恋のなやみに効くメディア

35歳までに結婚したい!焦る前に始めるべきことと35歳の結婚式のリアル

松田優Y.Matsuda

©gettyimages

目次

隠す

1:35歳男女の独身率、結婚率は?

残念ながら35歳というピンポイントの年齢での独身率や結婚率は、公的データではまとめられていないので、30代前半と後半のデータから、その動向を推察していきましょう。

平成27年国勢調査の結果から統計された、年齢別未婚率の推移によると、30代前半の未婚率は男性47.1%、女性34.6%となっています。男性ではおおよそふたりにひとり人、女は3人にひとりが未婚=独身ということ。

それが30代後半となると、男性の未婚率は35%、女性は23.9%と、男女共に10ポイント近く下がる結果に。未婚率が下がったということは、結婚した人が増えたということ。

ここから推察すると、結婚に於いて35歳はひとつの境目となる年齢といえそうです。

2:男性&女性芸能人と比べてみよう!35歳の見た目

35歳で結婚するために重要になってくるのは、ずばり見た目です! 身も蓋もないですが、それは美醜だけではありません。見た目に気を使い、現役世代であることがちゃんと見た目に現れていることが必要。

そのポイントを学ぶべく、2020年の今年、35歳を迎える1985年生まれの芸能人をピックアップしてみました。その見た目から、結婚につながるヒントが見つかるかもしれません。

(1)山下智久(4月9日生まれ)

この投稿をInstagramで見る

 

Tomohisa Yamashita(@tomo.y9)がシェアした投稿

「ジャニーズJr」時代から現在まで第一線で活躍し続けている山下智久さん。美少年が美少年のまま大人になったというべきか、少年っぽさも残しつつ、大人の男性としての魅力がプラスされて最上級のイケメンに。アイドルの枠に捉われない活躍を見せてくれていて、見た目だけでなく、中身もカッコイイなんて、最高すぎますよね。

(2)加藤ローサ(6月22日生まれ)

この投稿をInstagramで見る

 

加藤ローサ(@kato_rosa_)がシェアした投稿

昔と今、写真を並べてみても違いがわからない……良い意味でまったく変わらないことに驚きです。年齢を知ってびっくりした人も多いのではないでしょうか。

加藤ローサさんが結婚情報誌のCMで一躍注目されたのは、今から16年前の2004年のこと。それから結婚、出産、育児と環境の変化を経てもなお昔と同じクオリティのビジュアルを保っているのが素晴らしいことです。

(3)松田翔太(9月10日生まれ)

この投稿をInstagramで見る

 

Shota Matsuda(@shota_matsuda)がシェアした投稿

クール系イケメン俳優の代表格である松田翔太さん。どこかアンニュイな雰囲気を漂わせつつ、携帯電話会社のCMではコミカルな一面も見せてくれています。

松田さんといえば、抜群のスタイルも魅力のひとつ。パーフェクトな体型はモデル顔負け。細いだけでなく筋肉もある、いわゆる「細マッチョ」な体型は、30代半ばとなった今でも健在です。

(4)鈴木えみ(9月13日生まれ)

この投稿をInstagramで見る

 

EMI SUZUKI(@emisuzuki_official)がシェアした投稿

鈴木えみさんといえば、ティーンのころから変わらない小顔に長い手脚の理想的なプロポーション。しかしそれに加えて、注目するべきはその肌。極上で、つるんと白く、まるで陶器のよう。年齢を感じさせない美しさにはうっとり見惚れてしまいます。

モデル、母、そしてデザイナーとしての一面ももつ鈴木さん。パワフルに年齢を重ねているカリスマ的存在です。

(5)貫地谷しほり(12月12日生まれ)

この投稿をInstagramで見る

 

貫地谷しほり(@shihori_kanjiya)がシェアした投稿

30代の半ばになった今でも、清純な雰囲気が変わらない貫地谷しほりさん。若いころと同様の透明感をキープしている、超がつくほどの美肌は同年代女性から羨望の眼差しを受けています。メイクなしでもツヤツヤのすっぴん写真は、大きな話題にもなりましたよね。

小動物っぽいかわいらしさは、まさに大人カワイイ女性の見本。ベビーフェイスなのにどこか色っぽいところも、お手本にしたくなるポイントです。

(6)城田優(12月26日生まれ)

この投稿をInstagramで見る

 

城田優 Yu Shirota(@yu_shirota)がシェアした投稿

ミュージカルなど、舞台の世界でも大活躍の城田優さん。舞台映えする長身に甘いマスク、そして歌唱力まで身につけた無敵のイケメンです。若いころの美青年ぶりもステキでしたが、30代を超えてからは渋みが増してますますカッコよく。髭をたくわえた姿もダンディでセクシーです。大人の男性として、理想的な年の重ね方をしているといえます。

