恋のなやみに効くメディア

運命の人診断!運命の相手がわかる見分け方と当たる占い

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:運命の人は出会った瞬間にわかるもの?

運命の人と出会うことがあるなら、その瞬間に「運命の人だ!」とわかるのが理想ですよね。実際に、出会ったらわかるものなのでしょうか。

「私の場合は、今の旦那と出会って目と目があった瞬間に“きっとこの人と結婚するな”って思いました」(Wさん・29歳女性/看護師)

既婚者の人に、パートナーとの馴れ初めについて聞いてみると、こういったエピソードをよく耳にします。筆者の周りの既婚者10人に話を聞いてみたところ、そのうちの6人が「出会った瞬間に何かを感じた」と語っていました。

その昔、結婚したときに「ビビビッときた」と表現した大スターがいましたが、運命の人であれば、出会った瞬間に何かしらの「予感」があるのかもしれませんね。

2:運命の人の特徴5つ

運命の人がいるなら出会ってみたいもの。どんな特徴を持っている人が「運命の人」といわれがちなのでしょうか。既婚者の人に話を聞いてみました。

(1)安心感がある

「今までの恋愛は、ドキドキするような相手に恋をしてっていう感じだったんですけど、旦那と出会ったときはドキドキするようなことはなかったです。でも、圧倒的な安心感はありました。見た目も全然タイプではないんですけど、惹かれるものがあったんですよね」(Kさん・33歳女性/主婦)

(2)違いを認めて受け入れてくれる

「恋愛ってお互いに似たところとか共通点を見つけて始まっていくことが多いと思うんですけど、そのうちお互いの合わないところとか、衝突する部分が出てきて、それでケンカになって別れることが多いですよね。

でも、今の旦那はその違いを認めて尊重してくれる初めての人でした。愛を育むってそういうことなんだと思います」(Dさん・34歳女性/主婦)

(3)人生の転機を導いてくれる

「運命の相手って、恋愛だけに限らないと思うんです。僕の場合は、人生の転機を導いてくれた人が運命の相手なのかなって思ってます。

僕は音楽活動をずっと続けているんですけど、路上ライブをしたり、CDを作って手売りしたりしてたんです。そんなときに、声をかけてくれた人がいて、その人との縁がきっかけで、今でも音楽で食べていけるようになったんです。僕にとってはその人が運命の相手ですね」(Dさん・35歳男性/ミュージシャン)

(4)偶然が多い

「ありえない確率で出会う人っていますよね。旦那さんもそうでした。学生時代にカナダに留学していたときがあって、そのときに知り合った人と、5年ぶりに東京でばったり再会。“今度飲みに行こうね”とか言ってたんですけど、お互いに忙しくて、結局実現しなかったんです。

それからまた1年くらい経って、会社の後輩が職場の飲み会で酔いつぶれてしまって、家まで送ってあげたんです。お兄さんとふたり暮らしだって言っていたんですけど、そのお兄さんっていうのが、まさかのその人で。運命を感じましたね。それで交際がスタートして、今では結婚して子供がいます」(Nさん・34歳女性/主婦)

(5)いつまでも飽きない

「人付き合いって、時間を共有すればするほど、その人との関係に飽きてきたり、マンネリ化したりすることって多いと思うんです。特に恋愛は時間を共有していることが多いからそうなりやすいのかなって。

でも、今の旦那とは出会ってからもう10年になりますけど、ドキッとしたり、“もっと仲良くなりたいな”って思う。それは今までの恋愛ではなかったことです」(Aさん・38歳女性/主婦)

3:運命の人診断も可能?運命の人の見分け方5つ

お次は運命の人の見分け方についてご紹介します。

(1)ビビッと

「ママ友と、旦那さんと出会ったときにビビッときたかって話になったことがありますけど、やっぱり“きた”っていう人は多いですね。

“それがなかったら、私はたぶん結婚はしてないと思う”って人もいて。人生を左右するような瞬間だったのかなって感じます」(Rさん・35歳女性/主婦)

(2)再会する

「私が夫と出会ったときは、仕事の関係だったんですけど、“この人と結婚するかも”って思ったんです。でも、私には彼氏がいたし、向こうにも彼女がいたので、恋愛に発展するようなことは全然なくて、ビジネスライクな関係でした。

でも、そのあとにまた再会したんです。お互いにフリーだったので、そのまま交際に発展しました。運命の相手って縁が強いから、そのときには恋愛に発展しなくても、また再会するものなのかなって」(Nさん・37歳女性/主婦)

(3)いい匂い

「私は旦那さんの匂いが好きで、それで素敵な人だなって思いました。テレビとかで“匂いが好きな相手とは相性がいい”とかいうじゃないですか。それは本当な気がします。実際にカラダの相性もいいです」(Kさん・36歳女性/主婦)

(4)シンクロニシティが多い

「主人とは考えていることが一緒だったり、お互いに連絡をするタイミングが一致していたり、興味を抱いていることが一緒だったりで驚くことが多いです。だからケンカも少ないですし、やっぱり運命の相手なのかなって思っています」(Sさん・31歳女性/会社員)

(5)トントン拍子

「今まで好きになっても付き合えなかったり、両思いなのかなって思っても、女の子のほうが元カレと寄りを戻したりして、恋愛がうまくいかなかったんです。

でも、今の嫁さんとはトントン拍子に交際に発展して、驚くほどスムーズに結婚話がでて、何の問題もなくそのまま結婚っていう感じだったんです。運命の相手とは、自然とうまくいくものなんだなって実感してます」(Tさん・30歳男性/公務員)

4:運命の人が当たる占い3選

運命の人とまだ出会っていない人は、これから出会いたいでしょう。そこで、運命の人を教えてくれる占いについてご紹介します。占い師の草薙つむぐさんにお話を聞いてきました。

(1)宿曜占星術

草薙:宿曜占星術はインドの占星術をベースに日本で作られた占いです。出生時に月がどのような状態だったかを導き出して、性質や運命など占います。特に人と人との相性を占うのにおすすめなので、好きな人や恋人ができたら運命の人なのかを見てみるといいかもしれません。

(2)タロット

草薙:タロット占いをもおすすめです。3か月程度の近い将来を占うのが得意で、相手の気持ちや今の恋愛の現状などを教えてくれます。そのため、今の恋人を選んだほうがいいか、新しく出会った人と付き合ったほうがいいかなど、どちらを選んだほうが良いか迷ったときに活用してみるといいかもしれません。

より相性の良い人を選んでいけば、いつか運命の人にめぐり会えるはずです。

(3)スピリチュアル

草薙:スピリチュアル鑑定のできる人に見てもらうのもおすすめ。しかし、相手の技量が試されるため、しっかりとした人に見てもらうようにしましょう。そうすれば、「失恋を乗り越えた先に良い人が待っています」とか「今の自分を変えないとめぐり会えないでしょう」など、具体的なアドバイスをくれるはず。

5:まとめ

「運命の人」というくらいなので、出会ったときに「その人だ」と思わないようであれば、運命の人ではないのかもしれません。もしその人が本当に運命の相手なら、そこで別れてもまた再会することになるはず。「運命の人」にこだわらなくても自然と運命の人との交際に落ち着くようになっているのかもしれません。

【取材協力】

草薙つむぐ・・・書店員の経験から今までに触れた映画や小説などは1000タイトル以上。またスポーツ選手から芸能人まで幅広い人脈を持ち、恋愛コラムニストからも恋愛相談を受けた経験を持つ。手相占い師としても活躍中。