恋のなやみに効くメディア

貧乏レシピでも妥協ナシ!安くておいしい節約献立を大公開

桃倉ももM.Momokura

目次

隠す

1:貧乏飯とは言わせない!栄養満点の節約レシピ

食事というのは、生きるための基礎となるもの。健康やキレイのためには、食事で栄養バランスとることが大切です。しかし、肉に野菜に……と、さまざまな栄養を摂取しようとすると、たくさんの種類の食材を必要となり、自炊でもお金がかかってしまうことがしばしば。

そこで今回は、スーパーで買えるお手軽な食材や、家で余りやすい食材などを上手に使った、栄養満点の格安レシピを紹介します。初心者でも簡単に作れるので安心してくださいね。

2:簡単!安い!一週間分の節約レシピ

まずは簡単でとにかく安い! そんな節約レシピを紹介します。紹介するのは全部で5品。一週間の献立の中にうまく組み込めば、一週間分の食事が充実すること間違いなし。ぜひトライしてみてくださいね。

(1)蒸し豚もやし

節約レシピに欠かせない食材といえばもやし。1袋(200g)で20〜40円ほどで手に入ります。そのもやしと、100g100円程度で購入できる豚こま肉を使った簡単メニューになります。

耐熱皿にもやしを1袋を並べ、その上に豚肉(100g程度)を並べて塩コショウをふります。あとはラップをかけて、600wのレンジで3分チンするだけ。ポン酢をつけていただきます。

豚肉は疲労回復の強い味方とされるビタミンB1が豊富とされる食材。またもやしは、カルシウムやカリウム、食物繊維などさまざまな栄養素が含まれています。蒸し料理なので、油を使わずヘルシーというところも嬉しい点!

(2)肉なしミートパスタ

通常、ミートソースはひき肉で作りますが、それを野菜で代用。ヘルシーかつ、野菜不足の人にはおすすめのレシピです。

まずは、にんじんと玉ねぎをみじん切りにします。それからパスタを茹でます。パスタを茹でている間、フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、みじん切りんしたニンジンと玉ねぎを炒めます。ニンジンと玉ねぎがしんなりしてきたら、中濃ソース、ケチャップ、砂糖、コンソメを入れてさらに炒めます。これを茹で上がったパスタと絡めれば完成です!

仕上げにお好みで粉チーズやパセリを散らせば、見た目もさらにおいしそうに。節約レシピのポイントは、家に余りやすい食材で作れるところ。缶詰のミートソースももちろん手軽ですが、手作りソースのほうが、自分で味付けを調整できるぶん、満足度が高くなりますよ!

(3)無限キャベツ

ひと玉買ったほうが安いけれど、全部使いきれず、余りやすいキャベツ。そんなキャベツをおいしく無限に食べれてしまう簡単料理! 作り置きやおつまみにもぴったりです。

作り方はキャベツを千切りにして、耐熱皿に入れます。そこに缶詰のツナと鶏ガラスープの素、マヨネーズ、ごま油を入れて混ぜます。混ざったらラップをして、600wの電子レンジで2分加熱。最後に軽く混ぜ、お好みでコショウをふって完成。

ツナ缶は、1缶100円前後。またたんぱく質が豊富にとれるお手軽な食材とされています。胃腸にいいとされるビタミンUを含むキャベツとあわせて、おいしくいただきましょう。

(4)和風あんかけ豆腐

野菜は意識してとらないと、どうしても不足してしまうもの。しかしあんかけにすることで、苦手な人でも食べやすくなるのが嬉しいところです。

作り方はフライパンにごま油を引き、豆腐、ほうれん草、しめじを炒めます。しめじとほうれん草がしんなりしてきたら、水を入れて、弱火で2〜3分煮ます。具材が煮えてきたら、だしの素、酒、オイスターソースを入れて一度火を止め、水溶き片栗粉を流し入れます。ふたたび弱火にして、軽く混ぜながら1分ほど煮れば完成です。

ごはんの上にかけて、丼にするのもあり。また水を少し多めにすれば和風スープにもなります。野菜が不足気味だという人は、お好みで野菜をプラスしてみてもいいかも。

(5)野菜たっぷりお手軽ハンバーグ

またまた野菜推しですが、それくらい野菜をたくさんとることって大切。しかもハンバーグとしてお肉に混ぜて食べれば苦手な人でも食べやすくなります。

そして、手間がかかるイメージがあるハンバーグですが、ここで紹介するのは、混ぜるだけ!の簡単レシピです。ハンバーグに使う合挽き肉は通常のお肉より、安いところもポイントです。

玉ねぎとニンジンをみじん切りにし、塩コショウふって、牛合い挽き肉とこねるようにして混ぜます。混ぜたものを小判状に固めて、真ん中に少し窪みを入れます。あとは、油を引いたフライパンで焼くだけ。焦げ目がついてきたらひっくり返し、水を適量流し入れ、そのまま中火~弱火でフライパンの蓋を閉じ、しばらく待ちます。箸などで肉を指し、内側まで火が通っていれば完成です。

ハンバーグは、パン粉や卵のつなぎがなくても問題ありません。むしろ、料理初心者の場合はつなぎの分量を間違えてしまうと失敗してしまうので、使わないほうがいいかもしれません。もし、肉が固まりにくいようであれば、マヨネーズで代用してください。

3:おすすめの節約レシピ本3選

筆者も参考にしているおすすめレシピ本をご紹介。これさえあれば、誰でも料理ができるようになるはず!

(1)『しかないレシピ 主材料1つで瞬速・絶品ごはん』イガゴー

時間がない、節約したい人などにぴったりの、時短節約レシピがたくさん。男性にもおすすめしたいレシピ本。タイトルのとおり、「家に〇〇しかない」というときの、「〇〇」から逆引きできる料理本になります。

(2)『ひと口で人間をダメにするウマさ! リュウジ式 悪魔のレシピ』リュウジ

SNSで話題の著者が出版した、悪魔のレシピ本。簡単なのに中毒性の高い絶品料理が紹介されています。料理が好きな人向け、というよりは、仕方なく料理をする人向け。初心者でも楽しく料理ができるように工夫された1冊です。

(3)『世界一早い! 家政婦makoのずぼら1分ごはん』mako

3時間で30品を作る、カリスマ家政婦makoさんのレシピ本。包丁を使わず、準備1分で本格カレー、肉じゃが、カルボナーラなどが作れてしまう本です。

とにかく時間を無駄にしたくない、忙しい人におすすめのレシピ本。効率よく料理ができるようになるでしょう。

4:まとめ

外出自粛状態の今。食しか楽しみがない!と嘆いている人も多いことでしょう。そんなときこそ、ぜひ楽しみながら料理にトライしてみてくださいね。

今回紹介したレシピのように、お金をかけずともおいしくて体にいい料理は作れますよ!