3:35歳までに結婚したいなら体の変化を見逃すな!今すぐできること5つ

35歳からの婚活市場では、第一印象が最初の関門。そこでつまずいてしまえば、次のステップに進むことすらできないのです。そこで、いますぐ意識するべきことをまとめてみました。

(1)スキンケアを怠らない

30代に突入したあたりから、既にたるみやくすみなどの肌の衰えを実感している人も多いのではないでしょうか。放置された肌は、顔立ちの印象すら悪くしてしまうことも。

とはいえ、忙しい毎日、スキンケアをいきなり張り切りすぎても長続きしません。まずはポイントを絞ったトラブル対策をするといいでしょう。特に皮脂の多い肌は加齢臭の要因になるともされているので、いち早く解決しておくべき。

(2)髪の毛を労わる

体力、物覚え、食欲……35歳くらいになると一気に老いを感じる場面は色々ありますが、忘れがちなのが髪。自分では気づかないうちに、髪の毛や頭皮も弱ってきているのです。若いころと同じノリでカラーリングしたり、傷みを放置していると、みるみる髪が痩せてきてしまいます。髪の毛、そして頭皮の健康を考えたケアを取り入れていきましょう。

(3)体型に気を配る

若いころは、少し太ったかな、と思ったら、頑張って短期間ダイエットしただけですぐに痩せることができていた人でも、だんだんと痩せにくくなっていくのが30代の現実です。

ぽっこりお腹は中年の象徴ですし、二重顎や、二の腕のたるみにも注意したいところ。鍛えている人とそうでない人との差が歴然と表れてしまいます。意識的に運動習慣をつけましょう。

(4)ファッションで無理な若作りしない

若く見せたいからと、安易に流行の洋服に手を出すのはいただけません。残念ながら、若い子と同じ洋服を着ても若返ることはできないのです。

見た目で重要なのは、ひとつひとつのアイテムではなくトータルバランス。プチプラアイテムも、安っぽくなりすぎないようバランスよく取り入れて。年齢相応のオシャレこそ、センスのある大人の魅力を引き出す改善ポイントなのです。

(5)加齢臭対策をする

見た目に直接関係ありませんが、体臭の問題は気を配るべき重要なポイントのひとつ。35歳は「まだまだ」ではなく「そろそろ」の年齢です。特に、他人から指摘してもらいにくいぶん、自分自身で気を配る必要があります。男性だけでなく、女性も例外ではありません。

香水やデオドラントアイテムで匂いをごまかすだけでは根本的な解決にはなりません。体内環境を整え清潔を保つことが基本であり最終手段。気になる匂いに配慮したボディケア用品を使ってみるのもおすすめです。

4:35歳の結婚式ってどんな感じ?リアルエピソード3つ

35歳で結婚を目指す中で気になることのひとつは、結婚式。実際に35歳で結婚式を挙げた人の声を聞いてみました。

(1)シックなドレスにしてよかった

「かわいい系のドレスに憧れていたのですが、みんなに全力で止められて、結局シックなものを選びました。写真で見返してみると、正解だったなと思います。結婚式ハイで浮かれていたせいで、フリフリドレスを着られなかったことに涙したこともあったけど、本当に着たら、今後悔していることは確実って感じです」(Aさん・39歳/主婦)

(2)ゲスト選びが大変すぎたのでハワイ挙式に

「僕も彼女も年齢的に仕事の付き合いも多く、招待客を選びきれなかったので両親と親族だけの海外挙式しました。親もハワイ観光を楽しんでくれたし、いい記念になりました」(Sさん・41歳/会社員)

(3)友達の子どものケアが大変

「いちばんの親友の出産と時期が重なってしまって、出席して貰えなかったことが心残りですね。

あと、招待した友達に未就学児の子どもを連れて行ってもいいかって聞かれてホテルにいちいち確認しなくちゃいけなかったり、子どもを預ける場所がないから出席できないって断られたり……。招待客に子どもがいる人が多いと大変だなぁっていう感じはしました」(Yさん・36歳/医療事務)

5:35歳は男性も女性も結婚に焦る…

35歳になったからといってすべてが変わるわけではありませんが、気持ちの面でも節目になることは確か。

焦りすぎは禁物ですが、目標を立てることは励みにもなるはずです。結婚も35歳もあくまで通過点であることを忘れずに、今ある日々を大切に過ごしてくださいね。

【参照】

内閣府 少子化対策の現状