恋のなやみに効くメディア

朝ランニングにはメリットがたくさん!効果的な朝ランのやり方

大山奏K.Ohyama

©gettyimages

目次

隠す

1:メリットいっぱい!朝ランニングを始めよう

体調管理やダイエットのためにランニングを始めたいと思っている人も多いのではないでしょうか。実際に、ランニングを生活に取り入れている人は、健康的で若々しかったり、風邪などをひきにくかったりと、たくさんのメリットを感じているようです。

そんなランニングですが、行う時間によってもその効果はかわります。中でも特にいいといわれているのが、朝のランニングです。日中や夜に走るよりも、さまざまなメリットが期待できます。

2:朝ランニングの嬉しい効果とは?4つ

まずは知っているだけでやる気もアップする、朝のランニングのメリットからご紹介します。

(1)ダイエット・痩せやすい体に

朝は、基本的に寝起きの状態。睡眠によって長時間の空腹状態が続いたあととなるので、体の中の食べ物が消化されています。そのため、使ったエネルギーがすぐに脂肪燃焼に結びつきやすく、つまりダイエット効果が高いといわれています。これは痩せたい人にとってはいちばん嬉しい効果ですよね。

さらに、ランニングすることで代謝が活発になるので、普段よりも1日の代謝量が増えます。それだけ痩せやすい状態を維持できるというわけです。

(2)習慣化しやすい

会社が終わってからランニングしようと考えていても、仕事で予期せぬ残業が発生したり、いつもより疲れていたりと、実行できない日もでてきてしまいますよね。

それに比べて朝ランニングの場合、早起きさえできれば邪魔をしてくるものはありません。そのため習慣化しやすく、続けやすいというのもメリットです。

(3)睡眠の質がよくなる

人の体は太陽の光を浴びることによって、体内時計がリセットされます。朝ランニングすると、当然日光にあたります。雨の日は別ですが、曇りでも朝であれば、太陽の光はしっかり体に取り込まれます。

さらに、程よい倦怠感も手伝って、夜、自然なリズムで眠気が襲ってきます。睡眠の質も上がるので、次の日の朝もスッキリ起きられるという好循環を生んでくれます。

(4)体が目覚めて仕事が捗る

朝活が浸透していることからもわかるように、朝はもっとも心身がフレッシュな状態。体を動かすことでしっかり目覚めることができ、頭も冴えわたります。午前中の仕事の効率がかなりよくなるのを実感できるでしょう。

3:効果的な朝ランニング方法4つ

続いて、朝ランニングで気をつけたほうが良いことや、方法について具まとめてみました。

(1)走る距離の目安は?

走る距離というのは、人それぞれのスピードがあり、一概に決めることはできません。距離よりも、走る時間を目安にしたほうが良いでしょう。時間にすると30~60分程度がおすすめです。

最初は20分程度でも良いですし、走ったり歩いたりを繰り返す方法でも良いでしょう。慣れてきたら少しづつ時間を延ばしていきます。一定の時間走ることが習慣化したら、そこで初めて目標の距離などを定めていくと、モチベーションも維持できます。

(2)ランニング前後の食事の摂り方は?

朝ランニングの前には、きちんと水分補給しましょう。水分だけを摂って走るという人もいますが、お腹が空きすぎて気分が悪くなったりすることもあるので、心配な人は、バナナやヨーグルトなど、消化のいいものを軽く食べてから走ることをおすすめします。

そして、食事後にはしっかりと栄養バランスの整った朝ごはんを食べましょう。ランニング後、30分以内に食べるのが基本です。朝ごはんを食べることで回復を促し、疲労を溜め込まないことができます。

(3)プロテインの飲み方は?

プロテインはランニング前に飲んでもOK。ですがランニングで使った筋肉に栄養を与えるという意味では、ランニング後のほうがおすすめです。

朝なので、あまりプロテインのカロリーを気にする必要はありません。自分の好きなブランドのものや、好きな味を選んでおいしく飲みましょう。

(4)ラン×筋トレで効率UP!

有酸素運動と筋トレを組み合わせることで、さらにダイエットや体づくりの効果をアップさせることができます。おすすめなのは筋トレをしてからランニングすること。

しかし、朝は筋肉の可動域が狭まっているため、軽いストレッチをしてから走らないと体に負担がかかります。ストレッチのあと筋トレをして、さらにランニング……というのは、ちょっと時間的にも厳しいと思ってしまうかもしれません。ストレッチを5分、筋トレを5分、それから20分走る、くらいから始めてみてはいかがでしょうか。

3:ランニング後にシャワーは浴びる?どこまで洗う?意見3つ

朝ランニングの後出勤となると、汗のニオイが気になりますよね。みんながどうしているのかリサーチしてみました。

(1)シャワーで汗を流すだけ

「僕は朝ランニング後は、さっとシャワーで汗を流してから会社に行く用意をします。髪も濡らすけどシャンプーを使って洗ったりはしません。シャンプーは夜のお風呂のときだけです」(Tさん・30歳男性)

(2)全部洗う

「朝ランニングをしている時期は、ランニングのあとお風呂に入ることがルーティーンになってました。もちろん体も髪もちゃんと洗います。逆に、夜はメイクだけ落としてさっさと寝ちゃいます」(Yさん・28歳女性)

(2)ボディシートで拭く

「基本的にはシャワーを浴びていますが、出社時間ギリギリになってしまうときには、全身を濡れタオルで拭いてから、さらに大判のボディーシートを使います。さすがに夏はできませんが、冬場はそんなに汗もかかないので大丈夫です」(Sさん・27歳男性)

4:朝ランニングはメリットしかない!

筆者も一時期、朝ランニングにハマっていたことがあります。ダイエット目的ではなかったのですが、冬のいちばん寒い時期だったこともあり、みるみるうちに体重が落ちました。実は冬というのは、体を温めるためにカロリーを消費しやすいので、運動を組み合わせると、体重を落としやすい季節でもあります。

そして何より、朝ランニングはとにかく気持ちが良いです。その日一日が長く感じられ、たくさんのことを成し遂げたという充実感でベッドに入れるので、自然と睡眠もよくなるし、ストレス解消にもつながりまsく。おすすめですよ。