恋のなやみに効くメディア

女性の本気汁の正体とは?愛液や潮吹きとの違いや本気汁が出たエピソード

番長みるくM.Bancho

©gettyimages

目次

隠す

1:本気汁って何か知ってますか?

エッチの最中、女性が本気で興奮したときに、本気汁がアソコからあふれ出す……という話を耳にしたことがある人もいるかもしれません。しかしそれは、体液や愛液と何が違うのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20~40代の男女500名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「女性の本気汁とは何かを知ってますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

知っている・・・161人(32%)

知らない・・・339人(68%)

「知っている」と答えた男女の内訳をみると、圧倒的に男性が多いという結果に。女性の場合、その言葉の意味を知るチャンスも多くありませんし、自分自身に経験がないと、存在に気付くことすらないのかもしれません。

2:本気汁とは?本気汁が出るメカニズムも

(1)本気汁とは?

本気汁の正式名称は「バルトリン腺液」です。まずはバルトリン腺液の正しい意味から見ていきましょう。辞書で調べてみました。

バルトリン‐せん【バルトリン腺】

女性性器の膣 (ちつ) 入り口の左右にある分泌腺。性交の際に潤滑液の役をする粘液を分泌する。デンマークの解剖医バルトリン(C.T.Bartholin)が発見。大前庭腺。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

本気汁は、正式名称とは異なるものの、辞書に載っているくらい、人間の機能として通常のものなのです。

(2)なぜ本気汁が出るの?

本気汁は、女性が性的に興奮したときにアソコから出る、ねばねばした分泌液のこと。本気汁が出ることによって男性の挿入しやすくなります。また、精子を守る効果や、妊娠しやすくする効果もあるとされています。

(3)本気汁はどうやって出すの?

本気汁を出すには、女性が心も体もリラックスして、力が抜けている必要があります。また、ゆっくり時間をかけて愛撫をすることでじんわり湧き出てくるともいわれています。

3:本気汁の見分け方!愛液やオリモノとの違い3つ

(1)愛液とは?

愛液を辞書で引いてみると、

あい‐えき【愛液】

女性が性的に興奮したとき、その性器内部から分泌する粘液のこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

とあります。エッチで興奮したときに女性のアソコが濡れるのは、さまざな部位から出てきて、混ざった液体のせいです。分泌液には、大きく分けて膣分泌液、バルトリン腺液(本気汁)、スキーン腺液の3つがあります。愛液は分泌液の総称と考えると良さそうです。

(2)オリモノとは?

オリモノを辞書で引いてみましょう。

おり‐もの【下り物】

女性の子宮から出てくる粘液や組織片などの総称。こしけ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

オリモノは、膣分泌液と呼ばれることもあり、性的な興奮とは関係なく分泌されます。膣内の環境を守る働きがあり、体調によって色や量が異なります。セックスの最中に増える人もいるようですが、必ずしも性的興奮によるものだけではありません。

(3)潮吹きとは?

潮吹きといわれる現象をつくる分泌液は、スキーン腺から出るスキーン腺液。デジタル大辞泉(小学館)によると、スキーン腺とは、

スキーン‐せん【スキーン腺】

女性の尿道の内壁に分布する多数の粘液分泌腺。女性の尿道腺で、男性の前立腺に相当する。この腺が集まって、尿道の両側を平行して走る一対の導管を形成し、外尿道口の両側に開口する。米国の婦人科医スキーン(Skene)が発見。スキーン管。副尿道。尿道傍管。傍尿道管。尿道傍腺。傍尿道腺。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

となっています。透明でサラっとした液体です。オーガズムに達したからといって、必ずし潮吹きをするわけではないようです。

4:思わず本気汁が出てしまったエッチの体験談4選

(1)目隠しをして1時間も愛撫

「彼氏は挿入よりも前戯が好きらしく、長い時間をかけて愛撫をしてきます。この間なんて私をストッキングで目隠ししたまま、1時間も全身をくまなく舐めてきたんです。

何も見えないし、気配で感じ取るしか無くて、“もしかしたらアソコを舐めてもらえるかも……”という期待で、私のアソコはぐっしょりに。彼氏には本気汁が出てると言われました」(Yさん・27歳/事務)

(2)ねっとりとした粘度

「夫と温泉旅行に行ったときに、キスとハグだけで感じてしまって、どんどんエッチな気持ちになりました。優しく愛撫されているうちに理性がなくなって、体がとろけていくような感覚でした。

夫に“こんなにトロトロになっているよ”と見せられたのですが、糸を引くようにねっとりとした本気汁が流れていました」(Cさん・25歳/IT)

(3)甘い味がする

「今のセフレはお口エッチが大好きらしく、私はベッドに横たわって、セフレが満足するまでアソコを舐めてもらっています。柔らかい舌でゆっくり舐められているうちに、気持ちよくなってきて喘ぎ声も大きくなってしまいました。セフレからは“アソコから甘い味がする”と言われました。本気汁は甘い味がするのかなぁ」(Fさん・31歳/医療)

(4)何も匂いがしない

「長年付き合っている彼氏は、体の相性がバッチリで、いつも何度もイッてしまいます。特に指を入れながらするお口エッチが気持ちよくて、大きな声が出てしまうほど。彼氏によると、本当に私が感じているときは、アソコから湧き出てくる液体に何も匂いがしないらしいです。

本気汁って無臭とも聞くから、アレが本気汁だったのかもしれません」(Hさん・25歳/美容)

5:本気汁は興奮が高まったときに

無理やり本気汁を出そうと躍起になっても、かえってセックスに集中できないかもしれません。ふつうの愛液だけでも十分にセックスは楽しめますから、本気汁を出すことを目的にしたり、本気汁にとらわれることなく、気持ちいいセックスをしてください。