恋のなやみに効くメディア

ポリネシアンセックスとは?最高の快感を得られるセックスの方法

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:ポリネシアンセックスを知っていますか?

ポリネシアンセックスといわれても、あまり聞き慣れない言葉に戸惑ってしまう人もいるはず。

そこで『MENJOY』では、20代~40代の男女500名に独自のアンケート調査を実施。そこで「ポリネシアンセックスを知っていますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

知っている・・・64人(13%)

知らない・・・436人(87%)

ほとんどの人が知らないようです。しかし、知らないのはもったいない! ということでそのやり方をご紹介します。

2:ポリネシアンセックスとは?やり方のポイント5つ

ポリネシアンセックスのやり方について、『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者である箱崎キョウコさんにお話をうかがってきました。

(1)ポリネシアンセックスをする期間を決める

箱崎:ポリネシアンセックスというのは、5日間かけてセックスします。といっても、5日間ぶっ通しでセックスをするわけではありません。

1日1時間程度を、このポリネシアンセックスに費やすようなイメージです。なので、まずはポリネシアンセックスを行う5日間を決めましょう。最終日はホテルなど、セックスに没頭できる環境を用意しておくことをおすすめします。

(2)1日目から4日目までは愛撫だけ

箱崎:そしてこれも特徴的ですが、4日目までは愛撫だけに留めておくのです。お互いの性器への愛撫もダメ。キスをしたり、お互いの肌にふれるような優しい愛撫を心がけてください。

もし余裕があるなら、1日目はお互いに30分間ほど見つめ合うだけにして、2日目からライトなキスを行いましょう。そして3日目はディープなキスに、さらに4日目はカラダへの愛撫といった感じにしていくといいかもしれません。最低でも1時間は、じっくりと愛撫をしあってください。

この期間の約束事は挿入はしないことと、性器への愛撫をしないということ。キスをしたり、裸でパートナーと抱き合ったり、耳などの感じやすい場所を刺激する程度に留めておきましょう。

(3)5日目は愛撫と挿入

箱崎:そして5日目ですが、ここで焦ってすぐに本番を行ってはいけません。この日も1時間くらいはじっくりとお互いに愛撫を行いましょう。このときは性器への愛撫もOKです。この時点で感度がかなり高まっていると思いますが、じっとこらえて愛撫の快感を味わってください。

(4)挿入して30分は動かさない

箱崎:愛撫が終わったら今度は挿入です。しかし、ここでも焦ってすぐに腰を動かしてはダメ。挿入してから30分は動かさないでください。お互いの性器がなじむまでゆっくりと待ちましょう。

腰を動かさなくても、徐々に快感を感じてくるかもしれません。ですが、その気持ち良さをじっくりと味わってください。男性が萎えそうになってしまったときだけ、少し腰を動かしてもいいでしょう。

その後はゆっくりと腰を動かしてもらい、快感を味わってください。休憩を入れながら、挿入している時間をじっくりと味わうのもいいでしょう。とにかく時間をかけてセックスを楽しむのです。

(5)セックスの前の食事は少なめ

箱崎:5日目のセックスの前は、食事を少なめにしておくことがポイントとなります。ホテルに行く前にディナーを楽しむこともあるかもしれませんが、満腹になるまで食べないことがベター。ゆっくりと時間をかけるセックスのため、満腹だと眠くなってしまったり、感度が鈍くなってしまったりして、セックスに集中できなくなってしまいます。お酒も飲みすぎないように気をつけてください。

3:ポリネシアンセックスをするメリット3つ

このポリネシアンセックス。メリットはどこにあるんでしょうか?

(1)精神的なつながりを感じられる

箱崎:長い時間をかけてセックスを、しかも愛撫やキスをするため、同じ時間を共有し、かつ優しく愛撫を行うことによって、精神的なつながりを感じられるようになります。

付き合いたてのころのようなドキドキした気持ちを感じることも。ふたりがポリネシアンセックスという目標に向かっていくので、濃厚な時間を味わうことができるというわけです。

(2)マンネリ解消

箱崎:マンネリ解消を行うこともできます。セックスがマンネリ化していくのは、毎回決まったことしかやらなかったり、ワンパターンだったり、お互いのセックスに飽きてしまうから。

そんなカップルがポリネシアンセックスを取り入れることで、新鮮なセックスを体験することができるでしょう。

(3)感度が高まる

箱崎:ポリネシアンセックスの最大のメリットは深い快感を得られること。1~4日まではお互いに愛撫をキスだけに留めているため、ずっと焦らされていることになります。精神的に相手を求める気持ちが強くなり、「早くセックスがしたい」という気持ちになるはず。

そこを我慢することでより欲求を高めることができ、それがセックスのときの快感をもたらすわけです。

4:ポリネシアンセックスのデメリット3つ

メリットがあればデメリットがあるはず。ということでポリネシアンセックスのデメリットについて聞いてみました。

(1)時間がかかる

箱崎:ポリネシアンセックスのやり方がわかれば納得してもらえると思いますが、とにかく時間がかかります。毎日忙しくて、そんな時間は取れないという人もいるかもしれません。そういう人には向かないですね。

(2)忍耐強さが強いられる

箱崎:5日間かけてセックスを行うため、忍耐力が求められます。お互いに長時間愛撫をしていると、どうしても途中で最後までしたくなってしまうでしょう。しかし、そこを我慢しなければいけないため、途中で諦めてしまうこともあるかもしれません。

その場合は、また1日目からやり直さなければいけません。

(3)お金がかかることも

箱崎:意外に思われるかもしれませんが、お金がかかってしまうこともあります。その理由は快感が強すぎるために、男性の場合はすぐに射精をしてしまい、その度にコンドームを付けかえなくてはいけなくなってしまうからです。

また、付け替えに時間を取られると、快感の波が引いてしまうこともあるため、パートナーと相談して自分たちのやり方を模索していく必要があるかもしれません。

5:ポリネシアンセックスを成功させるには?

最後にポリネシアンセックスを成功させる秘訣についてお話をお聞きしました。

箱崎:ポリネシアンセックスを成功させるにはやり始めたらしっかりと最後までやりきることが大切です。途中で諦めてしまったり、我慢できずに最後までしてしまったり……なかなかポリネシアンセックスをやりきることは難しいのです。

時間もとられるために、しっかりとお互いに予定を開けておくことが必要不可欠といえるでしょう。

6:まとめ

ポリネシアンセックスは時間がかかりますが、一度その快感を味わったら普通のセックスには戻れないといえるセックスのよう。しかし、成功させるにはパートナーの協力が必要不可欠です。

よくふたりで話し合ってから、挑戦してみてください。

【取材協力】

箱崎キョウコ・・・某国立大学文学部卒業。在学中からスナック、キャバクラなどでホステスとして勤務し、卒業後もOLをしながら夜の仕事にはげむ。2011年ライターに転身。現在はスナックのチーママでもある。女性の赤裸々なインタビューを得意とし、恋愛コラムニストとして活躍中。『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』、『妄想ひとりHのススメ: 本物より気持ちいい』の著者。