恋のなやみに効くメディア

ノンセクシャルとは?意味と特徴、悩んだときに相談できる機関も

青木 エイミーA.Aoki

目次

隠す

1:ノンセクシャルとは?アセクシャルとの違い

まずは、混同されがちなノンセクシャルとアクセシャルの違いについて見ていきましょう。

ノンセクシュアルは、実は明確な定義が定まっておらず、現在では「他者に対して、性的に惹かれることがない」「性的欲求がない」とされています。

一方、アセクシャルは「性的指向のないこと」「性的な惹かれのないこと」「アセクシャルだというアイデンティティ」などの解釈がされています。どちらも性的に惹かれないことから、同一のものと捉えることもできます。実際に、世間的に見ると同一視している人も少なくありません。

そもそも、セクシャルマイノリティが「性的指向のみを指すか」「性的指向と恋愛指向の両方を指すか」という点では、識者の見解も割れています。

しかし、最近はノンセクシャルとアクセシャルが同一に扱われることを避けるため、アセクシャルの場合は恋愛指向に焦点を当てるようになりました。そのため、「他者に恋愛感情を抱かないこと、あるいはそれに加えて他者に性的な惹かれのないこと」がアクセシャルだとする考えが広まっています。

2:自分で診断できるノンセクシャルの特徴5つ

(1)恋愛感情はある

先ほど「他者に恋愛感情を抱かないこと」としたアセクシャルとは異なり、ノンセクシャルの人は恋愛感情をもつことはあります。「人を好きにならなければいけない」と世間の目を気にしたり、「人を好きになるってどういうこと?」と疑問をもったりすることなく、当たり前に恋愛することも。

その際、同性愛などの恋愛指向を併せもっていることもあります。

(2)他者に性的に惹かれない

ノンセクシャルの人は、たとえ恋人ができたとしても、「好きになったからエッチしたい」といった性的欲求を感じることはないようです。といっても、エッチに対する考え方はさまざまで、性的なことを嫌う「性嫌悪」の人もいれば、他者に性的欲求を抱かないだけで、興味そのものはある人もいます。

(3)エッチができないわけではない

性嫌悪がある場合を除いて、人に対して性的欲求を抱かないだけですので、ノンセクシャルだからといってエッチができないわけではありません。ただし、多くの人がエッチに対して感じている興奮を伴わないので、「いったい自分は何をしているんだろう……」と冷静になってしまうことが少なくないようです。

(4)性関係が理由で交際が終わりがち

一般的にも、どんなに親しい関係であっても自分の性欲について話をすることはあまりないのではないでしょうか。そのため、人と交際をして初めて、自分の性欲が他者に向かないことに気づくノンセクシャルは多いようです。

例えば、交際を始めても、プラトニックなままの状態を続けてしまい、相手が痺れを切らしたり不満をもらしたりすることで悩む……ということが多々あります。

(5)レスになりがち

他者に性的な惹かれがなく興奮がないため、恋人とのエッチについても、「相手のためにすること」という認識になりがち。そのため、夫婦関係や交際関係が長くなると、エッチについて「もういいのではないか」「面倒くさくてしんどい」などの思いから、レスになってしまうこともよくあるようです。

3:相談できる機関は?

(1)アイリスにじいろ電話相談

渋谷区が運営してる、セクシャルマイノリティの相談全般について、専門の相談員が相談に乗っていくれる機関。恋人との関係性などについて相談できます。当事者だけでなく、ノンセクシャルの人をパートナーに持つ人の相談も受け付けています。

(2)SHIP・ほっとライン

NPO法人「SHIPS」が運営する相談窓口。ノンセクシャルであることそのものに不安や混乱などがある場合には、自らのセクシャリティに対して悩みをもつ人を対象にしているので相談にのってくるでしょう。電話相談だけでなく、カウンセリングやイベントも実施されています。

(3)こころの相談

地域市町村などが運営する、公的な電話相談窓口。LGBTに限定されていませんが、悩みを抱えるあまり、精神的につらくなってしまったり、レスなどによってパートナーの精神状態が思わしくなくなってしまったりした場合に、精神科医師、臨床心理士が対応してくれるので、意見を阿仰ぐことができるでしょう。

(4)レインボー・ホットライン

NPO法人である「PROUD LIFE」が運営する電話相談。セクシャルマイノリティというのは、非常に繊細な話題であり、当事者やアライ(LGBTを理解し支援する人)に話を聞きたいこともあるでしょう。そうした場合、セクシャルマイノリティ専門で対応してくれるので、頼りになるかもしれません。

4:まとめ

10人に1人がセクシャルマイノリティだと言われているほど、性的少数者というのは珍しい存在ではありませんし、もちろん病気などではありません。

自分や恋人がノンセクシャルであることに驚いてしまったり、パートナーとの付き合い方に悩んだりすることもあるかと思います。必要に応じて周りに助けを求めつつ、ひとつひとつ解決していけると良いですね。

【参考】

アイリスにじいろ電話相談

SHIPS・ほっとライン

こころの相談

レインボー・ホットライン