恋のなやみに効くメディア

別れる原因・理由は?別れの前兆とタイミング&別れる方法

東城 ゆず。Y.Tojo

©gettyimages

目次

隠す

1:別れるべきか悩んだことはありますか?

恋人のことを「もしかして好きじゃないかも」と自覚したとき、別れがふと頭をよぎることもあるでしょう。では実際に、どのくらいの人が、別れを考えたことがあるのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、現在、お付き合いしている人がいるという、20~40代の未婚男女137名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「付き合っている人と別れるべきかどうか、悩んだことがありますか?」という質問をしてみました。

結果は、以下のとおりです。

ある・・・79人(58%)

ない・・・58人(42%)

他人同士ですから価値観の違いから衝突することもありますよね。順調に交際が進んでいるように見えても、別れを考えることもあるようです。

2:別れるべきか…別れる原因・理由ランキングTOP5

好き同士で付き合ったにも関わらず、別れに至ってしまった原因はなんなのでしょうか。とても気になりますよね。

『MENJOY』では、20~40代の男女208名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「過去において、最も好きだった恋人と別れた原因は何ですか?」という質問をしてみました。その結果をランキング形式で見ていきましょう。

5位:好きじゃないと気づいた・・・29人(5.8%)

好き同士で付き合っているはずなのに、恋人の熱量に対して自分がそれほど入れ込めなかったりすると、ふとした瞬間に「好きじゃないのかも……」と思うことがあるようです。

4位:他の人を好きになった・・・35人(7.0%)

「いちばん好き!」と思っていても、出会いはある日突然やってきます。それまで好きで付き合っていた恋人が霞んでしまうくらい、素敵な相手と出会ったときは「別れたい」と思うこともあるでしょう。

3位:結婚という未来が描けない・・・37人(7.4%)

交際のゴールが結婚である場合、「この人との結婚はない」と判断したところで、付き合う意味を見出せなくなってしまうことも。「結婚したい」という思いがあって、目の前の恋人がそれに相応しくない存在だとすると、「この人と付き合う意味はあるのかな」と思い悩む人も多くいるようです。

2位:遠距離になって・・・44人(8.8%)

遠距離恋愛になって、物理的に交際を続けることが難しくなる人もいるようです。「一緒についていく」というのも結婚を視野に入れているなら選択肢のひとつ。ですが、自分の仕事や家庭環境によっては難しいこともあるでしょう。

1位:相手の浮気など異性の存在・・・63人(12.6%)

恋人の浮気などが原因で、泣く泣く別れることになる人もいます。恋人に「他の人が好きになった」と言われれば受け入れるしかないのが現実。本当に自分が好きな相手と付き合って幸せを噛み締めている中、とても切ないアクシデントですよね……。

3:彼氏彼女が別れを考えている前兆5つ

(1)デートがつまらない

「別れが近づいているときは、相手も意識してそうしていると思うけど、“デートがつまらないな”と感じます。デートプランも代わり映えしないし、向こうのテンションが低いので、会話も盛り上がりません」(Mさん・21歳女性/大学生)

(2)連絡が減る

「私が別れを考えているときは、好きでいてくれる彼氏に悪い気がして、“いい加減な気持ちでLINEできない”と思います。だから連絡が減っちゃいますね。だから、向こうから頻繁にLINEがくると、テンションについていけなくて……」(Hさん・29歳女性/美容師)

(3)自分を見る表情が変わった

「彼はいつもデートの最中、笑いながら頷いてくれたり、私が話していることも愛おしそうに笑顔で聞いてくれていたんです。でもあるときから、無表情で一定のテンションになりました。“もう私のこと好きじゃないんだろうな”と雰囲気で察しました」(Wさん・31歳女性/経理)

(4)デートの約束をしてくれない

「別れを考えているときは、デートに余計なコストをかけたくないし、会う必要もないかなって思います。だからデートの約束をしないですね。だって、冷めた相手に、わざわざ会いに行く理由がありませんから」(Mさん・19歳男性/アルバイト)

(5)ケンカが増える

「他人同士ですから、価値観の違いはあると思います。それでも好きだから、理解しようと努力しますよね。でも、俺は別れを考え始めたら、そこまで彼女に寛容になれないので、ケンカが増えます」(Sさん・35歳男性/自営)

4:別れる時期はいつが多い?カップルが別れるタイミングのあるある5つ

(1)相手に飽きた

付き合いが長くなってくると、付き合い始めた当初のようなトキメキが減ってしまいがち。トラブルがあったときも、その先が予想できてしまい期待が持てないことも。恋人との関係性が安定してしまうと、「どうせ〇〇だから別れようか」と考え始めることもあるようです。

