恋のなやみに効くメディア

元彼と会うときの注意点5つ!復縁に持ち込む方法も

スザクカナトK.Suzaku

©gettyimages

目次

隠す

1:元彼と会うときは気をつけることがいっぱい!

復縁したい、友達として会いたいなど、元彼に会う理由は人それぞれあるでしょう。自分の望む関係性を作るためには、まずは相手の心理を知り、それに合わせた対策を練っていくことが大切。

ポイントは、元彼のペースでなく、自分のペースで関係を作っていくことなのです。

2:男性の本音が知りたい!元彼が振った元カノと会う心理5つ

まずは、自分から振った元カノと会う男性の心理を解説します。その真意を知り、適切な対策を考えていきましょう。

(1)寂しいから

元カノと別れてから、心に穴が空いたようで寂しい……。そんな気持ちが湧きやすいのは、現在、恋愛をしていない寂しがり屋の男子。特に、クリスマスやバレンタインといったイベント時期に連絡をしてくるのも特徴的です。

恋愛感情というよりは、ひとりでいることが寂しいだけ。寂しさから復縁する可能性も大いにありますが、同じ原因でまた別れることになるカップルも多いです。

(2)新しい恋愛がうまくいっていないとき

新しい彼女ができたもののうまくいかず、「元カノは良かったな」と思い出して連絡をしてしまう男性も。浮気をして別れた男性に多いパターン。いつでも比較ばかりして、隣の芝生が青く見えるタイプの人は、復縁してもずっと比較し続けます。浮気性は一朝一夕では直りません。

(3)元カノの魅力に気付いたとき

失って初めて、相手の大切さに気付くことはよくあります。ふとした瞬間、元カノの良さに気付き、やり直したいからこそ連絡をしてくるのがこのタイプです。

その優しさにあぐらをかく男性も多いので、相手からしっかり頭を下げてこない限り、復縁はしないほうが良さそう。いつまでも上から目線でいる男はダメンズ確定です。

(4)エッチがしたいから

元カノならいつでもエッチさせてくれると勘違いしている男性って、意外に多いんですよね。連絡してOKが得られた時点で、エッチもOKと思ってしまう勘違い男もいるので注意しましょう。

性欲が強く、俺サマ系の男性に多い傾向があります。会う前に「エッチはしないよ」とけん制するのもあり。相手の思い通りにならないことが大切です。

(5)友達として付き合いたい

恋愛では合わなかったけれど、友達として仲良くしたいと思っているタイプもいます。相手にとって、相当気が合い、一緒にいて楽しかったのでしょう。別れたときも、円満にお別れしていることが多いです。

友達として関係を続けるのもアリですが、こちらに恋愛感情がある場合は、相手に恋人ができたときにつらい想いをすることもあります。

3:元彼とご飯の約束…復縁したいときに注意すべきこと5つ

元彼に会ううえで、「復縁したい」と思っている人ももちろんいるはずです。一度はうまくいかなかった恋愛を再建するのはとても難しいことですから、細心の注意を払いましょう。

(1)自分の気持ちとしっかり向き合う

その「復縁したい」という気持ち、ただの寂しさではありませんか? 復縁後の恋愛を長続きさせるのは難しく、前の別れ以上の大ゲンカが起こってしまうことも少なくありません。

無駄な時間を費やさず、無用なトラブルを避けたいもの。元彼を本当に好きなのかどうか、自分の気持ちにしっかり向き合ってから復縁に望みましょう。

(2)別れの直接的な原因究明と解消

元彼と一度別れたとき、原因となったことはなんだったでしょうか。原因がわからなかったり、特に対処もしないままだったりすると、同じ理由でまた別れを迎える可能性が非常に高くなります。彼に原因があるなら、彼に変わる気があるのかをしっかり確認しておくこと。また自分自身が耐えていけるのかを考えることも大切です。

(3)彼とは「出会い直した」と思うこと

別れた当時の延長線上で元彼と出会っても、あなたは元彼にとって、ずっと「元カノ」のまま。彼との新しい恋愛を始めるような意気込みで、「出会い直した」と思わせることが大切です。

具体的には、見た目からイメチェンしたり、考え方を大きく変えたりと、今までと違う自分をアピールすること。特に相手から振られた場合には、かなり効果的に作用します。

(4)昔のネガティヴ感情を掘り返さない

元彼と作った思い出は、楽しいものばかりではありません。悲しいことやムカつくこともたくさんあったでしょう。しかし復縁を望む場合、そんな悲しみや怒りは封印。思い出話は楽しかったことだけにしておきましょう。

昔のことを掘り起こされて怒られても、男性はげんなりしてしまうだけ。めんどうな女認定されないように気をつけましょう。

(5)すぐにエッチをしない

一度エッチをした関係だと、なんとなくの流れで体の関係を持ちやすいです。「まあ、いいか」と流されてしまうと、お付き合いもしないまま、セフレという泥沼関係に陥ってしまう可能性があります。

断ったら関係を切られてしまうのが怖くて、ついエッチをしてしまう女性は多いです。しかし実は、エッチをするのが復縁までのいちばんの遠回り。流されないように注意しましょう。

4:元彼と友達として会うときの注意点3つ

元彼と友達になるのはとても難しいこと。なぜなら、男の人のほうが過去の恋愛を引きずりやすいから。どちらかが恋愛感情を持っていると、友情はなかなか成立しません。

しかし友達に戻るのは無理ではありません。以下に気をつけて、元彼との友情を築いてみましょう。

(1)恋愛話をできるだけしない

恋バナを始めると、なんとなくお互い”恋愛モード”になりやすくなります。異性であること、付き合っていたときのことを意識しだすと、恋愛感情もよみがえりやすいです。

友達として付き合いたいなら、恋愛話はまったくナシの方向に努めましょう。お互いに恋愛を意識しないほうが、友達としてお付き合いがしやすくなります。

(2)距離感に気をつける

お互い恋人同士であった間柄ですから、元彼との距離感は、自然と近くなりやすいです。しかし、他の友人たちと同じ距離感で接するように努めましょう。

自分がなんとも思っていなくても、勘違いしやすい男性もいます。「もしかしてまだ俺のことを好きなのかも」と思われると、友情が成立しなくなりますのでご注意を。

(3)最初は複数人で会う

最初はふたりきりで会うよりも、複数人で会ったほうが友達に戻りやすいです。ふたりで会うと、どうしても付き合っていたときの空気感が出てしまいます。

ふたりきりでなく、第三者が存在することで、友達に戻るための良いカンフル剤となってくれます。友達としての空気感ができあがれば、ふたりで会っても友達として接しやすくなりますよ。

5:まとめ

難しい元彼との関係。会ったときの対応によって、どんな関係性になれるかが決まってきます。復縁したいのか、友達に戻りたいのか。自分の望む関係をはっきりさせ、適切なアプローチができるように努めましょうね。