恋のなやみに効くメディア

目はメイク次第ですぐかわいくなる!【まぶたのタイプ別】デカ目メイクテクニック

コマツ マヨM.komatsu

©gettyimages

目次

隠す

1:目はメイクでいくらでも大きくなる!

いくらでも……というのは少々大げさかもしれませんが、テクニック次第で目を大きく見せるアイメイクは可能です。

アイシャドウで自然な影を作り、アイラインでまつ毛の足りない部分を埋め、マスカラやつけまつげで目の上下の幅を広げれば、もともとの目よりもぐっと大きく見せることができます。

しかしそうはいってもそのテクニックはさまざま。二重、奥二重や一重など、まぶたの形や目の形によっても少し違うので、自分の目に合ったテクニックを身につけて。

2:二重・奥二重・一重別!アイシャドウやアイライン駆使したナチュラルデカ目メイクの方法

まぶたの種類に合わせたデカ目メイクのポイントをご紹介します。アイシャドウやアイラインの色にも注意しましょう。

(1)二重の場合

 

一重さんや奥二重さんよりもデカ目メイクがしやすい二重さん。せっかくの目を小さく見せてしまわないように注意しましょう。

1.まぶた全体に薄いブラウンやベージュ、ゴールドなどのアイシャドウをのせる。

2.二重幅から数ミリだけはみ出るくらいに、濃いブラウンなど暗めのアイシャドウを入れる。

3.アイラインは黒目の上を太く、目尻から数ミリ長めに引く。

4.マスカラやつけまつげは、目の幅が小さければ目尻にかけて長く、濃く。切れ長の目の場合は中心から目尻を長く濃く。

5.目頭と下まぶたにハイライトを入れる。

(2)奥二重さん

二重幅が見えにくい奥二重さんは、二重さんと同じようにメイクをしてしまうと、かえってデカ目から遠のいてしまうことも。自分の二重を活かしながら上手にメイクを。

1.アイテープで二重の幅を広げる。

2.目を開けた状態で、数ミリ見える程度にブラウンのアイシャドウを入れる。目の幅よりも横長にアイシャドウを入れ、目の幅を広げる。

3.アイラインは中央から目尻を太めに、目尻より数ミリ長めに引く。

4.マスカラやつけまつげは中心から目尻を長く濃くし、縦の幅を強調する。

5.目頭と下まぶたにハイライトを入れる。ホワイトやシルバーは白浮きしてしまうので、ベージュやゴールド系の色をチョイス。

(3)一重さん

まぶたのせいで目が小さく見えてしまいがちな一重さん。ポイントを押さえて、今よりも目を大きく見せましょう。

1.上まぶた全体、下まぶたの目尻3分の1にブラウンのアイシャドウを入れて陰影を作る。目の幅よりも横長にアイシャドウを入れ、目の幅を広げる。

2. 目尻から3分の2程度、まつ毛の隙間を埋めるようにアイラインを入れる。アイラインは目尻を跳ね上げず目の形に合わせて自然に、数ミリ長めに引く。

3.マスカラやつけまつげは中心から目尻を長く濃くし、縦の幅を際立たせる。

4.目頭と下まぶたにハイライトを入れる。ホワイトやシルバーは白浮きしてしまうので、ベージュやゴールド系の色をチョイス。

3:逆に目が小さく見える!デカ目メイクの失敗パターン5つ

(1)囲みメイク

数年前ブームになった囲みメイク。デカ目効果があると思われていますが、実際には目が大きく見えるどころか、目の周りを囲むことで実際の目のサイズが強調されてしまいます。

アイライナーは自然に影ができる中央から目尻のみに。目尻はまつ毛の間を埋めるように引くか、濃いブラウンのアイシャドウを中央から目尻にのせる程度にしたほうが、目が大きく見えます。

(2)真っ黒アイライン+ダークシャドウ

アイラインやアイシャドウの色にも注意。デカ目メイクのポイントは、影のように自然な陰影で錯覚を起こさせること。目力を強くするには黒はもってこいですが、真っ黒なアイラインや、アイシャドウは囲みメイクと同じく実際の目の形が強調されてしまいます。

ブラウンのアイライナーとアイシャドウを使って、目立ちすぎず自然に目元を大きく見せましょう。

(3)太すぎるアイライン、リキッドアイライナー

目を大きくしたいがあまりに、ぶっといアイラインを引いてしまいがち。しかし、太いラインを入れるとアイライン自体が目立ってしまい、かえって目が小さく見えてしまいます。

また、リキッドアイライナーでくっきりとしたラインを引くのも、アイライナーが目立ちやすいのでNG。ペンシルアイライナーでラインを引いたら、さっとぼかしてなじませるようにしましょう。

(4)アイホールにハイライト

特に一重さん、奥二重さんで注意したいのが、アイホール全体にハイライトカラーをのせること。ハイライトは目元を強調させる効果がありますが、一重さんや奥二重さんがやるとまぶたが腫れぼったく目立ってしまい、デカ目から遠のいてしまいます。

(5)跳ね上げライン

極端な跳ね上げラインは目の幅を短く見せてしまうので、できるだけ避けた方がベター。目尻までアイラインを引いたら、自然な流れで数ミリ長めにラインを引きます。

4:自分の目の形に合わせたデカ目メイクを!

目が幅が長い人や短い人、また一重の人、二重の人、奥二重の人と、いろんな目の形があります。

自分の目の形に合わせたデカ目メイクで、今より少し大きく印象的な目を目指しましょう