恋のなやみに効くメディア

性格占いで当たるのは?完全無料の恋愛性格占い

相川葵A.Aikawa

目次

隠す

1:性格占いはやっぱり人気が高い!

占い師である筆者の経験でいうと、性格占いというのは、いつの時代も高い人気を誇っています。自分の性格を診断することはもちろん、気になる人や彼氏、身近な人の性格を知りたいと考えている人も多いでしょう。

しかし、占う方法がいろいろあるため、一般的に見てどの占い方が当たるのか迷ってしまうことも少なくないはず。

そこで今回は、いろいろな占い方の特徴や、おすすめの占いなどもご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

2:四柱推命?姓名判断?性格占いで当たるのは?

性格占いで当たるのは、いったいどの占い方なのでしょうか。それぞれの特徴をまとめてみました。

(1)姓名判断

姓名判断は、名前を正式な書き方で表記したときの画数をもとに運命を診断する方法です。なので姓名判断には「吉数」「凶数」という、数占いの概念も含まれています。

具体的には、まずそれぞれの漢字(あるいは、平仮名)が何画で書くものかを調べておきます。その上で、苗字の画数の合計、名前の画数の合計、すべての合計など、必要な画数を出していくことになります。

姓名判断を使った性格占いについては、詳しく後述します。

(2)四柱推命

四柱推命は、中国の星占いとも呼ばれる占い方です。中国では四柱推命という呼ばれ方はしていないので、これはいわば和名なのですが、占い方の発祥は中国です。

四柱推命では、生年月日から、その人の十干十二支や五行を導き出して性格を解釈していきます。

十干十二支を割り出す過程で、性格を表す用語を、四柱推命では概念として「星」という言い方をします。しかし西洋占星術の星占いのように、実際に天の星の回り方を参照して占う方法ではありません。

四柱推命は用語の難しさもあって、日本では一般人が簡単に占えるものではないため、それほど浸透していません。しかし過去に大人気になった「動物占い」は、四柱推命を簡便にしたものです。「動物占いの性格診断がよく当たった」と感じたことがある人は、知らず知らずのうちに四柱推命の的中率を実感していたということなのです。

(3)生年月日占い

生年月日占いと呼ばれるものは、実際にはほとんどが西洋占星術(ホロスコープ)による性格占いです。

さきほどご紹介した四柱推命も、生年月日から性格を導き出すことができますが、ここでいう「生年月日占い」とは違います。区別しておいてください。

ホロスコープでは生年月日を参照し、そのときに惑星や星座がどの位置にいたのかを計算で割り出して、性格を導き出していきます。

四柱推命と違って「12星座占い」として、占いの結果を大まかに12個に分類することができます。占い師でない人にもわかりやすいのが特徴。日本ではとても浸透しています。

実際には、12星座占いは、出生時点の太陽の位置だけを参照した性格占いです。月や、火星、木星といった惑星の位置でも性格が影響を受けるとされるので、本格的なホロスコープはもっと的中率が高いでしょう。

(4)血液型占い

血液型占いはよく知られたA、B、O、ABという4つの血液型を用いた性格占いです。

血液型だけで性格は決まらない!と、科学的根拠がないことを指摘されるケースもあり、外国では血液型で性格を診断することは差別であるといわれることもあります。

しかし実際に血液型占いは、両親の血液型まで参照すると、科学的根拠がないといわれる割には的中率が高いといわれているという事実もあるのです。

3:完全無料!恋愛の性格占い

恋愛の性格占いは、現在、完全無料でできるサイトがたくさんあります。検索をする際に「恋愛 性格 無料」などのキーワードで検索すると、たくさんのサイトを見つけることができるでしょう。

自分の力で性格占いや、相性占いをやろうとすると、ある程度の占いの知識が必要になります。

また占い師でない人でも、血液型や十二星座での相性占いであれば相性占いをやりやすいのですが、これらの占いは実は奥深い一面もあり、素人では判断を間違えてしまうことも。

その点、無料サイトではある程度しっかりと結果が出るようプログラミングされていることが多いです。さまざまな種類の占い方法で診断が可能ですので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

4:名前で占う基本性格

名前で基本的な性格を占うには、既にご紹介したとおり「姓名判断」を使います。

姓名判断では名前に使われている文字の画数が重要ですが、基本的な性格を占うのは、その中でも「総画」と「人格」と呼ばれるふたつの数です。

「総画」とは、名前に使われているすべての漢字の画数を合計したもの。「人格」とは、苗字のいちばん下の文字と、名前のいちばん上の文字の画数を合計したものをいいます。

そして、画数にもそれぞれ吉凶の意味があります。

姓名判断において、特に良いといわれる画数は、11、16、21、23、31、32、41などです。しかしこの中でも、それぞれ意味合いが異なります。もちろん凶となる数もあります。

