恋のなやみに効くメディア

洗剤用ボトルのおすすめ8選。食器・洗濯用洗剤ボトルやラベルのアイデアも

コマツ マヨM.komatsu

©gettyimages

目次

隠す

1:洗剤ボトルは詰め替えておしゃれに!

洗濯用洗剤や食器洗いなど、洗剤のボトルというは、特に生活感がでやすいアイテム。とはいえ、見えないように棚の中などにしまってしまうと、取り出すのに時間がかかって、途中で挫折してしまうことも。素敵なボトルであれば、出しっぱなしでもサマになるのに……思う人も多いでしょう。

そんなニーズを受けて、最近では、統一したデザインのボトルに詰め替えて、生活感のないおしゃれな生活にこだわる人も増えています。どうせなら形やデザインにこだわったり、統一感を持たせたいと思いますよね。

2:100均でも!洗濯用洗剤ボトルのおすすめ5選

そのままでも使える洗剤ボトル。正直なところ「わざわざ詰め替え用ボトルに高いお金を出すのも……」と感じている人もいるでしょう。そこで100円ショップなどで買える安価なものを中心に、おすすめの詰め替え用ボトルをご紹介します。

(1)ダイソー 洗濯洗剤詰替ボトル

この投稿をInstagramで見る

 

ダイソー公式アカウント(@daiso_official)がシェアした投稿

ダイソーから出ているのは、透明キャップ+白のボトルの詰め替えボトル。600mlとたっぷり入るので、どのメーカーの洗剤であっても、しっかり収まるのではないでしょうか。たっぷり入ったほうが詰め替える回数が減るのでうれしいですよね。

(2)セリア 詰め替えボトル

セリアの詰め替えボトルは、ダイソーより100ml小さい、500mlサイズ。こちらも透明キャップ+白のボトルで、形もほぼダイソーのものと変わりません。若干ボトルが柔らかいような気がしますが、100円ショップで買えるものと考えればとても優秀です。

(3)無印良品 衣料用洗濯洗剤

この投稿をInstagramで見る

 

MUJI無印良品(@muji_global)がシェアした投稿


詰め替え用ボトルではないですが、使い終わった後に詰め替えボトルとして使っているという人が多いという、無印良品の衣料用洗濯洗剤のボトル。とてもシンプルで、「さすが無印!」と言わざるを得ないデザイン。容量は約560mlです。

よくある洗剤ボトルとは違い、すっきりとしたデザインにスクエアフォルムがおしゃれですよね。

(4)ニトリ 洗濯洗剤用詰め替えボトル

ニトリの詰め替えボトルは、円柱型の白いボトルに透明キャップ。容量は500mlで1,314円(税込)です。ボトルだけで1000円オーバーということを考えるとう〜ん……という感じもしますが、定番商品なので、汚れたり破損したときに同じ形のものを買い換えられるのは嬉しいですね。円柱型の750mlのタイプで1,518円(税込)のものもあります。

(5)サラサデザイン ランドリーボトル

この投稿をInstagramで見る

 

sarasa design store 公式アカウント(@sarasa_design)がシェアした投稿

サラサデザインの洗濯洗剤用ボトルは、シンプルだけど工夫があるスクエアシルエット。インスタでも愛用者がたくさん写真を投稿していて、詰め替え用ボトルブームを牽引しているアイテムといっても間違いないでしょう。

洗剤ボトルを置く場所によってはボトルが大きすぎたり、置き場所が高いとボトルが重くて取り出しにくい……なんていうこともありますよね。このボトルは、使い勝手に合わせて選べるSサイズ(500ml)・Mサイズ(700ml)・Lサイズ(1000ml)の3種類。

付属のシールがまたおしゃれ! 上から見てもわかりやすいキャップ用シールもついています。

3:食器用洗剤ボトルのおすすめ3選

キッチンは、ランドリースペースよりもさらに人目につきやすい場所。生活感の出やすいエリアだからこそ、食器用洗剤ボトルもおしゃれにしたいですよね。こちらもおすすめのボトルを3つご紹介します。

(1)無印良品 食器用洗剤 約250ml

生活感のない生活雑貨といえば、無印良品は欠かせません。洗濯洗剤と同じく、食器用洗剤のボトルも飾り気のないシンプルさが特徴。こちらも詰め替え用ではなく中身が入っていますが、使い終われば詰め替え用ボトルとして使用できます。キッチンの生活感を見事になくしてくれるおしゃれなボトルです。

(2)Umbra オット センサーポンプ L

この投稿をInstagramで見る

 

Umbra(@umbra_design)がシェアした投稿


北米のインテリアブランド「Umbra(アンブラ)」の「オット センサーポンプ」は、手をかざすだけで自動で洗剤を出してくれる洗剤ポンプ。

汚れた手で使うと食器用洗剤のボトル自体も汚れてしまいやすいものですが、こちらはボトルに手を触れないので衛生的。ちょっと未来感のあるスタイリッシュなデザイン。デザイナーズ住宅のシステムキッチンにマッチしそうです。

(3)サラサデザイン スクィーズボトル

この投稿をInstagramで見る

 

sarasa design lab(@sarasadesignlab)がシェアした投稿


洗濯用洗剤ボトルでもご紹介したサラサデザイン。食器用洗剤詰め替えボトルの「スクィーズボトル」は、洗剤を絞り出すように使える柔らかいシリコン製のボトル。シンプルな形とマットな質感のボトルは、置いておくだけでとってもおしゃれ。

ボトル自体が柔らかいので、落としてもキッチン周りや床が傷つく心配がないのもうれしいです。

4:洗剤ボトルのおしゃれなラベルの作り方3つ

(1)ラベルシールを購入する

詰め替えボトルがブームになっているのを受け、詰め替えボトル用ラベルもたくさん登場しています。100円ショップなどはもちろん、ネットショップでもたくさんのラベルシールが手に入ります。英字でデザインされたものから、無印良品をイメージさせる文字だけのシンプルなシールまでたくさん。

(2)ラベルプリンターを使う

ラベルプリンターの代表的存在「テプラ」などで作る方法も。文字を打つだけでラベルが作れる優れものですが、そのほかにも最近はいろいろなメーカーからラベルプリンター(ラベラー)が登場しています。かわいいフォントを使ったり、背景色を変えたりしてオリジナルラベルが作成可能です。

(3)アプリで作成

スマホアプリでラベルを作成するという方法も。アプリで作成したデータをスマートフォン対応のプリンターからシール用紙に印刷するという方法や、スマホ専用のラベルプリンターなどもあるよう。そのほかに、アプリで作成したデータを運営会社に送信して後日出来上がったシールが送られてくるというものもあります。

自宅にプリンターがある人は前者の方法、プリントやシール用紙の購入が面倒な人は後者の方法がおすすめです。

5:洗剤ボトルの捨て方は?

洗剤ボトルの破棄方法は、それぞれの素材によって異なります。詰め替え用洗剤ボトル購入時についている商品タグやラベルに「プラ」などの素材名が明記されているので、必ずチェックをするようにしましょう。

基本的にはプラスチック製のものが多く、その場合は中身を軽くすすいでプラゴミとして出す場合が多いですが、シリコン製のものやそれ以外のもの、異素材を組み合わせているものについては、自治体のゴミ分別ルールに従いましょう。

6:エコの意識も高まる詰め替え用ボトル

数回分の詰め替え洗剤を購入して詰め替え用ボトルに詰め替えれば、なくなるたびにボトルを買う手間も省け、ゴミの量も減り、節約にもつながってエコ意識も高まりますね。

今回紹介したアイテムで気になるものがあった人は、ぜひチェックしてみてくださいね。