恋のなやみに効くメディア

糖質ゼロでもうまいビールが飲みたい!人気ランキングトップ10発表

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:糖質ゼロのビールとは?

糖質というのは、体のエネルギー源となる重要な栄養素ですが、摂りすぎると肥満につながりやすいともいわれています。そこで出てきたのが、糖質ゼロのビール系飲料というわけです。

ただ、ゼロといってもまったく含まれていないわけではなく、100g(ml)に含まれる糖質が0.5g未満であれば、「ゼロ」と表示可能となっています。

またビール系飲料といっても、今一般に売られているものは大きく3種類。「ビール」と「発泡酒」、そいていわゆる「第三のビール」というもの。こうした分類も見ていきながら、糖質ゼロのおすすめのビール系飲料を紹介していきます。

2:糖質ゼロでもうまい!ビール系発泡酒ランキング

それでは、糖質ゼロのビール系発泡酒をひととおり試してみて、おいしかったものを独自のランキングにして発表したいと思います!

第10位:アサヒビール アサヒ オフ


飲み口が軽いので、スイスイ飲める糖質ゼロのビール系飲料。分類は、いわゆる第三のビールに入ります。やや酸味が感じられて、アルコールの度数も3~4%と控えめなのが特徴。晩酌にはピッタリといえるのではないでしょうか。

第9位:アサヒビール スタイルフリーパーフェクト

ひと口めはややクセを感じるものの、後味は爽やかでスッキリとしています。アルコール度数は6%なので、飲みごたえはバッチリ。しっかりお酒を飲んだという印象になります。なので、少ない本数でも満足できる発泡酒といえるでしょう。

第8位:アサヒビール アクアゼロ


とてもシャープな飲み心地の発泡酒で、口の中を洗い流してくれるようなキレの良さを感じます。揚げ物やこってりとした料理にもピッタリ。ただし食が進んで、せっかくの糖質ゼロが無駄にならないようにしたいですね。

第7位:アサヒビール 贅沢ゼロ

贅沢な麦の味わいが楽しめるのがこちらの商品の特徴。「第三のビール」に属します。鼻に抜けていく香りが爽やか。しかしアルコール度数は6%とやや高めなので、ちょっと酔いたいときの1本にもってこいです。

第6位:キリンビール 淡麗プラチナダブル


「プラチナ」の名に恥じない、上質な味わい。全体的にバランスの取れた、とても飲みやすい発泡酒です。ガツンと飲みごたえがあるというよりは、スッキリした飲み口。お酒を飲みながらのんびり過ごしたい……というときにおすすめかも。

第5位:サッポロビール 極ZERO

糖質だけでなく、プリン体も人工甘味料もゼロ! それでいてしっかり飲みごたえも感じられます。まさに、体重や体型の気になる人にピッタリの発泡酒。ただし、おつまみも進んでしまいそうなので、そこは気をつけたいところです。

第4位:オリオンビール ゼロライフ

この投稿をInstagramで見る

 

オリオンビール(@orionbeer_info)がシェアした投稿


こちらは第三のビールに分類されるビール系飲料。軽い飲み口で、やや薄味にも感じますが、十分にオリオンビール独特の味わいは楽しめます。泡もちを重視しているので、グラスに注いだときの見た目も楽しめるポイントに。

第3位:キリンビール のどごしZERO


商品名のとおり、極上ののどごしが堪能できる第三のビール。プリン体、人工甘味料がゼロなうえ、香料もゼロというのがポイントです。「ビールはのどごし重視」という人にはピッタリ。味わいは、ほんのりと甘みが感じられて、飲みやすい特徴です。

第2位:アサヒビール スタイルフリー

本格的な飲みごたえが感じられる発泡酒。麦の味にこだわっているというだけあって、飲むと口の中に麦のコクと旨みが広がります。それでいて、後味が爽やかで飲みやすいというのもポイントですね。

第1位:キリン 濃い味【糖質0】

日本を代表するビール会社である「KIRIN」がつくるビール系飲料といった1本。糖質ゼロでも、深みのある濃厚な味わいに満足度が高い、第三のビールです。コクも、ほどよい苦みも心地良く、「濃い味」にという商品名にも納得の飲みごたえを感じられます。

3:糖質ゼロビールは太らない?

糖質が太る原因となるのは、糖質のほうが脂肪よりも先にエネルギーとして燃焼されるからです。つまり糖質の摂取を抑えれば、脂肪が燃えやすくなるということ。そうなると、糖質ゼロを謳ったビールを飲めば、大きなダイエット効果が得られるはず。

ただし、アルコールを摂取すると中性脂肪が増え、これもやはり太る原因となるため、飲みすぎは禁物。

また、糖質がゼロだからといってカロリーがゼロというわけではありません。いくら糖質ゼロだからといって安心して飲みすぎれば、次第に太ってしまうでしょう。

4:うまい話には裏がある!

ビールが太るといわれる要因のひとつに、「おつまみ」があります。揚げ物やこってりしたものは、ビールとよく合いますよね。おいしいビールを飲めば、どうしても食べたくなります。

いくら体型を気にして糖質ゼロのビールに変えても、おつまみをたくさん食べてしまったら意味がありません。ということで、結局はおいしい糖質ゼロビールほど、注意が必要かもしれませんね。