恋のなやみに効くメディア

両思いで付き合わないのはなぜ?両思いなのに付き合わない理由10選

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:両思いなのに付き合わない、付き合ってないけどお互い好きとは?

誰かを好きになったら、その人とお付き合いしたいと思うのが普通ですよね。しかし、両思いになって、それをお互いが認識していても、なんらかの事情によって付き合わないという選択をする人たちもいるようです。

両思いなのになぜ付き合わないのか、その理由についてお話を聞いてきました。

2:既婚だから付き合えない?両想いなのに付き合わない理由10個

(1)相手が既婚者だった

「今の職場に新卒で入ったときに、メンターとして、仕事を教えてくれた先輩がいたんです。ある日、その人のことが好きだってことに気がついて、思い切って告白しました。

そうしたら、“ごめん。俺には嫁がいる”って言われて……。“実は俺もずっと好きだったんだ。でも、これ以上一緒にいたら間違いを犯してしまいそうだから、上司に異動をお願いした”って……。切なかったです」(Yさん・24歳女性/会社員)

(2)そういう時代だった

「私の祖母は6年くらい前に亡くなったのですが、お葬式で母親から“悲しい恋を経験した”という話を聞きました。おばあちゃんは幼馴染の男性のことが好きで、向こうもおばあちゃんを思っていたみたいです。

結婚の話も出たようなのですが、戦争が始まって、その男性も戦地に赴きました。そしてある日、戦場で亡くなったという知らせが届いたそう。そしておばあちゃんは戦後に縁談話が来て、結婚しました。

でも、幼馴染の男性は終戦から5年後くらいに、帰ってきたんですって。混乱の中で、情報が間違っていたとか……。

その話を思い出すたびに、私の悩みなんて小っちゃいなと思います」(Rさん・33歳女性/会社員)

(3)転勤してしまった

「職場に好きな人がいて、ふたりで飲みに行っては仕事の相談を聞いてもらっていました。気持ちは伝えていなかったのですが、同僚から“彼、キミのことが好きだって”と聞いていたので、告白してくれるのを待っていました。

でもそうしているうちに、彼に転勤の辞令が出て、遠く離れた九州に。最後にその人と会ったときに“ずっと好きだった。でも、九州までついてきてくれとは言えないや”と言われました。勇気を出して、私から告白していればよかったのかなってちょっと後悔しました。でも、仕事が楽しくて仕方ない時期だったし、やっぱりついてはいけなかったかな」(Kさん・26歳女性/会社員)

(4)バレンタインのメッセージを読むのが遅かった

「高校生のころ、気の合う女友達がいて、よく一緒に遊んでいました。そうしたら、“あいつら付き合ってんの?”とか“両思いじゃん!”とか冷やかされるようになって。そのうちに、本当に好きになっちゃったんですよ。

そしてバレンタインデーのときに、机の中にチョコが入っていたんです。誰にも見られないようにバッグの中にしまって、それで家に帰ってから中身を開けてみました。そうしたら、その女友達からだったんです。

“わかってると思うけど、ずっと好きでした”って書いてあった。でも、そのメッセージには続きがあって、“放課後、教室で待ってます”と書いてあったんです。

後悔しましたよ。急いで学校に行っても、もう間に合わない。それから、その子とは気まずい感じになっちゃって、4月にはクラス替えでバラバラに……。何もないまま関係は終わりました」(Aさん・19歳男性/学生)

(5)恥ずかしくて

「高校生のころ、同じクラスに好きな人がいたんです。よく隣の席になっていた子で、話も合うし、盛り上がって“お前ら、うるさい”なんて、よく先生からも注意されていましたね。

あるとき、その子から告白されたんです。でも下校途中で、クラスの人が見ていたのもあって、恥ずかしくて、“俺たち、そういうんじゃないじゃん”って言っちゃったんです。もう本当に後悔してます。なんであんなこと言っちゃったんだろうって」(Eさん・18歳男性/学生)

(6)受験勉強の邪魔になると思った

「高校3年生のころに、仲のいい男の子がいました。お互いに励ますような感じで受験勉強をしていたのですが、あるとき、“好きだから付き合ってほしい”と言われました。

でも、受験勉強に集中しないといけないから“今は受験勉強に集中したい”と伝えました。もちろん私も好きでしたが、やっぱり受験勉強をおろそかにはできないし……。そのとき、“じゃあ、受験が終わったらまた告白する!”って言ってくれたのですが、私は第一希望に合格したものの、彼は浪人決定しちゃって。

それからは連絡も取らなくなって、疎遠になっちゃいました」(Kさん・19歳女性/学生)

(7)禁断の恋だった

「僕は高校教師なのですが、教員採用試験に合格する前に、非常勤講師をしていました。そのときに、生徒から告白されたことがあります。とてもかわいらしい子で、自分にはもったいないような女の子でした。

この関係じゃなかったら絶対にOKする相手だったし、自分も彼女のことが気になる面もありましたが、さすがに立場上、付き合うことは無理でした」(Wさん・28歳男性/公務員)

(8)起業のタイミングと重なってしまった

「職場に好きな女性がいたのですが、社内恋愛は禁止だったのでお互いにいい距離感を保っていました。そして、30歳になるときに独立することにしたんです。自分の事務所をもって仕事をしようと。

そのとき、その子のほうから告白されたのですが、本当にタイミングが合わないものですよね。独立の準備で忙しいし、仕事に集中したかったので、恋人をつくることが考えられずに、お断りしました。新しいビジネスだったので、失敗したらと考えると、ちょっと恋愛する気になれなくて。

でも、今でも彼女のことを思い出すことがあります。もう俺のことは忘れていると思うんですけどね」(Nさん・34歳男性/経営者)

(9)病気になってしまった

「28歳のときに、ちょっと大きい病気にかかったんです。そのタイミングでとある女性から告白されたのですが、付き合うわけにはいきませんでした。もちろん、自分もその人のことが好きでしたし、付き合いたい気持ちもありましたが、彼女に自分の病気を背負わせるわけにはいきませんから。

時間はかかりましたが今は回復したので、あのとき、ちょっと甘えてみてもよかったのかなって少しは思いますね」(Dさん・35歳男性/会社員)

(10)周囲の反対

「いつだったか、ひと目惚れをしたことがありました。本当にかわいくて、“この子だ”って思いました。よく、“相手とは出会ったときにビビッときた”とか言うじゃないですか。多分、そんな感じ。向こうも俺と目があったときに驚いた表情をしていたんです。

周りの人から話を聞くと、“向こうも気になってるみたいだ”ということがわかりました。“ビビッときた”という感覚を共有していたのかもしれません。

でも、周りの人から“あの子はやめとけ”と相当言われましたね。どうやら、身持ちのよくない子って評判だったらしくて、彼氏がいるのに浮気をしたりとか、奔放な人だったようです。だから、相当悩みましたが、諦めました」(Hさん・27歳男性/会社員)

【関連記事】

両想いの確信がほしい!想い合うふたりの特徴・雰囲気からわかる両想い診断

3:まとめ

今回は「両思いだけど付き合わない」という選択の理由についてご紹介しました。恋愛はタイミングともいいますが、両思いでも、タイミングが合わないと恋愛に発展しないこともあるようです。

そう考えると、相思相愛のカップルになることって、実は奇跡的なのことかもしれませんね。