恋のなやみに効くメディア

アバンギャルドは褒め言葉?そう思われる人の特徴と意味、対義語

大山奏K.Ohyama

目次

隠す

1:アバンギャルドとは…前衛的?意味と対義語

(1)アバンギャルドとは?英語で言うと?

「アバンギャルド」という言葉を聞いたことがありますか? ファッションなどの分野で使われているのを耳にしたことがある人も多いでしょう。まずは辞書で意味を調べてみました。

アバン‐ギャルド(〈フランス〉avant-garde)

《軍隊用語で、前衛・尖兵の意》

1 第一次大戦後、欧州に興った芸術革新運動。抽象芸術・シュールレアリスムなどに代表される。前衛派。

2 前衛芸術。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

もともとはフランス語ですが、同じつづりで英語にもなっています。

ちなみにこの言葉、軍隊用語が芸術用語に転用されたこともあり、単なる「最前線」や「最先端」という意味だけでなく、「今までの物を壊して進む」というような、少し攻撃的な意味合いも含まれていることがあるようです。

(2)アバンギャルドの同義語、対義語は?

アバンギャルドの同義語としては、「新機軸」や「前例のない」「新時代的な」などが当てはまるでしょう。

対義語としては「コンサバティブ」が挙げられます。「保守的な」という意味で、よくファッションでも使われる、いわゆる「コンサバ」です。

2:アーティストっぽい?アバンギャルドと言われる人の言動の特徴6つ

言葉の意味ばかり見ても、実態がよくわからない……という人もいるでしょう。ここからはアバンギャルドな人について、男女に語ってもらいました。

(1)何でも自動化しようとする

「私が知っている、いちばんアバンギャルドな人は、AIなどが騒がれる前から、なんでもプログラミングで自動化しようとしていました。

自分自身でプログラミングを学んでいて、例えば過去1年間に記録した行動を元に、次の年の同じ日に“そろそろ●●する時期ではないですか?”とパソコンにメッセージを表示させるなど……。かなり時代を先取りしていますよね」(Yさん・28歳女性)

(2)ファッションが奇抜

「あるとき、同僚の女性とプライベートで会ったら、“こんなの誰が着るんだろう”っていうような服を着ていてビックリ。仕事中はそういうイメージがなかったので……。でも聞いてみたら、私服は比較的そういう変わった服ばかりを選んでいるそうです。

スタイルもいいし美人なので似合うんです。でも私なんかには絶対に着こなせないって感じの服です。一歩間違えると、街でひとりパリコレみたいになりそうな感じ」(Kさん・34歳女性)

(3)アイディアが独特

「会社のミーティングで、いつも誰も思いつかないようなアイディアを出す人がいますね。たまに上司に気に入って採用されるけれど、たいていは“現実性がない”とか“万人受けしなさそう”などの理由で却下されています。

でもやっぱり誰でも思いつくようなアイディアだけじゃつまらないから、僕はその人のことをかなり評価していますよ」(Tさん・30歳男性)

(4)マイペース

「長い間付き合っている友達にひとりいるのですが、とにかくマイペースですね。学生時代から嫌なことは嫌だからって授業をすっぽかしたり、遊びに行きたいって出かけた場所が、何もない草原だったり。

ちょっと何考えているかわからないです。ただ、いつも話は楽しいし、一緒にいて飽きないタイプです」(Sさん・31歳男性)

(5)写真がうまい

「昔からアバンギャルドだなぁって思っていた友達が、最近カメラにハマってSNSによく写真をアップしているんです。その写真がとにかく個性的で吸い込まれるんですよ。

ただのありふれた光景を映しているだけなのに、何であんなに違うんだろうって感心しています。きっと、見えている世界が違うんだろうなぁって」(Fさん・27歳女性)

(6)夢が大きい

「アバンギャルドって表現が正しいかどうかわからないのですが、語る夢が大きいというのは思いますね。

“お金を稼ぎたい”って漠然と言うのではなくて、“お金を稼いで海外に学校を建てたい”とか、“宇宙に旅行に行きたい”とか。そのための行動力も凄まじいので、周りも簡単に否定できないんです」(Wさん・33歳男性)

3:アバンギャルドなファッションとは…特徴3つ

(1)ハッキリした色使い

色はモノトーンまたは、原色に近い派手な物を使っていることが多いのが特徴です。普通では思いつかないような色の組み合わせは、見た人の印象に残りやすいでしょう。

(2)大ぶりのアクセサリー

アクセサリーは服と調和しつつ、ひとつひとつが個性を主張するような大ぶりの物が使われることが多いです。幾何学的な形をしていたり、身近にあるけれど誰も選ばないようなモチーフを使っていたりすることもあります。

(3)美しさの追求

日本のアバンギャルドなブランドといえば「COMME des GARÇONS(コムデギャルソン)」を思い浮かべる人も多いかもしれません。

コムデギャルソンのファッションは、クラシカルな物に新しい風を吹き込んでいます。ただ奇抜なだけではなく、何をどう見せると美しくなるのかをとことん追求していく姿勢が、まさにアバンギャルドなのではないでしょうか。

4:アバンギャルド挑戦してみる?

アバンギャルドな人になるのは難しいかもしれません。ですが、アバンギャルドなファッションならば、今日からでも取り入れられそうです。

人と同じではつまらないと感じているなら、ちょっとイメージチェンジをしてみても面白いかもしれませんよ。