恋のなやみに効くメディア

シャイな男性の脈ありサインは?シャイな男女の特徴と落とし方

青木 エイミーA.Aoki

目次

隠す

1:自分はシャイだと思いますか?

日本人は人見知りが多い……とよく聞きますが、実際、どれくらいの人が自分のことをシャイだと思っているのでしょうか。

今回『MENJOY』では、20~30代の男女476名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「自分のことをシャイだと思いますか?」という質問をしてみました。結果は以下のとおりです。

思う・・・315人(66%)

思わない・・・161人(34%)

およそ3人にふたりは、自分をシャイだと思っているようです。内気で損をしてしまったり、言いたいことが言えなくてチャンスを逃したりというシチュエーションを実感しているのかもしれませんね。

2:シャイボーイとシャイガールとは?シャイな男女の特徴5つ

(1)話しかけるのが苦手

シャイな人は、自分から話しかけたり、電話をかけたりすることが苦手です。相手が受け入れてくれるタイミングなのかどうか……ということを考えてしまうので、自分からグイグイいくことができません。ついつい、相手から話しかけてくれたらいいのに……と思ってしまうのです。

(2)自分の感情を表に出さない

例えば、好きな人が目の前にいても、周囲に「好き」という気持ちがバレることが恥ずかしい。そのため、なんとも思っていないようなふりをしてしまうのです。好き避けしやすいタイプといえます。

(3)心配性で奥手

「もし失敗したら……」と、最悪の事態を想像し、身動きができなくなるというタイプも多いです。恋愛においても、「もしかしたら脈ありだと自分が勘違いしているだけかも」「相手に舞い上がっていると思われたら情けない」など、さまざま考えてしまって何もできません。

(4)自己完結しがち

人に聞く、意見を言うということをできるだけ避けたがるという特徴もあります。そして、気になることや不満があっても、「きっとこうなんだろうな」と勝手な思い込みで自己完結してしまいがちです。

しかも、ネガティブ面で自己完結がはたらくので、思い込みが激しい、頑固と思われることもあるでしょう。

(5)仲がいい人とはよく話す

一度打ち解けた相手には心を許し、気さくに話しかけることができます。そのため、仲がいい人とそうでない人との態度の差は大きいでしょう。

仮に、仲がいい人と一緒に、自分はあまり仲が良いわけではない人がいた場合に、大人しくしているか、あるいは仲のいい人とだけ話してしまいがちです。

3:脈ありサインは?シャイな男性からのアプローチ方法5つ

シャイな男性は、好きな人に対して、どのようなアプローチをすることがあるのでしょうか。男女に話を聞いてみました。

(1)よく目が合う

決して自分から話しかけてくることはなく、あるいは自分から声をかけないと話をしないのに、よく目が合うという場合には、脈ありの可能性が高いです。

シャイな人は自分からアプローチできないため、好きな人の一挙一動を目で追ってしまい、気づいたらじっと見つめていることが多々あります。そして、視線に気づかれるとすぐに目をそらしてしまうのです。

(2)楽しそう

自分から話しかけられなくても、待っているので、話しかけると楽しそうに会話をします。自分の話をしたりはしませんが、よく笑い、「うんうん」と肯定的に女性の話をとにかく聞くことで、好きな人のことをもっと知ろうとするのです。

(3)話した内容を覚えている

男性は、情報交換を好むので、人が話した他愛のない話はあまり覚えていなかったり、内容は覚えていても誰が話していたかまでは忘れていたりすることは多いです。しかし、好きな人のことは少しでも知りたいので、話した内容をしっかり覚えています。これはシャイ男性でも言えることです。

(4)さりげなくフォローする

例えば仕事で失敗したときに、わざわざ「自分も関わったから」と一緒に怒られてくれたり、「彼女は自分の指示に従っただけなので」とフォローを入れてくれたりするなら、好意がある可能性が高いです。他の人にはしていないのであれば、確実かもしれません。

(5)SNSでは積極的な人も…

言葉は口から出してしまえば取り返しがつかず、また、自分の照れる顔などを相手に見られるリスクがある、と考えて会話は消極的になりがち。ですが、文章はしっかりと読み直したり、ボタンひとつを押す勇気を得るだけでメッセージを送れたりするので、SNSを通して好きな人と仲良くなろうとする人も一定数います。

4:シャイな男性を落とす方法3つ

(1)積極的に声をかける

人見知りで打ち解けにくいからこそ、仲良くしてくれる相手を特別視する傾向があります。積極的に話しかけることで、「いい人だな」と好感をもたれるようになるでしょう。

内輪以外の人と話すだけでドキドキしてしまうタイプなので、吊り橋効果を狙うこともできるかもしれません。

(2)彼の良いところや好きなものを探る

あまり自分のことをオープンにできないからこそ、彼の良いところを褒めたり、彼の好む話題を提供したりすると、「自分のことをよく見てくれている」と思い、「もしかして自分のことを好きなのかな?」と気にしてもらえることでしょう。

(3)ふたりきりのときを狙う

周囲の目を気にするあまり、アプローチができなかったり、舞い上がって好意がバレて付き合うことができなかった結果、周りに笑われるのではないかと思ったりと、あらゆる心配をします。

そのため、ふたりきりのときを狙ってアプローチをすると、自分の内面を少しは見せてくれたり、逆に、「今がチャンス!」とアプローチする勇気を得て、ちょっと積極的になってくれたりすることがあります。

5:シャイを英語でいうと?

シャイは外来語ですので、英語でもそのまま「shy」と表記します。

他にも、自信がない、おどおととしたという意味をもつ「diffident」や、臆病ものという意味の「timid」などが、日本語のシャイに近いでしょう。

6:まとめ

シャイボーイやシャイガールの脈ありサインは気づかれにくいことが多いです。ですが、視線や態度をよーく見ると、「おやおや?」と感じられることあります。

また、好きな人への恋心もすぐに諦めてしまいがちですから、シャイな男女を好きになったら、自分から積極的にアプローチするといいでしょう。