恋のなやみに効くメディア

髪切りたい!急に思い立つときの心理と実際に切るときの注意点

tsuta

目次

隠す

1:無性に髪を切りたくなる衝動にかられる

急に髪を切りたくなって、どうにも抑えられないことってありますよね。昨日までは「美容院行ってないなぁ」くらいだったのが、急に「髪を切りたい!」と思ったが最後、予約を取れるまで安心できません。それはまさに衝動と呼べるくらいのものです。

それほどまでに強烈な「髪を切りたい」という気持ち、いったい、なぜわいてくるのでしょうか。

2:なぜ?髪を切りたくなる心理とは4つ

(1)変化するまわりと同じように、自分も変わりたい

大学生から社会人になるといった環境の変化や、寒い冬からあたたかい春になるといった季節の変化。自分の身のまわりで起こるそうした変化が、「髪を切りたい」という衝動につながることがあります。

(2)憧れの女性像に近づきたい

「憧れの芸能人と同じ髪型にしたい」と思ったり、街中でふと見かけた女性の髪形に惹かれ、「自分も挑戦してみたいな」と思うことは、きっと多くの女性が経験しているでしょう。

このような、憧れの女性像に近づきたいという変身願望がおさえきれず、髪を切りたい衝動にかられることもあります。

(3)現状に対する飽き

家と会社を往復するだけの、毎日変わり映えのないルーティン。そんな退屈な現状から抜け出したい、なにも新鮮味のない毎日に新しい風を吹かせたい、というような気持ちが、髪を切りたい衝動につながることもあります。実際に髪を切るだけで、いつもと同じ景色がなんだか新鮮に見えることも。

(4)気合を入れたい

何か大きな目標を成し遂げたいとき、「よし、頑張るぞ!」というふうに心の中で気合を入れますよね。その気合を心の中だけでなく、目に見えるかたちにするため、髪を切るという手段を選ぶ人もいます。

髪が短くなった自分の姿を毎日見ることで、気を緩めることなく目標に向けて努力することができるのでしょう。

3:ボブやショートにしたい!髪を切りたい衝動にかられたときの注意点4つ

(1)顔の形との相性に注意

「今すぐこの髪型にしたい!」という衝動にかられて、勢いのまま髪を切ってしまうのはちょっと危険です。髪型というのは、持って生まれた顔の形とバランスが重要。いいと思った髪型が必ずしも似合うわけではありません。

憧れの髪型にしてみたら、顔の形との相性が悪く、かえってコンプレックスが際立って見えてしまった……なんていうことも考えられます。

(2)私服との相性も要チェック

先ほどご紹介した顔の形だけでなく、髪型は服との相性も重要です。髪と服の雰囲気が合っていなければ、統一感のないちぐはぐなファッションになってしまいます。それでは、せっかくのお気に入りの髪型も服も台無しに。

特に大胆なイメチェンをするときには、持っている服との相性をよく考えておきたいところです。

(3)大きなイベントがないか、スケジュールを確認する

例えば卒業式や友達の結婚式など、一生に一度しかないような大きなイベントがある場合、突然髪を切るのは控えたほうがいいかもしれません。そうした記念すべきお祝いごとに「勢いで髪を切って失敗した……」なんていう気持ちで参加するのは嫌ですよね。

慣れている髪型であれば、自分の魅力を引き立てやすくて安全。イベントが終わるまで待つのもひとつの手です。

(4)また伸ばすのに時間がかかる

ショートヘアはとにかくお手入れが楽で、「一度ショートにするとロングには戻れない」なんていう女性もいます。しかし、すべての女性がショートにハマり続けるわけではなく、「やっぱりロングも魅力的だよな……」などと思う人も大勢います。

そのとき、また伸ばすのためには非常に長い時間がかかるということもきちんと視野に入れておきましょう。

4:耳や目にかかったら?男性が髪を切りたくなるタイミングは?

ところで、男性が髪を切りたくなるタイミングはいつなのでしょうか。今回『MENJOY』では、20~30代の男性199人に、髪を切るタイミングについてアンケートを実施しました。

結果のTOP5は以下のとおりです。

1位:気になったときに切る・・・66人(33.2%)

2位:〇か月に1回など、いつも決まった定期で切る・・・60人(30.2%)

3位:目や耳に髪がかかったら、といった目安を越えたら切る・・・48人(24.1%)

4位:環境の変化や失恋など、気分を変えるために切る・・・17人(8.5%)

5位:髪型を変えたくなったときに切る・・・8人(4.0%)

もっとも多いのが「気になったときに切る」という回答でした。多くの男性が気分によって髪を切っているようですね。カットだけであればそれほどお金もかからないので、男性は女性よりも気軽に美容院に足を運ぶことができるのもその理由かもしれません。

その一方で「〇か月に1回など、いつも決まった定期で切る」という規則正しいペースで髪を切る男性も多いよう。仕事柄、清潔感を維持する必要がある人のほか、「お気に入りのスタイルを維持したい」といったおしゃれに対して意識の高い人も多いようです。

5:髪型ひとつで世界が変わる

髪型を変えると気分も大きく変わり、また「思い切って髪型を変えてみたら、男性から頻繁にアプローチされるようになった」なんてこともよくある話です。髪型ひとつで世界が変わるといっても過言ではないのかもしれません。