恋のなやみに効くメディア

セックスレスハラスメントとは?セックスを拒む男性心理と解決策

並木まきM.Namiki

目次

隠す

1:セックスレスハラスメントとは?「今日も拒まれてます」って何のこと?

「セックスレスハラスメント」という言葉を知っていますか? ハラスメントには、夫婦間でのモラハラやカジハラのほか、介護が必要な人に対するシルバーハラスメントなどさまざまなものがあります。しかし50種類以上あるといわれるハラスメントのなかに、セックスレスハラスメントは含まれていないようです。

それだけ認知度が低いのかと思いきや、ネットでの注目度は高いよう。それは、『今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメント嫁日記~』という漫画が人気だから。

これは、交際9年目の彼氏と同棲中の漫画家である著者・ポレポレ美さんが描く作品で、一部はネットでも無料で読むことができます。彼氏がエッチをしてくれない悩みや、それに対して試行錯誤する様子がリアルで、恋人とのセックスレスに悩む人たちの、大きな共感を呼んでいます。

2:セックスを拒んでくる男性心理5つ

(1)新鮮さを失った

パートナーに対して新鮮さを失ってしまい、性欲減退につながってしまうという男性もいます。特に、ハンター精神が刺激されないと性欲が沸かないタイプの男性の場合には、パートナーに「慣れた」がイコール「飽きた」となり、性欲の対象になりにくいようです。

(2)パートナーに女性らしさを感じなくなっている

パートナーに異性としての魅力を感じなくなると、性的な対象ではなく、単なる「同居人」や「戦友」のような感覚になり、セックスを拒むという男性も珍しくありません。別れを考えているわけではなくても、どうしてもスイートな気持ちになれず「好きなのにセックスができない」と悩んでいる男性もいます。

(3)年齢的、体力的に億劫になった

年齢的、体力的に衰えを感じ始めると、セックスをするのが億劫に感じてしまう男性も。「エッチをした翌日の仕事がつらい」「セックスをすると、体力を奪われて体調を崩す」などといった、切実な事情によってセックスを拒んでしまうケースもあるでしょう。

(4)愛情が冷めた

性欲が愛情と直結するケースでは、気持ちが冷めたことから、セックスを拒む男性もいます。まだ別れるか否かを悩んでいる段階では、そういった迷いを表面には出さないものの、セックスはできない状態になっている人も散見されます。

(5)他に女性がいるor好きな人がいる

他に交際している女性がいたり、好きな人がいたりする場合には、その女性への思いから、パートナーとのセックスを拒む人もいます。

3:セックスレスハラスメントをされたらどうする?解決策5つ

(1)ムードを作ってみる

したいのに拒まれているという場合には、まずは彼が「したい」と思えるようなムードを作ってみてはどうでしょうか。一緒にお風呂に入るように提案してみたり、ムーディーな映画を見て、その気にさせてみたりしましょう。ムードを重視したレス対策が成功する可能性は、決して低くありません。

(2)しばらく放置してみる

あの手この手の工夫をしても、効果が見込めない場合には「しばらく放置」で様子を見るのも選択肢でしょう。繊細な問題だけに、環境や感情に変化が生じるのを待てば、相手の態度に変化が生まれる場合も珍しくありません。

(3)話し合ってみる

きちんと話し合える仲なのであれば、思い切って話し合いをしてみるのも方法です。「私はしたい。だけど、なんでしてくれないの?」と、ハッキリとその理由を尋ねてみると、意外なところに原因があるとわかることも。聞きづらいことですが、それを乗り越えてラブラブに戻ったカップルだっているのです。

(4)シチュエーションを変えてみる

いつも同じようなシチュエーションで拒まれ続けているのであれば、旅行に出かけるなど、シチュエーションを変えてみるのも方法です。新鮮な環境のサポートによって、彼の「したいスイッチ」がオンになる可能性も望めるでしょう。

(5)彼のハンター精神に火を付ける

「したい、したい」と誘い続けてしまうと、彼の中で「コイツは、俺にゾッコンだ」といったおごりが生まれてしまう場合も。こういう場合には、あえて彼のハンター精神に火を付けるような不可解な行動に出てみるのもアイデアです。

「他に男性がいそう」「うかうかしていると、よその男性に奪われそう」と思わせるような状況を演出することで、彼のハンター精神に火がつき、拒まれなくなる可能性も見込めるでしょう。

4:セックスレスハラスメントで離婚はできる?

「セックスレスハラスメント」を理由に離婚することは、物理的には可能だと考えられます。離婚というのは、双方の合意があれば成立します。話し合いの過程において「セックスレスハラスメントを理由に離婚したい」との申し出に対し、相手側の了承が得られれば、離婚届を提出することで、離婚が成立します。

とはいえ、慰謝料を請求して離婚したいとなると、相手が支払いに応じてくれない場合には、話し合いが難航する可能性も高いです。

5:「セックスレスハラスメント」に悩んだら…

セックスしたいのに、パートナーに拒否されることは、当事者にとっては深刻な問題ですよね。「したい」からといってパートナー以外の異性としてしまえば、浮気や不倫になりますので、自然な欲求である性欲をどう解消すべきか、悩む人も多いでしょう。

ハラスメントかどうかは別として、セックスレスは意外と身近にある悩みのひとつ。大きな問題になる前に、ふたりで解決していけるといいですね。