恋のなやみに効くメディア

出会い占いって本当に当たるの?いつ出会うのかを知るのに適した占い

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:運命の出会いはいつ?占いで知りたい!

運命の相手がいるのなら、出会ってみたいというのは、誰もが抱く願望でしょう。しかし、それが誰で、いつ出会えるのか、その人が本当に運命の人なのかはわかりませんよね。手がかりにできるのは占いくらいのものでしょう。

今回はどんな占いが運命の出会いを教えてくれるのか、占い師の草薙つむぐさんにお話を聞いてきました。

2:四柱推命がいい?それともタロット?出会いを占うのに適した当たる占い5選

出会いを知るのに適した占いを紹介します。

(1)四柱推命

草薙:人生の全体的な流れから、出会い運を導き出すには四柱推命がおすすめ。生年月日と生まれた時刻から、人生の大きな流れや才能、個性などを占います。特に出会いの時期を割り出すのは得意で、具体的な年月を教えてくれることもあります。

(2)西洋占星術

草薙:西洋占星術も、出会いを占うのに適しています。これは生年月日、出生時刻、出生地といった情報と星の位置関係から運勢を導き出しますが、性格傾向や恋愛傾向など、精神面を読み解くのが得意。

出会いの時期や人生の転機、節目について教えてくれるだけではなく、自分にはどんな人と相性がいいのかについても教えてもらえます。

(3)九星気学

草薙:人が自然からどのように影響を受けているかについて着目したのが九星気学。自分のバイオリズムと自然との関係性から運勢を導き出してくれます。

この占いの特徴は開運方法を教えてくれるところ。いい出会いを欲しているなら、出会いに適した方角や開運方法について占ってもらうといいかもしれません。

(4)タロット

草薙:近い未来について知りたいときには、タロットもよいでしょう。

「3か月以内に出会いがあるかどうか」「彼と別れるか迷っているが、別れた場合は新しい出会いは期待できるか」といった悩みに対して答えを提示してくれます。

(5)手相

草薙:手相にも「出会い」についての暗示が出ていることもあります。「パートナー線」といわれるものがそれです。その線が出ている期間はあなたをサポートしてくれるような人と出会えると考えられています。ネットで調べてみると簡単に出てくるので、興味がある人は検索してみるといいでしょう。

3:占いで出会いがあると言われた時期にすべきこと5つ

そこで、出会いがあると言われたときにすべきことを教えてもらいました。

(1)出会いの場に足を運ぶ

草薙:「出会いがある」と占いで出たとしても、自分で行動しなかったら出会いは舞い込んできません。運気とは、そもそも自分の努力や行いに対して結果を示してくれるものです。運気の悪い時期は努力をしても結果が出にくい時期、運気のいい時期は努力に対する結果が出やすい時期といった感じ。

なので、「出会いがある」と言われた場合は、積極的に自分から出会いの場に参加するようにしてみてください。家から出なくても、たとえばSNSのフォーラムやオンラインゲームでも出会うことはできますよ。

(2)出会いの準備をしておく

草薙:外見に磨きをかけておくのも大切です。清潔感のある服装を心がけたり、流行りのものを取り入れたり、髪型を変えてみたりして異性の目を引くような外見を心がけてください。

いくら運気が見方をしてくれていても、ボサボサ頭でボロボロの服を着ていては「あの人と付き合いたい」とはなりません。最低限の努力は絶対に必要です。

(3)誘いにはとりあえず乗ってみる

草薙:誰かから遊びの誘いが来たら、それが異性ではなくてもぴしゃりと拒絶するのは避けましょう。いい出会いやチャンスというのは人が運んできてくれることが多く、運気のいい時期までにどれだけの人と良好な関係を結んできたかが大事になってきます。

「出会いがある」と言われた時期までに、「あの人は良い人だから、誰かを紹介したいな」と思えるような人になっておいてください。そうすれば、友人から「紹介したい人がいる」といった流れで出会いを運んできてくれます。

特に「出会いがある」と言われた時期なら、LINEやビデオ通話などでだけでも繋がっておきましょう。その人から別の誰かに人脈が広がって、運命の人と縁が結ばれるということもあります。

(4)積極的になる

草薙:出会いのある時期というのは、魅力的になる時期だったり、モテ期になる時期であることも多いので、気になる異性には積極的にアプローチをしていきましょう。もし、出会いのある時期が「モテ期」であるなら、高嶺の花と言われる相手や自分とは釣り合わないと萎縮してしまうようなステキな異性とも付き合える可能性があります。この時期を逃すのはもったいないですよ。

(5)幸運な人についていく

草薙:出会いのある時期と言われたなら、幸運な人についていくのもおすすめ。例えば、結婚が決まった幸せ絶頂期の人や、ずっと片思いだった相手に告白された人など。幸せオーラをわけてもらえることで、ますます運気が高まります。

4:占いでわかった運命の人と出会うには?

(1)人との関わりが大切

草薙:四柱推命や算命学などでは、その人それぞれ、「お見合いに縁がある」とか「社内恋愛がおすすめ」といったことはわかりますが、絶対ではありません。

ある程度当てはまるのは、チャンスや人との縁は「人」が運んでくることが多いということ。なので、それまでにどれだけ周りの人といい関係を築けているか、「この人には幸せになってもらいたい」と思ってもらえるかが大事になってきます。

もし、「当分出会いはない」という結果が出ても、そのときは準備期間として備えておくべきです。

(2)優しい人には優しい人

草薙:占いをしていると、「素敵な人と出会いたい」、「優しい人と付き合いたい」という相談はよくあります。しかし、「モテ期」を別にすると、「出会いがある時期」に出会えるのは、自分にふさわしい相手です。つまり、優しい人には優しい人との出会いが訪れることが多いということ。

もし、「こういう人と出会いたい」と思う人物像があるなら、まずは自分がそういう人になるように心がけてみてください。

(3)好かれる努力が大事

草薙:恋人を作りたいなら、好かれる努力をすることが大事。これはすごく当たり前のことなんですけれど、逆のことをしている人が結構多いんです。

「好きな人と付き合いたい」という願望が強くて、自分が納得しない相手には見向きもしないとか。そして、そのほとんどが自分よりも魅力的な人を求めている。

好きな人を射止める努力ではなく、まずは人から好かれる努力をしてみてください。そうすればおのずと、出会いが増えていきます。

5:まとめ

人と人との縁は不思議なもので、どんなに努力しても振り向いてもらえないこともあるし、努力をしなくてもすんなりと付き合えることもあります。いずれにしても、出会ったときに相手に気付いてもらえるよう、そして好きになってもらえるよう、準備しておくことが大事なのかもしれませんね。

【取材協力】

草薙つむぐ・・・書店員の経験から今までに触れた映画や小説などは1000タイトル以上。またスポーツ選手から芸能人まで幅広い人脈を持ち、恋愛コラムニストからも恋愛相談を受けた経験を持つ。手相占い師としても活躍中。