恋のなやみに効くメディア

恋人と会う頻度ってどのくらい?男女に聞いたリアル頻度と長続きカップルの実態

スザクカナトK.Suzaku

©gettyimages

目次

隠す

1:恋人と会う頻度が減った…別れのサインなの?

社会人になって仕事が忙しくなると、学生時代ほど恋人と会う時間がとれなくなるということは多いです。むりやり時間をつくって会っても楽しくない、体力的・精神的につらい……なんていうことが続くと、「これは別れのサインなの?」と悩んでしまうかもしれません。

しかし会う頻度が少ないから別れる、と短絡的に考えなくても大丈夫! 細く長くのお付き合いで、ラブラブなカップルもたくさんいるんです。

2:【20代、30代、40代】社会人の実態!リアルに彼氏に会う頻度ランキング

『MENJOY』では20代〜40代の社会人の未婚女性128名を対象に独自のアンケート調査を実施。「恋人と会う頻度はどれくらいですか?」という質問をしてみました。それぞれの年代ごとにトップ3を発表します。

(1)20代

第1位:週1〜2回…15人(51.7%)

第2位:月1回未満…7人(24.1%)

第3位:月2〜3回…5人(17.2%)

20代でいちばん多かった頻度は「週1〜2回」でした。回答者の職業の内訳をみるとフリーターの割合が多めだったので、比較的時間が自由になり、デートの都合がつきやすいということも理由のひとつなのかもしれません。

2位は「月1回未満」、3位は「月2〜3回」と一気に激減。「自分も相手も仕事が忙しくて、月に一度会うのも難しい」という女性もいました。

(2)30代

第1位:週1〜2回…23人(40.4%)

第2位:月2〜3回…14人(24.6%)

第3位:月1回未満…9人(15.8%)

30代も「週1〜2回」の回答がいちばん多い結果に。仕事が忙しくても、やりくりしてうまく時間をつくるスキルが身についているのが30代女性なのかもしれません。「月1回未満」と答えた割合も、20代と比べて8.3ポイント減少。恋も仕事もバランス良くこなしている印象です。

(3)40代

第1位:週1〜2回…15人(35.7%)

第2位:月1回未満…14人(33.3%)

第3位:月2〜3回…9人(21.4%)

40代女性の第1位も「週1〜2回」。全体としてみても、恋人と会う頻度は週1〜2回がベーシックということでしょうか。

しかし、40代も「月1回未満」の割合が3割強。20代と比べて9.2ポイント、30代と比べると17.5ポイントも増えています。40代になると、会社での立場も上がり、責任も増えます。そのぶん、恋人と会う頻度が減ってしまうということが考えられます。

3:脈アリなのはどのくらい?付き合う前のベストな頻度

では、友達以上恋人未満といった、まだ付き合う前の段階だと、デート頻度はどれくらいがベストなのでしょうか。女性のみなさんに聞いてみました。

(1)週1回程度

「最低でも週1回は会いたいです。付き合う前からこっちに予定を合わせてくれないなら、付き合ってもうまくいかないと思います」(Aさん・30歳女性/会社員)

(2)月1回程度

「どんなに忙しくても、月イチくらいは予定を合わせられるはず。逆に、月に1回も会えないなら脈ナシでは……?」(Nさん・31歳女性/保育士)

(3)月3回程度

「付き合う前は短期決戦で決めたいな。1か月の間に3回デートして、告白までもっていってほしい」(Yさん・32歳女性/会社員)

(4)週2回

「私は完全週休2日制の仕事をしているのですが、私の休みと合わない人とは,、そもそも付き合えないと思っています。付き合う相手には、自分の休みは全部私のために使ってほしいです」(Rさん・23歳女性/会社員)

(5)3か月に1回程度

「私は1シーズン1回で十分です。ゆっくり仲を深めていきたいので。あんまりしょっぱなからたくさん会いすぎていると、付き合うことになったあと、デートの頻度を減らしづらくなると思いますし……」(Yさん・42歳女性/看護師)

4:忙しい彼氏でもうまくいく?会う頻度が少なくても長続きするカップルがしていること

恋人と会う頻度が少なくても、長続きしているカップルはたくさんいます。そんなカップルの工夫をのぞいてみましょう。

(1)相手の休日に干渉しない

「休日に会えなくても、相手の予定を詮索しないこと。これは、お互いに信頼し合うことにもつながると思います」(Aさん・32歳女性/保育士)

成熟した大人になれば、干渉を嫌う人は多いもの。恋人と別の休日を過ごすときに、相手から「どこに行くのか」「誰と会うのか」など、根掘り葉掘り聞かれると嫌な気持ちになるという人も。長続きするカップルは、相手の休日に干渉せず、自分自身の時間も楽しめるのです。

(2)たまには電話する

「LINEだけじゃなく、たまには電話でコミュニケーションをとること。声を聞くだけで寂しさも紛れます」(Rさん・25歳女性/会社員)

LINEだけでなく、電話でのコミュニケーションも大切。声を聞くことで、あまり会えなくても相手の存在を近くに感じられます。最近は無料のビデオ電話も簡単です。たとえ画面越しでも、動いている相手を見られると、会っているような気分にもなれますよね。

(3)会っているときにたくさん楽しく会話する

「たまにしか会えないぶん、会ったときは愚痴などを言い合うのではなく、会っていない間に起こったお互いの楽しい話をたくさんします。楽しい話をたくさんすればするだけ、楽しい時間の思い出だけが残る。だから私たちは円満でいられると思っています」(Aさん・30歳女性/会社員)

楽しい話をすることは、笑顔の時間につながります。「彼女と会う=楽しい」が結びつけば、長く仲良くいられるに決まっていますよね。

5:まとめ

一般的に恋人と会う頻度は、だいたい週1〜2回が標準のよう。しかし会う頻度が少なくても、工夫次第で長いお付き合いになれるのです。せっかく出会えた彼との縁。会う頻度が少なくても、大切にしていきたいものですね。