恋のなやみに効くメディア

私の時代は終わったと感じる瞬間は?男女が諦めや絶望を感じるとき

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:ブログ「私の時代は終わった」とは?

「私の時代は終わった」とネットで検索してみると、加藤はいねさんのブログがヒットします。このブログは2001年から始まって、最終更新は2017年。

恋愛をしたいけれど、なかなか恋ができない看護師さんの本音が、腹を抱えて笑えるようなおもしろ文章でつづられています。

2:男女に聞く!私の時代は終わったと感じた瞬間5つ

加藤はいねさん以外にも、「私の時代は終わった」と思った瞬間がみんなの中にもあるかもしれません。居酒屋で知り合った男女に、そんな話を聞いてきました。

(1)部活で実力者が入ってきた

「僕の場合は学生時代ですね。テニス部だったのですが、部員内ではいちばんうまかったので、“あいつには勝てない”とか“あいつは県大会クラスだ”って言われていたんです。そうしたら、新入部員に全国クラスの実力者が入部してきちゃって、まったく歯が立たなかった。

周りからも“あいつの時代は終わった”とか“実はあいつ、そんなにうまくなかったんだな”って言われて、実感しましたね。井の中の蛙とはまさにこのことで、俺の時代は終わったって」(Wさん・25歳男性/公務員)

(2)若い新入社員

「私が勤めている職場は女性が少なくて、いちばん若いのが私だったんです。29歳だったんですけど、“〇〇さんはかわいいね”とか“いるだけで華がある”とかたくさん言われてきた。そうしたらいきなり、女性新入社員が入社してきたんですよ。22歳ですから、職場の男たちはみんなそっちをちやほやしだしたんですよ。

“やっぱり若い人は違うわ”って言われて“〇〇さん、これお願い”って顎で使われるようになったんです。あのとき、私の時代は終わったって思いましたね」(Hさん・30歳/会社員)

(3)恋がうまくいかなくなった

「学生のころはすっごいモテたんです。月に1回は告白されていました。20代のときも、学生時代までとはいいませんけど、一般的にはモテるほうだったと思います。でも、30歳を過ぎてから、一気に恋愛がうまくいかなくなりました。婚活をしようと思って婚活パーティーに足を運ぶんですけど、男性は20代の若い人のところへ行ってしまう。

こんなことなら、モテていたときにいい男を捕まえておくんだと思いましたよ。ホント、私の時代は完全に終わりました」(Rさん・32歳女性/会社員)

(4)まさかの怪我

「自分は小学校からサッカーをやっていて、高校では全国を目指せるようなところに進学して頑張っていたんです。そのときはすべてが楽しかったですね。恋愛も、サッカーもうまくいっていました。友達も多くて、いろいろとバカをやった思い出があります。

でも、怪我をしてしまって、退部したんです。“マネージャーでもいいから部活を続けないか?”って顧問の先生には言われたんですけど、無理でした。夢中になっていたものが奪われると本当に何もやることがなくて、毎日がつまらなくなりましたね。一瞬ですべてがうまくいかなくなるんだなって思いました。自分の時代は終わったって思いました」(Sさん・24歳男性/会社員)

(5)母親になって

「母親になったときは、“自分の時代は終わった”とまではいかないまでも、これからは子どものために時間を使わないといけないなって覚悟というか決意みたいなものはありましたね。今までは自分の好きなことを好きな時間にできたけれど、子どもができたらそうもいかなくなるじゃないですか。これからは自分の時代ではなく子どもの時代だなって」(Kさん・35歳女性/主婦)

3:加藤はいねさんの「私の時代は終わった」以外にもある!天才ブロガーが綴る面白いブログ5選

冒頭で加藤はいねさんの「私の時代は終わった」というブログを紹介しましたが、面白いブログはまだまだあります。この場を借りて、筆者おすすめのものをご紹介します。

(1)Sleepy Plaza

女性のファッションを完全男子目線で評価することをコンセプトにしたブログ。女性のファッションを毒舌にぶった切るのかと思いきや、ユーモアたっぷりに切ってきます。

女性でも思わず笑ってしまうのではないでしょうか。言い得て妙というか、納得できるためについ笑ってしまう。そんなブログです。

(2)あんまたお前か

このブログは21歳の若い男性が送る、なんの変哲もない日常が書かれています。しかし、その文章は面白く、引き込まれていきます。

特に「切手代いくらかわかんないけど、君に届け」っていうタイトルの回は名作です。カレーが食べたくなりました……気になる人はぜひ検索してみてください。

(3)ウケる日記

このブログの著者は、『夢をかなえるゾウ』で有名な水野敬也さんです。そのため、文章の面白さは間違いありません。それだけではなく、恋愛から下ネタにいたるまでのさまざまな内容を、どうしたらこうも面白くかけるのか不思議になってしまうくらいに面白く読める日記です。腹を抱えて読みたいときはこのブログを開きましょう。

(4)ARuFaの日記

YouTuber的なノリで、自分の思いついたことを実践し、その過程や結果を記事としてアップしています。しかし、これがまたくだらなくて、とてもいいんです。電車に乗っている暇な時間に読み始めたら、笑いをこらえながら熟読してしまい、降りる駅を乗り過ごしてしまいかねません。学生ノリのくだらない読み物を求めているならこのブログがおすすめ。

(5)みどみどえっくす

面白い文章の中にも、ちょっぴりハートフルで、腹を抱えて笑わせにきたかと思うと、ときに涙腺を刺激されるような、そんなブログです。夜の業界で働く人の些細な心の機微なども、読んでいくと少しわかってきます。爆笑するような面白さだけではなく、ハートフルなものも読みたいという人はこちらがおすすめです。

4:まとめ

今回は「私の時代は終わった」をテーマにお送りしました。

話を聞いた人の中に、「一度でも、自分の時代があったと思っている人がうらやましい」と言った人がいました。自分の時代が終わったことは悲しいことかもしれませんが、そんな時代すら経験できない人もいることを忘れないでください。

【参考】

私の時代は終わった

Sleepy Plaza

あんまたお前か

ウケる日記

ARuFaの日記

みどみどえっくす