恋のなやみに効くメディア

クリスマスカードのメッセージ例文10選!ビジネスや親、恋人へ送る場合

大山奏K.Ohyama

目次

隠す

1:クリスマスカードの書き方は?

クリスマスといえばクリスマスプレゼント。特別な思いを込めて贈りたいなら、プレゼントと一緒に、メッセージをしたためたカードを贈るのもいいもの。日ごろは言えないちょっと恥ずかしいことも、クリスマスカードになら書けるのではないでしょうか。

書き方に特にルールやマナーはなく、基本的には相手のことを思って書けば、堅苦しく考える必要はありません。自然に頭にわいてきた言葉をメッセージにしてしまいましょう。

2:クリスマスカードに使えるメッセージ5選

(1)Merry Christmas!

 

クリスマスカードなら絶対に欠かせないのが「メリークリスマス」という言葉。英語表記でもカタカナ表記でもいいでしょう。

同じような言葉として「Happy Christmas.」や「Happy Christmas and Happy New Year.」というのもメジャーです。

(2)冬本番ですが、お体に気をつけてお過ごしください。

ちょっと年上の人に送るカードには、相手のことを労わるメッセージを添えるといいでしょう。「寒い季節ですが」や「これからますます寒くなりますが」など、言葉はいろいろ選べます。

「風邪などひかないよう」や「体調を崩されませんよう」などもいいですね。また、相手が体を悪くしている場合には、そのことに具体的に触れてあげたほうが特別感が出ます。

(3)素敵なクリスマスと新年をお過ごしください。

クリスマスカードを送ったあと、そのまま休みに入って新年まで会わない関係性の人には、クリスマスカードにそのまま年末年始の言葉を入れてしまいましょう。

送る相手によっては、「ご家族で」や「彼氏(彼女)さんと」などをひと言入れるのもありです。

(4)ご多幸をお祈りしております。

相手の幸せを祈る言葉も喜ばれます。「ご健康とご多幸を」や「ご健勝を」など、送る人にピッタリの言葉は何かを探してみましょう。

(5)いつも楽しい時間をありがとう

友人などに送るならもっとフランクな言葉を使ったほうがいいでしょう。「いつも遊んでくれてありがとう」や「今年はクリスマスに一緒にいられなくて寂しいけど、年が明けたら会いましょう」など、いつも思っているけどなかなか伝えられないことが書かれていると、受け取るほうは嬉しいものです。

3:ビジネスにも恋人にも使える!心のこもった言葉集5選

(1)付き合ったばかりのカップル

 

「今年は○○くんと付き合えたことが、私にとっていちばん幸せなプレゼントでした。これからも一緒にいろいろなところに行って、たくさん思い出を作ろうね」

付き合えたことへの喜びと、今後の願いなどを込めてみるのもおすすめです。

(2)長く付き合っているカップル

「初めて一緒にクリスマスを過ごしてから〇年経ったね。たくさんケンカもしたけど、私はいつも○○くんのことを尊敬しています。これからも飽きずに付き合ってね。愛しています」

長く付き合っているからこそ普段は口に出さないような言葉も、メッセージにして渡すと、気持ちが伝わりやすくなります。

(3)新婚カップル

「結婚してから初めてのクリスマスだね。今年は結婚の準備とかで大変だったけど、これからも末永くよろしくお願いいたします。いつまでも笑いの絶えない家族でいようね」

結婚してから初めてのクリスマスって、これからどんな家族を作っていきたいかを表明するにはピッタリのタイミング。ちょっと背伸びをしたメッセージを送ってみてもいいのではないでしょうか。

(4)結婚して落ち着いたカップル

「メリークリスマス! 今年も1年いろいろなことがあったけど、アッと言う間だったね。このままだとすぐにおばあちゃんになっちゃいそう(笑)。おじいちゃんとおばあちゃんになっても、仲良し夫婦でいたいな。いつもありがとう」

結婚して数年経つと、クリスマスでもそんなに特別なことはしなくてもいいかなという気持ちになりがちです。でもせっかくなら、クリスマスカードくらいは送ってみましょう。いつも一緒にいるから相手に気持ちは伝わっているハズというのは危険ですよ。

(5)感謝を伝える

友達でも兄妹でも会社の同僚でも、お世話になっていると思った人にカードを送るのもおすすめです。

「いつも一緒に楽しいことをしてくれてありがとう」「いつも助けてくれてありがとう」「今年もたくさん相談にのってくれてありがとう」など、感謝の気持ちを素直に伝えてみましょう。

4:英語でクリスマスカードのメッセージを書くなら?カッコイイフレーズ3つ

(1)Merry Christmas and Have a wonderful New Year!

英語でただ「メリークリスマス! 良い年を!」だけだと定型文っぽくなってしまいますよね。そんなときには、形容詞を少しだけ変えてみましょう。「wonderful」の部分は他にも、「cheer(わくわくするような)」や「enjoyable(楽しい)」などが使えます。

(2)You always make me happy!

「あなたはいつも私を幸せにしてくれる」なんて言われたら、これからもずっと一緒にいたいって思いますよね。ほかにも「Your kiss can be the best Christmas gift for me.」「あなたのキスがいちばんのクリスマスプレゼントだよ」というのも、言われてみたくないですか?

(3)May your Christmas wishes come true!

「あなたのクリスマスのお願いが叶いますように」。欧米では、これに似たような表現を言うことが多いようです。

5:クリスマスに愛を込めて

クリスマスって恋人同士のイベントのようにいわれることが多いですが、友達や親や家族にも、愛情のこもったプレゼントとカードを送ることができる日です。

この機会に、日ごろはあまり言えない感謝の気持ちなどをメッセージに込めてみてはいかがでしょうか。