恋のなやみに効くメディア

本命彼女かどうかを診断!デートやLINEで男性の本命に対する態度を分析

青木 エイミーA.Aoki

©gettyimages

目次

隠す

1:男性には本命にしかしない行動がある

「男性は釣った魚に餌をやらない」ともよく言われますが、本命相手にはしっかりと愛情表現をする男性も多いもの。

自分がキープなのか、本命なのかが気になるのであれば、早々に彼の行動を探ってみるのがおすすめです。

2:デート前からデート中まで!男性が本命彼女にしかしないこと5つ

(1)彼女のスケジュールをよく聞く

「この日って空いてる?」と自分の予定で連絡をしてくるのではなく、彼女のスケジュールをそれとなく聞いて、彼女の都合に合わせようとするのは、男性なりの気遣いです。これは男性が本命にしかしないことのひとつでしょう。

(2)重い荷物を持つ

女性をエスコートするために、車道側を歩くくらいは、誰だってできるもの。でも、荷物を持つとなると、男性だって本当は疲れるでしょうから、意外とめんどくさがる人も多いんです。でも、それをアピールっぽくなく自然に行う場合、好きな女性に重いものを持たせたくないという気持ちや愛情があると考えられます。

(3)彼女の顔をじーっと見つめている

好意的に感じている相手のことをじっと見つめてしまう男性は多いもの。デート中の彼女の喜ぶ顔や楽しそうな顔を見て、愛しい気持ちを募らせるのでしょう。ときには、ひとりで勝手にクスクスと笑っていることもあるかもしれません。これも好きな気持ちから来る行動です。

(4)以前話したことをよく覚えている

過去に誰がどんな話をしていたのか、覚えていない男性は多いです。また、女性ほどおしゃべりが得意ではない人が多いため、そもそも話半分で聞いていることも多いでしょう。それなのに、デート中などに、「ああ、以前そんな話してたね」など、前の話題を覚えているような反応があれば、本命の可能性が高いです。

(5)自分の知り合いがいる店に連れて行く

知り合いがいる店や常連となっている店には、本命以外の女性を連れて行かないでしょう。周りからの反応で、二股や浮気をしているのがバレてしまうので。また、本命で自慢の彼女だからこそ、知り合いに会わせたいという心理もあるよう。だから、そういった店に連れていかれたら、自分が本命だと思っていいでしょう。

3:本命彼女限定!忙しい彼氏がLINEで見せる本命度

(1)「おはよう」や「おやすみ」のLINEが届く

男性というのは、意味のないLINEのやりとりを好まない傾向が強いです。起きたときや寝るときにわざわざ挨拶程度にLINEをする必要性をあまり感じていないことが多いよう。

そんな男性が「おはよう」や「おやすみ」のLINEを送るのは、少しでもあなたとつながっていたいという思いや、仕事の合間にできるだけ連絡して、さみしい思いをさせたくなかったり、他の男とは違うことを認識させたいという気持ちがあると考えられます。

(2)他愛ないLINEにも返信してくる

男性は、LINEを連絡や要件のやりとりに使うことが多いもの。逆を言えば、こちらの他愛ない話や近況報告にも反応をしてくれるのは、愛情表現といえます。

(3)返信の時間がバラバラ

仕事が忙しい男性の中には、何時にLINEを見る、返信するといったことを決めている人もいるようです。彼から、いろんな時間に返信がくるなら、ちょっとした隙間時間にもLINEを見ていて、できるだけ返信をしようとする思いがあると思っていいでしょう。

(4)スタンプを多用しない

LINEスタンプは押すだけで相槌が打てるのでラクですよね。汎用性が高いものが履歴に残っている人も少なくありません。そこをあえてきちんと言葉で、メッセージを書いて送ってくるのは、愛がある証拠といえるでしょう。とはいえ、あまりに忙しいと、いくら愛情があってもスタンプだけでも返そうとする場合もあります。

(5)彼女が好きなラインスタンプを買う

どんなに仕事などが忙しくても、彼女に喜んでもらうための工夫をする男性は多いよう。有料スタンプに抵抗がある男性も多いようですが、彼女のことを思えば、彼女好みのスタンプを購入したり、おそろいのスタンプを購入したりすることも。彼が自分と同じかわいいスタンプを使うようであれば、本命の証かもしれませんよ。

4:今は本命じゃなくても…本命彼女になるには?3つ

(1)自分をしっかりもつ

常に流行を追いかけていて、かわいいものが好きで……。そんな女性に対しては、他の多くの女性と同じように見えてしまったり、個性がないように感じたりして、飽きてしまうという男性は少なくありません。また、頭が悪そうに感じられる女性は、キープや浮気相手としてちょうど良くても、本命彼女としてはイマイチだと思われる可能性が高いです。

(2)最低限のマナーを身につける

マナーがなっていない女性は、適当に扱っても大丈夫だと思われがち。彼に「こいつ、ダメだな」と思われないように、TPOにあわせた服装をしたり、上座や下座がどこかを覚えたりといった、最低限のマナーを身につけておきましょう。

(3)彼にとって居心地のいい人になる

たまには女性に振り回される恋愛をしてみたい、小悪魔に翻弄されたいと思う男性もいるでしょう。しかし、こういうタイプの女性を結婚対象として見ることができるかというと、それはまた別の話。非日常的な刺激に飽きると捨てられてしまうことも。

一方で、いつも笑顔で出迎えてくれて、自分のいちばんの理解者になってくれる女性と一緒にいたいと思う男性は多いでしょう。彼にとって居心地の良い人になることこそが、本命ポジションを確立するための一歩です。

5:まとめ

本命に対して、男性はわかりやすい愛情表現よりも、さりげなく気遣いをしていることのほうが多いようです。彼の行動をよく見極めて、もし自分が本命か怪しい場合には、彼に大切にされる女性を目指しましょう。