恋のなやみに効くメディア

【美容モテマーケ連載#3】男性256人の結論!「チークを塗ったメイク」と「塗っていないメイク」はどっちがモテる?

並木まきM.Namiki

1:男子256名に聞いた!、チーク(頬につける化粧品・頬紅)をしている女子は好き?

ふわっとした甘さのある雰囲気や、血色感のあるヘルシーな印象にしてくれるチーク。

顔立ちに立体感を生み出してくれることもあって、メイク好き女子にとっては必須アイテムですよね。レッドやピンク、オレンジなどカラーバリエーションも多く、お気に入りのチークを毎日使っている女子も多いでしょう。

では“モテ”だけにフォーカスするとしたら、チークって人気があると思いますか。ということで、『MENJOY』でアンケートを実施、調査してみました。男性256人の答えはいかに……?

Q:女性のチークについて、「つけている」「つけていない」ならどちらが好きですか?

画像:筆者私物

チークをつけている・・・86人(34%)

チークをつけていない・・・170人(66%)

「ひと目で、“チークつけてるな”ってわかる真っ赤なほっぺは、頭が悪そうな感じがして苦手です。正直、口紅は飛び出してるから色を塗りたいって気持ちわかるんだけど、チークってなんでつけるのか、よくわからないですね」(Hさん・37歳/飲食業)

「頬にはあんまり色がないほうが、ナチュラルに見えると思います。個人的にケバいメイクが嫌いなので……パッと見た印象で、ハグしたときに服に化粧がくっつきそうって思って、ちょっと引いちゃいます」(Jさん・39歳/専門職)

「会社にすっぴんのままできて、血色の悪い顔の子っているじゃないですか。キレイかどうかっていうよりも、体が弱そうで心配になります。メイクでもいいので、血色感があるほうが、好感度は高いんじゃないですかね」(Rさん・32歳/メーカー)

「照れたような、ほろ酔いしているような、ほっぺがほんのりピンク色の子って、単純にかわいいですよ。僕はチークを入れている女の子、好きですね」(Mさん・35歳/小売)

男性はチークに「メイクしすぎ」を感じている

今回のリサーチの結果、一定数の評価はありましたが、「チークをつけていない頬」のほうが強く支持されていました。

基本的にナチュラルかわいい女性がタイプという男性が多い日本、メイクにも保守的で、チークをつけている顔を見ると、「この子、メークしすぎ」というスイッチが入るようです。

でも「チークレス」で職場やデートに行く勇気がない…どうすれば?

とはいえ、コメントにもあったように、血色感を出すにはもちろん、立体感をつくるのにもチークは必須ですよね。「チークを塗っていない頬」がモテる、のではなく、「メイクしてる=派手、非モテ」としか考えられない男性に、どうすればチークをつけているのを感じさせないか、ということをポイントに考えてみましょう。

そこで私、並木まきが「チークレスっぽく見える頬」が簡単に作れる太鼓判な名品をご紹介します。それは……?

2:モテる「チークレス風肌」が簡単きれいにつくれるベストアイテムはこれ!

(1)SUQQU ピュア カラー ブラッシュ<119 蜜柑重>

画像:筆者私物

折り紙をイメージしたという鮮やかな色の組み合わせ。コンパクトを開けたときに気分が上がるデザインですが、発色はソフトで、自然な立体感が出しやすい逸品。男性目線だと「チークレス」に見えやすい仕上がりが簡単に実現できます。

イエローは、控えめなハイライトとしても使いやすいカラー。デートメイクにメリハリを出したいときには、頬の高めの位置に、さっとブラシで掃くようにするのがおすすめの使い方です。

(2)キャンメイク グロウフルールチークス<12シナモンラテフルール>

画像:筆者私物

プチプラで大人気のキャンメイクの「グロウフルールチークス」は、肌色を問わずに使いやすい万能カラーが多い、いわずと知れたロングセラーアイテム。新色の<12>は、まるでつけていないかのように透明感のある肌に見せかけて、しっかりと光沢感が出せる新たな名品です。

面長さんは左右の頬骨を繋ぐイメージで顔に横線を描くように、丸顔さんはこめかみあたりから頬中央にかけて縦に入れるのがおすすめです。

3:「チークレス」に見せる裏技はコレ!

チークを使わずとも、健康的かつ立体感のあるメイクが完成する女子はいいとしても、チークを使わないと明らかに顔色が悪く見えるなど、不健康そうなメイクになってしまう場合、やはり手放せないアイテムですよね。

男性にとって、実際にチークを使っているのか、使っていないのかはさほど重要ではなく、「自然かどうか」がカギ。なので、いかに「ナチュラル見せ」を狙うか。もっといえば、手をかけているのに「すっぴん見せ」ができることが、モテるメイクへの近道♡

モテ術として「チークレス」に見せる最大の裏技は、“発色が弱く、光沢のあるチーク”を使うこと。それを覚えておけば、シーズンごとにトレンドが移り変わっても、男ウケ視点で失敗しないチーク選びが叶います。

メイクをしているのに、「すっぴんがきれい」な錯覚を起こさせるような「自然な頬」が手に入りますよ。

時短美容家並木まき

一般社団法人 時短美容協会代表理事。時短美容家として、数多くの連載も手がける。東京都出身。28歳から36歳まで千葉県市川市議会議員を務め、政治家を引退。フードアナリストやヨガインストラクターなど、美容に関連する数多くの資格も保有。「食と美容」との関係や、メンタル心理カウンセラーの有資格者として「メンタルと美容」の関係など、多忙な現代女性たちが、時短で美しくなる研究を進めている。TwitterFacebook、Instagramもチェック!