恋のなやみに効くメディア

ニキビや角栓除去でツルスベ肌になるには?正しいケア方法とNGな処置

松田優Y.Matsuda

©gettyimages

目次

隠す

1:黒ニキビは角栓が酸化して変色したもの

毛穴に詰まっている角栓。この角栓の表面が空気に触れて酸化すると、毛穴の表面が黒くなったようにみえます。これがいわゆる黒ニキビです。

黒ニキビは炎症を起こしているわけではないので、痛みはありません。しかし、毛穴に皮脂が詰まっている状態なので、放置したままでいると、見た目が悪いだけでなく、ニキビの初期段階である白ニキビになってしまう可能性もあります。

できてしまうとテンションも下がり、治るまで時間もかかりがちなニキビを作らないためにも、普段からの正しい角栓ケアが重要です。

2:ピンセットで抜くなんてダメ!角栓のNGケア3つ

毛穴の角栓が黒ずんで、気が付いたらいちご鼻! 今すぐどうにかしたいですよね。でも毛穴はとってもデリケート。なので、雑にいじってしまうと取り返しのつかないことになることも……。絶対にやってはいけない、間違った角栓ケアの方法をご紹介します。

(1)角栓を自分で抜く

角栓が目に見えると、どうしても気になりますよね。指やピンセットで無理やり角栓を押し出したり、引き抜いたりしたことがある人も多いと思います。

でもそれは絶対にやってはダメ! 無理やり角栓を押し出すと、皮膚が傷つき、炎症を起こしてしまいます。炎症はニキビにもつながりやすいので、肌に負担がかかる方法で抜くのはやめましょう。

(2)角栓パック

自分で抜き取るのがダメなら、鼻に貼って角栓をきれいに抜き取る市販のパックはどうでしょうか。

よく取れるからといって、使用頻度を破って、毎日のように使うというのはNGです。肌を痛めてしまうことになるので、適切な回数を守りましょう。

(3)洗顔のしすぎ

皮脂には主な役割がふたつあります。ひとつめは、皮膚にバリアを張って水分の蒸発を防ぐとともに、外部の刺激から肌を守ること。ふたつめは、皮膚の常在菌に分解されることで、皮膚の表面を弱酸性に保つことです。

1日に何度も洗顔をして皮脂を取り除いてしまうと、皮膚が乾燥し、毛穴が広がってしまう原因に。そして、毛穴が広がると角栓ができやすくなってしまいます。

3:ニキビの芯や角栓を除去する正しい方法5つ

一度できた角栓は、一度のケアですぐにきれいになるものではありません。根気強く正しいケアを続けて少しずつ毛穴を閉じていく必要があります。そこでここからは、角栓を除去するための正しいスキンケア方法をご紹介します。どのケアも、ケア後の保湿や引き締めはいつも以上にしっかりすることを忘れずに!

(1)ホットタオルを使ったクレンジングで除去

顔全体にクレンジング剤を馴染ませたら、そのまま顔にホットタオルを乗せて3分ほど放置。そのままホットタオルでクレンジング剤を軽く拭き取ったら、ぬるま湯で顔をすすいで洗顔を行います。クレンジング剤を馴染ませた毛穴を温めることで角栓にもしっかり馴染み、角栓が落ちやすくなります。

クレンジング剤はクリームタイプがおすすめ。長時間メイクをしていた日などのスペシャルケアにもいいでしょう。

(2)洗顔前のホットタオルで除去

いつもの洗顔の前に、ホットタオルで毛穴を開かせることで、角栓を除去しやすくさせるのもひとつの手。ホットタオルは、濡らしたタオルを電子レンジで1分程度温めるだけで簡単に作れます。1分ほどホットタオルを乗せて顔を温めると、毛穴が開きます。そのあと、いつもどおりの洗顔を行ってみてください。

(3)重曹を使った洗顔で除去

重曹は、粒子が細かいので毛穴のケアでも役立ちます。食用か薬用のものを使うのがポイントです。

方法は、泡立てた洗顔料に、重曹をひとつまみ混ぜ合わせるだけ。あとはいつもどおりの洗顔をすれば、細かい粒子が毛穴の奥の角栓を掻きだしてくれます。ゴシゴシ洗いは厳禁。いつも以上に優しく洗いましょう。回数も週に1~2回程度にとどめてください。

(4)重曹パックで除去

角栓除去にもっとも高い効果が期待できる方法が重曹パック。顔全体ではなく、角栓やニキビが気になる場所だけにしましょう。

重曹と水を混ぜ合わせ、お肌に塗っても垂れない程度のペースト状にします。鼻周りだけをパックするなら、重曹は大さじ2杯ほど。気になる場所に乗せて10分ほど放置した後、ぬるま湯で流したら、洗顔と保湿をしっかりとしてください。

重層洗顔と同様に、週1~2回ほどのペースで十分です。

(5)綿棒とオイルで優しく除去

指などで無理に押し出すのはダメですが、どうしても角栓を取り除きたい場合は、綿棒を使いましょう。

洗顔をして肌の汚れを落としたあと、ホットタオルなどで顔の毛穴を開かせます。そのあと、オイルをたっぷり染み込ませた綿棒を角栓が気になる部分に寝かせて当てて、くるくると優しく動かします。

オイルは保湿用のものがなければ、添加物の入っていないオリーブオイルやココナッツオイルでもOK。絶対に肌をこすらず、オイルを角栓に馴染ませるイメージでやってみてください。

4:まとめ

角栓を取り除くには、毎日正しいケアを続けていくしかありません。今すぐどうこうしようと思わず、ていねいなクレンジングや洗顔、そして十分な保湿を毎日根気強く続けていきましょう。

さらに週に1~2回、今回ご紹介したようなスペシャルケアを行うことで、きっと理想のすべすべの肌に近づくことができますよ!