気になる場合は姓名判断の自動判断サイトを使ったり、姓名判断のできる占い師に鑑定を依頼してみましょう。

5:生年月日で占う性格診断

生年月日で占うといえば、やはり十二星座を使った方法がスタンダードでしょう。

もちろん12星座にもそれぞれの性格が当てはめられているのですが、12の星座がさらに大きく4つに分けられています。その分類によっても、恋愛の性格占いをすることができます。

診断したい人の星座がわかればいいので、思い浮かべてみてください。

「牡羊座、獅子座、射手座」の人は「火」の星座です。火の星座に生まれると、激しい性格な一方でデリケートな性格になりがちです。

「火」の星座は、「風」の星座である「双子座、天秤座、水瓶座」と相性が良いといわれています。風の星座に生まれると、コミュニケーション能力に長けた性格になりやすいので、浮き沈みの激しい火の星座との相性がいいのでしょう。

これと同じように、「牡牛座、乙女座、山羊座」の3つは「地」の星座として分類されています。性格の特徴はとにかく堅実派だということ。

「地」の星座は、「水」の星座である「蟹座、蠍座、魚座」と相性が良いとされますが、水の星座に生まれると、情緒的でゆったりとした性格になり、堅実派とはバランスが取りやすいようです。

この「火、地、風、水」の4つを西洋占星術では「四大元素」と呼びます。火と風、地と水がそれぞれ相性の良い組み合わせであるほか、同じ元素の星座同士も相性が良いとされています。

6:生年月日と血液型で占う性格診断

性格診断は、生年月日とあわせて血液型診断を組み合わせると、的中率がさらに上がって楽しいものです。生年月日による性格診断については、既に簡単なものをお話しましたので、今度は血液型診断をしてみましょう。

血液型は、A型、B型、AB型、O型の4種類があります。

大まかに一般的にではありますが、

A型・・・細やかで慎重派

B型・・・明るい自由人

AB型・・・A型とB型が融合した二面性のある天才肌

O型・・・大らかな頑固者

などといわれています。

占い師の視点から見て、血液型による性格診断は、当たる当たらないがかなり大雑把になってしまう占い方法です。実際のところ、「血液型診断は当たらない」と思っている人は一定数いるはず。しかし詳細に見ると、血液型診断の的中率は上げられることがわかってきます。

というのは、血液型は4つしかないように見えて、遺伝学的に見ると「AA」「AO」「BB」「BO」「OO」「AB」という6タイプがあるからです。

O型の遺伝子はいわゆる劣勢なので、Aの遺伝子がふたつであっても、AとOがひとつずつであっても、血液型はA型と診断されます。ここに血液型診断の盲点があるわけです。

AA型の場合は、一般的にいわれるA型の性格に当てはまることが多いですが、AO型の場合は、O型の性格も持っていることがほとんど。B型でも同じことがいえます。

ですから、多くの人がAB型に言われるように、ある程度の二面性を持ち合わせた性格になることが多いのです。

6つの血液型のうちどれに該当するのかは、両親、さらに祖父母の血液型を参照すると良いでしょう。両親が6つのうちどれなのかわかると、自分がどれなのかも判別すことができます。

7:当たる占いって?

さて、ここまで性格診断をすることのできるいろいろな占いについて見てきましたが、「結局のところ、どの占いが当たるの?」と疑問に思うこともあるかもしれません。

占い師の視点からいえば、どの占いでも突き詰めていけば、専門書を書くことができるほど細かい理論やパターンが凝縮されています。

ただ、血液型占いしかり、星占いしかり、一般的に行われている占い方というのは、本を見ただけで、性格や相性を占えるようになっていることがほとんどです。

その反面、細かな部分が抜け落ちるため、当たるとは限らない……ともいえるでしょう。当たる占いを試したい場合は、やはり性格診断、相性診断を行うことのできる占い師に依頼をするのが早道です。

また現在では、占い師が監修したシステムを使い、自動で占い師をしてくれるようなサイトも、有料・無料あわせて存在しています。

特に血液型、ホロスコープ(星占い)、四柱推命、姓名判断といったような占いは、膨大なデータをもとにして当たる結果を導き出しているもの。ですので、占い師の監修が入っていればそれだけ信憑性が上がるといえるでしょう。

8:性格占いを使えば恋愛もうまくいく!

性格占いの醍醐味は、恋愛の相性を占うことができ、相手について、自分と相性が良いのかどうかを簡単に判断できるという点にあるのでしょう。

しかし占い師からしてみると、性格占いの本当の存在意義は、相性の良し悪しを占うことではない、と考えています。

相手がどのような性格をしていて、自分との相性においてはどのような部分を気をつける必要があるのか。それを知ることによって、相手を不快にさせない対応方法を身につけ、より良い恋をしていくことができるでしょう。

自分についてもそれは同じこと。自分の性格、自分には何が向いているのかを知ることで、選ぶべき道が見えてくることも。性格占いを活用し、毎日をちょっと楽しく、さらに素敵にしていけたらいいですね。