恋のなやみに効くメディア

主体性がない女性はモテない?特徴と主体性をもつ方法

大船くじら

目次

隠す

1:主体性とは?意味と同意語

「主体性」という言葉は日常でわりと聞いたり、使用されたりしている言葉ではないでしょうか。なんとなく意味はわかっている人も多いとは思いますが、改めて辞書で意味を調べてみましょう。

しゅたい-せい【主体性】の解説

自分の意志・判断で行動しようとする態度。「主体性のない人」「主体性をもって仕事に取り組む」

出典:デジタル大辞泉(小学館)

これを見ると、主体性のある人とは「自分の考えをもって行動できる人」といえると思います。つまり、「主体性のない」とは、「自分の意志がなく、みずから判断して行動ができない女性」といえるでしょう。

2:主体性がない女性はモテない?特徴5つ

(1)何を聞いても「なんでもいい」

主体性がない女性は、行きたいところ、食べたいもの、やりたいこと、何を聞いても「なんでもいいよ」と答えます。気を遣っているのかもしれませんし、本当になんでもいいと思っているのかもしれません。

デートプランなど、多少でもヒントをもらえるほうが、男性としては助かるもの。それに「なんでもいいよ」と言われると「あまり乗り気ではないのかな」と感じる場合もあります。よほど好きな女性でもない限り、積極的にアプローチしよういう気持ちは湧いてこないものです。

(2)自分のことも人任せ

自分のことも決めることができずに、人に決めてもらおうとする、主体性がない女性もいます。何かにつけて「どっちがいい?」「どうしよう?」などと人に意見を求めるだけではなく、決めてもらおうとするのです。

この態度は恋愛の場面でもマイナスポイント。頼られることを嬉しく思う男性は多いですが、これは度が過ぎています。正直、面倒くさい」と思われてしまうでしょう。重大な決断なら他人に相談するのは当然です。しかし、大人の女性なら最終的な決断は自分でしてほしいものです。

(3)好きなのか気持ちが不明

アプローチをしているときや、恋人として交際しているとき、自分のことを好きなのかどうか、読めない女性がいます。デートに誘うのはいつも自分から、好きな気持ちを伝えるのもいつも自分から。このような状態が続くと、男性としては愛されている実感がもてないです。

主体性がない女性は、自分からはたらきかけることや、自分の意志を表に出すのが苦手な人が多いです。そして、その特徴はときに恋人を苦しめてしまうことも。恋愛面では大きなマイナスです。

(4)彼氏に影響されすぎる

交際している彼氏の影響を極端に受けてしまう女性もいます。それまで興味がなくても、彼氏が好きだからという理由で、趣味や好みをマネしたり、彼氏好みのファッションに変更したりなど……。

ある程度は趣味や好みを共有できるのは男性も嬉しいもの。しかし、あまりに自分に影響を受けすぎる女性に対しては、少し引いてしまうかもしれません。「自分の意志がないのかな」と、彼女の主体性がない行動に疑問を抱いてしまうのです。

(5)男まかせのエッチ

主体性がない女性というのは、性生活でもパートナーまかせの傾向が見られます。これも男性にとっては好ましくない態度でしょう。誘わないと自分からは求めてこない、エッチの最中も常に受け身で、楽しんでいるのか判断できない……それでは男性は冷めてしまいます。

「本当はイヤなんじゃないか」とか「楽しんでないのかな」と不安を抱きながらするエッチは、心の底から楽しむことができないでしょう。男性は自分が高まっている気持ち以上に、彼女の気持ちも盛り上がってほしいと考えているのです。

3:主体性がない自分を変える方法5つ

(1)「なんでもいい」は卒業する

男性から希望を聞かれたら、何かしら意見を発する習慣をつけましょう。「なんでもいい」という返答では相手も困ってしまいますし、人まかせで失礼な印象もあるでしょう。

初めは難しいかもしれませんが、デートで行きたい場所や、食べたいものなど聞かれたら、明確に決められなくても、男性がチョイスするヒントになる意見を提案してください。「静かなところに行きたい」とか「さっぱりしたものが食べたい」だけでも男性は助かるものです。

(2)気になる人には自分からアプローチする

主体性がないと悩んでいる人は、受け身の恋愛から抜け出しましょう。成り行きに任せて、好きでもない人となんとなく交際してしまった……という経験がある人もいるのではないでしょうか。

主体性がない自分を変えたいなら、気になる男性には自分からアプローチする気持ちをもつこと。デートに誘うとか、好きだと伝えるのは難しいかもしれません。まずは、自分から話しかけるなど、積極的に親しくなる努力をしましょう。

(3)一般論に縛られない

自分で考えて行動することが苦手な、主体性がない女性は、世間の一般論に従った行動や、考え方に収まってしまいがちです。それが悪いこととは限りませんが、恋愛に関しては、男性から見て「平凡でつまらない女性」に映ってしまうこともあります。

ルールを破れとか非常識な行為をすすめるわけではありません。しかし、あまり一般論に縛られて、自分の本当の気持ちを隠し過ぎるのはやめましょう。本来もっている魅力に気づいてもらえなくなります。

(4)ときには衝突も辞さない

彼氏と意見がかみ合わないときがあると思います。そんなとき、ケンカになるくらいなら自分から折れたほうが、面倒なことにならなくていいと考えて、妥協するクセがついていないでしょうか。

ケンカばかりのカップルも問題ですが、お互いが意見を主張できない関係も問題ありです。納得できないときは自分の意見を主張するのも大切。自分に主体性がないと感じているなら、自分の気持ちを伝えることを意識をするのがおすすめです。

(5)好奇心に忠実になる

主体性がないことが災いして、興味を持ったことや、やってみたいことに踏み出せないという人もいると思います。他の誰かが決めてくれなくても、みずからの好奇心に忠実に行動してみるのもおすすめ。新しいことに挑戦することで主体性をもてるようになります。

好奇心旺盛で、いろいろなことに挑戦する人は、輝いて見えるもの。男性の目から見ても、何事にも興味がなさそうな女性より、魅力的に見えるでしょう。

4:主体性を持てば恋愛にも役立つ

主体性がない女性は自分で決断して行動するのが苦手。その性格が災いして、恋愛でも損をしてしまう場合があります。今回紹介した考え方を参考にして、主体性を身につけてください。恋愛にもきっと役に立ちますよ。