(2)仕事が忙しい

仕事というのは、恋愛にも大きく関係してきます。休む間もないくらい仕事が忙しいと、コンスタントに連絡してくる恋人が途端に煩わしくなることも。また、転職して休日に変化があったりすると、それまで確保できていたデートの時間をとることが難しくなることもあるでしょう。

(3)遠距離恋愛になった

仕事で異動になった、親の介護が必要になったなど、遠距離恋愛になってしまうことも少なくありません。それまでは、トラブルがあっても会うことで解決できていたのに、それがなくなることで付き合いが難しくなることもあるようです。

(4)倦怠期

付き合っていると、特に理由はないのにケンカになってしまうような時期があります。思い返してみれば、ふたりの間には楽しい思い出もたくさんあるはずなのに、「相手を嫌いになりたくないから別れる」という苦渋の選択をする人もいます。

(5)他の異性が気になった

別の人が気になり始めたときに、付き合っている恋人への思いが冷めていることを実感することもあるでしょう。付き合っている人がいるのに、他の異性が気になるという罪悪感から「浮気になる前に別れよう」と決心する人も。

5:手紙がいい?理由の言い方は?上手に別れる方法5つ

(1)電話で伝える

別れが近づいているときは、パートナーと意見の食い違いが起こることもあるでしょう。自分が腑に落ちないタイミングでラリーが止まってしまうメッセージでの別れ話より、電話のほうが、その場で完結する可能性が高いです。思っていることや要求を、あらかじめ手元のメモに書いておくことでスムーズに別れ話を進められます。

(2)LINEでひと言

一方で、メッセージで伝えるほうが、相手の表情や声色がわからないので淡々と別れを告げられるという人もいます。情に流されてしまって、いつまでも曖昧な関係が続くくらいなら、潔く別れてあげるのも思いやりのひとつ。中途半端な関係が続いていて、別れられないほうが相手にとってはつらいはず……という考え方もあります。

(3)手紙で思いを簡潔に伝える

手紙に自分の意志を綴れば、冷静に自分の思っていることを伝えられます。書くという手間がかかっているので、相手からしてもそれほど冷たい印象は受けないでしょう。しかし、手紙はものとして残るので、内容には注意をしたほうが良さそうです。

(4)直接会って伝える

これまで付き合ってきた相手に敬意を示したい場合は、直接別れを伝えるのがベストでしょう。顔を合わせて話すほうが、感情もこもりやすいからです。デメリットは、直接会って伝えることで、相手の言い分にも耳を傾けなくてはいけないこと。情に流されないようにしたいものです。

(5)自然消滅を狙う

どうしても別れを伝えられない状況にある人は、自然消滅を狙うのも手段のひとつでしょう。連絡やデートの回数を意図的に減らしていくことで、相手が「もしかして別れたいのかな?」と察してくれる可能性もあります。ただ、誠実な対応ではないので、可能であれば「ちゃんと別れを告げるべき」だと筆者は思います。

6:別れる理由がないけど別れたい…そんなときの言葉は?3つ

(1)「友達に戻りたい」

「彼女は僕のことがまだ好きなので、別れて絶縁状態というのは納得してくれないと思いました。だから“友達に戻ろう”と話しました。友達としては関係を続けることができるという解釈もできるし、彼女の人格を否定しなくて済むと思うので」(Sさん・19歳男性/アルバイト)

(2)「別れる理由はないけど別れたい」

「彼氏には、正直に“別れる理由は特にないけど別れたい”と話しました。そのうえで、ドキドキしなくなったことなど、彼氏として見れなくなったことも伝えるようにしました。私の気持ちの問題だからと彼氏も納得してくれました」(Aさん・35歳女性/看護師)

(3)距離を置きたい

「自分の気持ちが曖昧で、相手を思いやることもできないときは“距離をおきたい”と伝えます。これといって理由がないときに、便利な言葉ですよね。別れをダイレクト伝えているわけでもないですし」(Mさん・21歳女性/大学生)

7:【夢占い】別れる夢の意味は?

『MENJOY』過去記事『別れの理由や原因は?スマートな別れ話の仕方と別れる夢の意味・別れの曲』でも紹介しているように、夢の中で恋人と別れるというのは、その人が自分にとって「別れたくないほど、大事な存在」ということを表しています。

別れにつながらないために恋人にどう接していくべきか考えると、不安も少し和らぐかもしれませんね。

8:別れがあれば出会いもある!

別れようと思って付き合う人はいないもの。しかし、ふたりの環境や相性の問題で「別れ」を選ぶ場合もあるでしょう。途方もない悲しみに包まれてしまいますが、「別れがあるから出会いもある」と思えると、少しは前向きになれるかもしれませんよ。