でも、まぶたがくすんでいる場合のみ、アイシャドウベースやベージュなどの肌なじみのいいカラーで、まぶたのトーンアップを。ラメやパールが含まれているアイシャドウも多いのですが、すっぴんメイクはノンパールのものを選びましょう。

(3)まつげの間を埋めるアイライナー

アイライナーも基本的には使わないほうがすっぴん風に見えます。目が小さく見えてしまうのがどうしても嫌な場合、黒ではなく、ブラウンなどの肌なじみのいい色を選んで、まつげの間を埋めるようにラインを引きましょう。

4:リップのおすすめは?すっぴんメイク・仕上げのコツ

唇の色が気になって、すっぴんになることに抵抗がある人もいますよね。メイクしているように見えないリップメイクの方法をご紹介します。

(1)リップ下地

リップ下地は唇に潤いを与えシワやくすみをカバーしてくれます。唇の色に特に問題がないなら、リップ下地で整える程度でOK。くすみがカバーされるだけでも、血色のいい自然な色の唇に見えます。

(2)色付きリップ

口紅ではなく色付きリップクリームで仕上げるのもおすすめです。唇の色と近い色を使うことで、すっぴんぽさや素肌感が強調されます。青みピンクやオレンジ、モーブなど肌の色に遠いカラーは避けてください。

(3)指で色をのせる

唇の色に自信がなく、どうしても口紅を使いたいという人は、直塗りやリップブラシなどを使わず、指に口紅をとって唇にポンポンと軽くのせていく方法がおすすめです。

血色のいい唇の色になるまで、少しずつ色味を重ねていきましょう。リップラインからはみ出した部分は必ず綿棒などでオフするよう心がけてください。

5:メイクしているのにしていない、自然さが理想!

メイクしているのにまるでメイクしていないようなナチュラルなお肌が、すっぴんメイクの理想。どの工程も、メイクしていることがわからないようなさりげなさが重要です。

お泊まりのときなどは、かわいいと思ってもらいたいと思って、いつもどおりのメイクをしてしまいがちになりますが、そこはグッと我慢! さりげないメイクを目指してくださいね。