恋のなやみに効くメディア

生まれてこなければよかったと思ったことのある人は36%!孤独や辛さから解放されるためには

青木 エイミーA.Aoki

目次

隠す

1:生まれてこなければよかったと思ったことはありますか?

「生まれてこなければよかった」と思うのは、余程の落胆や絶望に近い感情でしょう。では、そのくらいの人がそう思ったことがあるのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20~40代の男女500名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「生まれてこなければよかったと思うことはありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・182人(36%)

ない・・・318人(64%)

3分の1の人は、「生まれてこなければよかった」と思った経験があるようですね。やはりストレス社会ですから、そんなネガティヴな感情に引っ張られることも、少なくないようです。

2:生まれてこなければよかったと思ってしまう理由5つ

実際に「生まれてこなければよかった」と思ったことがある人に、その理由を聞いてみました。

(1)ダメ親っぷりに自信をなくして…

「子どもに当たるつもりがなくても、イライラしてしまうと理不尽に怒ってしまいます。小さいうちはできないことが多いのが当たり前なのに“なんでできないの”とキツく言ってしまったり。

八つ当たりしてしまうことも多く、後からいつもダメな親だなぁとすごく落ち込みます。その落ち込みが深くなると、もう生まれてこなければよかった……と暗い気持ちになってしまいます」(Aさん・49歳女性)

(2)親から「産まなければよかった」と言われて

「教育ママの元で育ちましたが、私自身はあまり勉強の才がなかったようで……。必死に勉強して、なんとか中堅大学に入学しました。ですが、その結果に納得の行かなかった母親に“こんなにしてあげたのになんでよ。産まなければよかった”と言われたんです。

そのときは“生まれてこなければよかった”と本気で思いましたね」(Nさん・24歳女性)

(3)精神的に疲れ切ってしまっていると…

「仕事が長時間労働で、精神が擦り切れてしまうことが多いです。それでそういうときは、SNSで“なんで生きてるんだろう”とか、“もう蒸発したい”とか、かなりやばいことつぶやいちゃってます」(Mさん・23歳男性)

(4)職場でいつも怒られていたり、いじめられた経験がある

「今の会社に勤めるようになってから、毎日のように何かしらのことで怒られています。

“お前は必要ない”とか“役に立たない”というようなことを言われるたび、まるで自分が給料泥棒のように感じるし、貢献できていないように思える。自信をなくしすぎて“生まれてこなければよかった”とたまに思うこともあります」(Tさん・23歳男性)

(5)人付き合いがまるでなく味方がいない

「私はフリーランスなので、自宅で人とほとんど関わることなく仕事をしています。学生のころは勉強にばかり打ち込んでいたので、友達も多くありません。

俗世から離れているというか、まるで人との接点がないので、自分は必要とされているのかわからなくなり、たまに生まれてきた意味がわからなくなります」(Mさん・32歳女性)

3:生まれてこなければよかったと思ってしまったときの対処法5つ

(1)人と関わりを持つ

人はひとりでは生きていけないとよくいいますが、実際、あまりに人と関わりを持たないと、孤独感で精神が不安定になりがち。「自分は必要とされている」という実感によって、生きる意味を見いだせることも多いものです。友達と積極的に会うようにしてみたり、行きつけの店を作ってみたりして、人との関わりを持つようにしてみましょう。

(2)ストレスを発散する

心の余裕がないと人に当たってしまったり、ネガティブなことばかりを考えてしまうことも多いでしょう。しかし、一度ストレスを発散してしまえば、「どうしてあんなことを思ったんだ?」と自分自身に疑問を持つことも。

しっかり寝たり、陽の光を浴びたり、カラオケに行ったり、なんでもいいので自分に合った方法でストレスをこまめに発散しましょう。

(3)人に支配されない意志を持つ

毒親育ちの人は、生まれてくる意味を探しがちです。親というもっとも身近な存在に自分を否定され続けると、そうなってしまうのも仕方がないのかもしれません。

そういう人は、親に支配されない心を持つことが大切です。もし自分を深く傷つける親ならば、そこから離れて自分の考えで行動する意志を持ちましょう。

(4)マイナス発言をやめてみる

「言霊」というものが古くからありますが、マイナス発言は知らず知らずに自分の心を深く傷つけてしまうことが言われています。

「生まれてこなければよかった」という人の多くは、マイナスな発言ばかりをする癖がついている傾向があります。なので、まずはそれをやめるよう努力してみましょう。

(5)時には逃げる

職場や人間関係など、「自分は生きる価値がない」と思わせる環境にいるならば、そこから逃げるのもひとつの手段です。

世間では逃げるのは恥だという考えが浸透していますが、それによって精神が病んでしまったりするなら意味がありません。自分を守るために、時には思い切った行動も必要です。

4:まとめ

「生まれてこなければよかった」と思うのには、何かしらの原因があることが大半です。まずはその原因に向き合うことがから始めてみるのもいいのかもしれませんね。