恋のなやみに効くメディア

何をしてもつまらないと思ってしまうのはなぜ?理由と心理学者が教える対処法

平松隆円R.Hiramatsu

目次

隠す

1:何をしてもつまらない…

恋人もいて、仕事もいくつかプロジェクトを抱えている。そんな人は、日々の生活が充実しているように思えます。ですが、当の本人からすると、いろいろとすることはあるけれど、何も楽しいことがないと思っているかもしれません。

そしてそんな人は、つまらない毎日がずっと続いて、将来的にも何もない人生だったらどうしようと、不安に思っているかも……。いったいどうして、そんなふうに思ってしまうのでしょうか。

2:人が仕事もプライベートも楽しいと思えなくなる理由5つ

それでは、人が仕事もプライベートも楽しいと思えなくなる理由について考えていきましょう

(1)毎日が同じことの繰り返し

何も楽しくない、つまらないと思ってしまうことのいちばんの理由は、毎日が同じことの繰り返しで変化がないことでしょう。朝起きる時間も、会社に行く時間も、家に帰ってくる時間もいつも同じ。そして仕事だって、同じような作業の繰り返し。そんな生活だったら、誰だって飽きてしまいますよね。そして、それがこの先もずっと続くのかと思ったら、不安になっても仕方ありません。

(2)やりたい仕事じゃない

1日24時間というのは誰だって同じです。その大半の時間を仕事を占めているという人も多いでしょう。毎日同じような仕事をしていたら飽きる人もいるかもしれませんが、それでも好きなことだったら楽しいかもしれません。

ですが、好きでもない仕事、やりたくもない仕事を毎日やっているとしたら、つまらないと感じても当然です。つまらないどころか、苦痛とさえいえるでしょう。

(3)人間関係がうまくいっていない

仕事をしている場合、仕事をする会社の人間関係も大事です。高校生や大学生のとき、勉強は嫌いだけど友達と会えるのが楽しくて学校に行っていたという人は少なくないでしょう。それは大人になってからも同じこと。仕事の内容自体に満足していなくても、会社の人間関係が充実していたら、それなりに楽しく思えます。

(4)しがらみが多い

しがらみというのは、言い換えると人目のことです。会社での立場が私生活に影響して、自分を抑えてしまっているという人もいるでしょう。またプライベートでも、家族や友達の前で、「私は、こうしなくちゃダメ」みたいな役を演じてしまって、自分をさらけ出せない人もいます。

例えるなら、本当は焼き肉が食べたいのに、周囲の「あなたは野菜とか好きなんでしょ?」というイメージに応えようと、焼き肉を我慢しているような状態です。こういう人たちは、本当に自分がしたいことができず、毎日の生活をつまらなく感じてしまいます。

(5)自分がわからない

いちばんやっかいなのは、本当は自分が何をしたいのか、どうしたいのかわかっていない人です。

つまり、自分が楽しいと思えることがいったい何なのかわからないということ。食事に出かけたときに、自分が何を食べたいかわかっていない状態と同じかもしれません。提案されても、どれもいまいちピンとこない。だけど、何を食べたいかと聞かれても答えられない。それは、自分の好みを自分でわかっていないからです。

3:気持ちをどうもっていくべき?心理学者が教える対処法3つ

何をするにしてもつまらないと思っている人は、それを克服するためにはどうすればいいのでしょうか。その対処法をお伝えします。

(1)新しいことに挑戦する

いちばん簡単なことは、新しいことに挑戦することです。とはいえ、これは簡単なようでなかなか難しいもの。というのも、無意識のうちに自分の好みが影響して、結果的にはいつもと同じようなことをしてしまうから。なので、遊びに行く場所、食べるもの、することを思いきって友達などの他人に委ねてしまいましょう。そのとき大事なことは、友達の提案に決してノーとは言わないことです。

(2)うらやましいなと思った人とつながってみる

仕事やプライベートでもし、「あの人はなんか楽しそうでいいな」という人が近くにいたら、その人と仲良くなってみましょう。どうすれば、物事を楽しむことができるか、その人から学ぶことができるかもしれません。

(3)つまらないことをやめる

毎日の生活のなかでつまらないと感じていることから、自分を遠ざけてみましょう。結果的にこれによって、何か新しいことに挑戦するということにつながるのですが、つまらないと感じていることをやめることによって、生活に変化が生まれます。大きな変化である必要はありません。朝起きる時間を変えてみるとか、通勤手段を変えてみるとか、そんな小さなこともでいいんです。

4:まとめ

毎日が楽しくてしかたがないような生活を送るのは、なかなか難しいかもしれません。ですが、ささいな変化でも、毎日の生活の中でつくることができれば、つまらなさから脱却できるかもしれません。まずは何か行動してみましょう。