恋のなやみに効くメディア

「夜の交番」だけじゃない!あんなところやこんなところで…男女の珍事事件簿

松田優Y.Matsuda

目次

隠す

夜の交番でいったい何が…

交番内で性行為に及んだとして、兵庫県警尼崎東署の警察官2名が3月19日付で処分されました。信用失墜行為として、30代男性巡査部長を減給10分の1(1か月)の懲戒処分に、20代女性巡査を本部長訓戒にしたとのことです。

彼らは夜間勤務中に管内の交番休憩室で情事に至ったそうですが、「まさか、そんなところで……?」と思った人も多いのではないでしょうか。

しかし、性欲が暴走した男女がとんでもないところで性行為に及ぶニュースはたびたび聞かれます。これまでに話題になった「普通、こんなところで、する?」と言いたくなるような男女の珍事件を集めてみました。

1:県庁内

青森県庁の男性職員が、庁舎内で性行為に及んで2か月間の減給処分となったことが、今から約10年前、2010年10月にニュースになりました。匿名の電話による密告をきっかけに、県が聞き取り調査をしたところ、男性職員が性行為に及んだことを、素直に認めたために発覚したそうです。
「庁舎内で性行為に及んだ動機は不明」とされていますが、男性職員が既婚で妻子がいたという事実を踏まえると、ある程度予想がつきますね。手っ取り早く不倫をするには、深夜のオフィスというのは、ちょうどいいのかもしれません。

しかしお役所内でのお役人の不貞行為……となれば、世間からの目は一層厳しいものになってしまいますよね。

2:学校

学校の校舎内で男女がみだらな行為に……というニュースもしばしば聞かれます。生徒同士であれば、若気の至りとしてあまり取りざたされませんが、教師と生徒、あるいは教師同士の場合は、責任問題として報道されます。

昨年の話ですが、2019年6月、北海道の公立中学校に勤める34歳の男性教師が、生徒と校舎内で性行為に及んでいたことがニュースになりました。女子生徒のほうから男性教師に恋心を抱き、LINEでやり取りをして、親交を深めた末のことだったそうです。

北海道教育委員会に匿名の情報提供があり、本人に確認したところ性行為に及んだことを認めたために判明。男性教師は懲戒免職処分となりました。

男性教師はこれまた既婚者だったようで、やはり職場で性行為に及ぶ男女は不倫カップルばかりなのでしょうか……。

3:自衛隊施設

最近の話ですが、海上自衛隊の部隊施設内で隊員同士が性行為に及んでいたことが2020年2月ニュースになりました。

「横須賀教育隊3等海曹の男性が、女性職員と当直勤務中などに部隊施設内でみだらな行為をした」として、男性隊員を停職30日の懲戒処分にしたと報道されています。

男性隊員のみが処分された理由は、性行為の際、女性隊員にロッカー点検の日時などを漏えいしたからだそうです。これはつまり、「誰か来ちゃうよ」「大丈夫、今日はここ、見回り来ないからさ」みたいな会話がなされたのでしょうか。

しかし、自衛官というのは、ひとたび出動となれば命をかけなければならない大変なお仕事。日ごろからストレスやら何やらが溜まって仕方ないのかもしれませんが……。

4:路上

2012年11月、62歳男性と26歳女性のカップルが路上で、男子中学生に性行為を見せつけるという事件が報道されました。男子中学生2人をわざわざ近くの月極駐車場まで誘い込んで、目の前で性行為に及んだのだとか……。

62歳男性は「性的欲求にかられた」という供述をしていますが、26歳女性のほうの供述が意外。「性教育のために勉強をさせてあげた」と供述したそうです。なんていう迷惑な性癖なんでしょう……。

特殊な性癖があること自体は、悪いことではありません。ただ、そうしたプレイは密室で、他人を巻き込まずに楽しんでいただきたいものですね。

不倫カップルあるところに男女珍事件あり

性欲が暴走した男女がそろったとき、そこがたとえ神聖な職場であっても、または往来の場であっても、珍事件場と化してしまうのです。他人から見れば「わざわざそんなところでしなくても……」と思うかもしれませんが、本人たちからすれば、それがわからなくなるのでしょう。

冷静さを失うカップルの多くは不倫カップルのようですが……もっと自分を大事にしてくださいとお伝えしたい。不倫バレだけでも大変なのに、珍事までセットでバレてしまったら……。その後の苦労が思いやられます。