恋のなやみに効くメディア

「凛々しい」とはどんな意味?使い方は?その特徴と芸能人でいうと誰かを解説

青木 エイミーA.Aoki

目次

隠す

1:「凛々しい」とは?

(1)凛々しいの意味

凛々しいとは、「とても凛々しい子ね〜」などと日常会話で登場するように、若い男性やかっこいい女性の褒め言葉として使うイメージがあります。

正しくはどのような意味なのでしょうか。辞書を引くと以下のように出てきます。

りり‐し・い【×凜×凜しい/▽律▽律しい】

きりっとひきしまっている。「―・い若者」

出典:デジタル大辞泉(小学館)

つまり、成人の男性でも「凛々しい」という言葉を使うことができます。

(2)凛々しいの類語

類語としては、「勇ましい」「勇敢」「果敢」「勇壮」などが挙げられます。ただし「凛々しい」とは、涼し気でシュッとした印象がありますが、類語には迫力があります。そのため、同じ漢字を用いた「凛とした」という言葉も近いのではないでしょうか。

(3)凛々しいを英語で言うと?

英語で「凛々しい」という表現は非常にたくさんあります。例えば、男らしいという意味に近い「manly」や「manlike」「virile」などが挙げられます。

また、「威厳のある」という意味の「dignified」、勇ましいという意味の「gallant」などでも表現ですることができます。

2:【例文つき】「凛々しい」の使い方3つ

「凛々しい」の使い方を確認していきましょう。

(1)凛々しい顔立ち

シャープな目元やシュッとした鼻、あるいはキリッとした表情など、人の身体的特徴や佇まいからあふれる空気などに対して、「凛々しい顔立ち」「凛々しい表情でこちらを見ている」などの表現があります。

また、「凛々しい男性」「凛々しい女性」など、その人の性格を含めた人物像に対して使うことも可能です。

(2)今から追想っても凛々しい

昭和初期の小説家、国枝史郎の『赤格子九郎右衛門』では、「今から追想(おも)っても凛々しいでは無いか」という一文があります。これは、船首に立った其姿を回顧して、「凛々しい」と評価したシーンです。

(3)凛々しい花

凛々しいは、人以外にも使います。例えば、崖やアスファルトの隙間から葉を広げ、見事に咲いているような生命力の強い花に対して、「これほど美しく強く咲くなんて、なんて凛々しい花なんだ」と表現することがあります。

3:凛々しい人の特徴3つ

ここからは、実際に「凛々しい人」について、具体的な特徴を知るために、周囲の凛々しい人について、話を聞いてみました。

(1)物事に真剣に取り組む

「例えば職場なら、口をキュッと引き締め、背筋をピンとしていて、真面目に仕事に取り組んでいる人は凛々しいと感じます。そんな女性がいたら、思わず惚れてしまいそう。逆に、いつもへらへらと笑っているような人は程遠いと思います」(Gさん・35歳男性)

(2)芯がある

「ズバリ、自分の軸をはっきりと持っている人です。そういう人って、自分の意見を恐れずに言うし、相手のことを尊重しつつも自分を変えないですよね。また、トラブルが起きたときも、ささっと対処をしたり、フォローをしたりできる。そんな凛々しい女性に私もなりたいです」(Aさん・24歳女性)

(3)カッコいい印象のある眉毛の人

「男らしさを表現する言葉だと思うので、例えばあまり手入れがされていない眉とか、太い眉の人のことかな。細めに剃っていたとしても、つり上がった感じだと、凛々しいって思いますね。化粧なども、はっきりした色などで、線が細くならないメイクをしている人だと思います」(Kさん・25歳男性)

4:凛々しい顔の芸能人3選

(1)松田翔太

この投稿をInstagramで見る

 

Shota Matsuda(@shota_matsuda)がシェアした投稿


いつも髪をカチっとまとめて、眉が太くシュッとしている松田翔太さんは、まさに凛々しさの象徴です。大きめのピアスをつけていることが多い印象ですが、存在感のあるゴツめのアクセサリーが、より一層、強い雰囲気を演出しています。

(2)神木隆之介

この投稿をInstagramで見る

 

神木隆之介(@kamiki_official)がシェアした投稿

男らしさとはちょっと違いますが、幼少期のころからテレビや映画などに出ていたことからすると、すっかり成長してイケメンになった姿は、まさに「凛々しくなっちゃって……」と親戚の叔母さんのような気持ちに……。聡明で知的な立ち居振る舞いもまた、凛々しさを感じさせます。

(3)松雪泰子

この投稿をInstagramで見る

 

松雪泰子(@yasukomatsuyuki_official)がシェアした投稿

女優にも凛々しさを感じさせる人はたくさんいますが、昔から変わらず、ずっと凛々しい女性といえば、松雪泰子さん。そのシュッとしていてシャープな眉や、やや面長で10代のころから大人っぽい顔立ちにも凛々しさを感じます。

5:まとめ

「男らしい」というニュアンスが強い「凛々しい」という言葉は、女性に使うと褒め言葉になるのかどうか迷ってしまいがち。けれど、「クール」「大人っぽい」「カッコいい」などのニュアンスで使うなら、褒め言葉として扱ってよいでしょう。

ただし、近年は、多様化社会になり、「男らしい」「女らしい」という価値観を押し付けることがタブー視されつつあるので、今後は「凛々しい」という言葉の使い方にも注意が必要かもしれません。