恋のなやみに効くメディア

Hな女ってどう?男子が夢中になる最高にエロイ女の特徴5つ

大船くじら

目次

隠す

1:自分のことをHだと思いますか?

自分の内面にあるHな感情。それは多くの人が心の中に抱えているものです。Hな自分が気に入っている人もいれば、逆にそんな自分に戸惑いを持っている人もいるかもしれません。

そこで今回『MENJOY』では、20代~30代の女性184人を対象に、独自のアンケート調査を実施。「自分のことをHなほうだと思いますか?」という質問をしました。

結果は以下のとおりです。

思う  ・・・91人(49.5%)

思わない・・・93人(50.5%)

ほぼ半々に結果が分かれました。あくまで自己判断ですから、もしかしたら客観的に見たら「全然Hじゃないよ」とか「いやいやHだよ」といった現象が見られるかもしれないですね。

2:男子が考えるHが最高な女の特徴5つ

(1)男性をのせるのが上手

Hが最高だと感じさせる女性は、男性をのせるのが上手。Hをする前の雰囲気作りから、男性をうまく取り込んでいきます。Hの最中は男性のテクニックに夢中になっている姿を見せて、さらに技巧を褒めたたえて、男性の征服欲を満たします。

実は女性にコントロールされているのに、男性はそれに気づかずに充実感に満たされるのです。

(2)積極的に楽しもうという姿勢がある

男性はH中にいろいろな行為をしてみたり、されたりしたいと考える人も多いです。なのでH中の「それはやりたくない」というNG項目があまりに多い女性に、興ざめしてしまう場合も。

H中にNG行為が少なく、一緒にいろいろなテクニックや体位などを楽しめる女性とのHのほうが楽しめるものです。

(3)大胆かつ繊細な所作を身につけている

Hが上手だなと感じさせる女性は、男性に対する愛撫や、行為中の動きが積極的で大胆。それでいながら男性に痛みや苦しさを感じないような配慮が行き届いています。

Hを貪欲に楽しんでいると見せながら、実のところ、とても繊細。気持ち良くなれる優しいタッチや、ソフトな動きで、男性の心も体も満たしているのです。

(4)見られ方を知っている

Hにおいて、視覚は重要なポイント。男性を視覚的に刺激できるかどうかで、興奮度は左右されるでしょう。その点、H上手な女性というのは、見られ方を知っています。

H中に感じている自分に、恥じらいを持っているような表情を浮かべて男性をキュンとさせる。あえて胸が揺れるような動きをして、興奮を誘うなど、巧みに男性を視覚面で喜ばせます。

(5)相手の気持ちを思いやれる

筆者がHでいちばん大切だと思うのは「思いやりの心」。相手が自分に何を求めているのか理解する心ではないかと思います。自分がしてもらいたいことを、最高のタイミングでする。自分の性癖を満たしてくれる、行為を頼まなくても自然にしてくれる。これが自然にできる女性とのHに、男性は夢中になります。

3:残念ながらHが下手な女の特徴5つ

(1)極端な受け身

Hが受け身で反応も薄い女性がいます。Hの最中は男性に任せて横になっているだけ、男性を喜ばす行為もお願いしないとやってくれない。しかもおざなり……。そうなれば、「本当はイヤなのかな」と男性は不安になるもの。

お互い楽しめてこそ最高のH。受け身すぎると、男性は不満を抱いてしまうでしょう。

(2)雑な愛撫しかできない

Hに対して積極的な姿勢を持っていても、ひとつひとつの愛撫が雑な女性は好まれないでしょう。

Hのときは、体中の敏感な部分を指や口を使用して愛撫しますが、気持ちいいと感じるポイントの多くはデリケート。男女ともに気をつけなければいけない点ですが、愛撫を雑に行うのは厳禁。快感が得られず、痛いだけになってしまいます。

(3)おしゃべり

H中によくしゃべる女性もいるでしょう。裸になっている状態や感じている姿を見られることに対する恥ずかしさを紛らわすために、おしゃべりになってしまうのかもしれません。

しかし大半の男性はH中にしゃべられると、集中を乱されて興ざめしてしまうもの。照れ隠しで笑ってばかりの女性も見受けられますが、これも度を超えると嫌がられるでしょう。

(4)ワンパターン

つきあいが長くなると、Hも決まったパターンに陥りがち。ワンパターンになると流れ作業のようになってしまい、楽しめなくなりますよね。

そんなマンネリなHに疑問を持たない女性もいます。男性がHにマンネリを感じているのに、一緒に新しいプレイを試すことに同意を得られないと、ストレスを感じる場合もあるもの。

(5)自分本位

自分がHをしたければ、男性の都合は気にしない。自分は愛撫してもらいたいけど、相手に奉仕するのはイヤ。自分が満足してしまえば愛し合った余韻などもなく寝てしまう。

Hは可能な限り、お互いが満足できる歩み寄りが大切。自分だけが満足できればそれでいいという自分本位な態度だと、相手はHに不満を持ってしまいますよ。

4:男子が夢中になるH中の女子の行動3つ

(1)キスをせがまれる

「男性は愛がなくてもHできればいい」といわれることもあります。それは真実な面もありますが、男性も女性と同様に愛のあるHがもっとも満たされるという人は多いです。

H中にキスをせがんでみましょう。キスは単なる性欲の解消とは違う、愛し合っている実感が持てるスキンシップ。心が通い合っている実感に男性は充実感を抱きますよ。

(2)男性の技巧に満足しているように見える

男性は自分が気持ち良くなることも大切ですが、女性をどれだけ満足させられるかも、非常に重要視します。女性が満足してくれればオスとして優れているような充実感を持てます。

一生懸命頑張っている、男性のテクニックに翻弄されている姿を見せてみましょう。満足気な男性の顔を見ることができますよ。

(3)自分と気持ちがシンクロしている

Hはコミュニケーションの中で、もっとも濃密といってもいい行為です。気持ちが通い合っているHは、他にない充実感をもたらすもの。

自分が夢中になっているときに、女性も同じように夢中になっている。自分がしたいことを女性もしたいと思っている。自分の気持ちにパートナーが同調していると感じることで満足度はあがります。

5:大切なのは相手を思いやること

優れたテクニックでも、艶っぽい色仕掛けも、求められていないときには相手の心には届きません。効果を最大限に発揮するには、相手が求めているタイミングを見極めること。思いやりの心が大切です。