恋のなやみに効くメディア

行動心理学を学ぶには…?行動心理学を理解するのにおすすめの本

青木 エイミーA.Aoki

目次

隠す

1:行動心理学が学べる大学や資格は?

行動心理学とは、アメリカの心理学者、ジョン・ワトソンが提唱した行動主義の心理学のこと。人間の行動理論を客観的に観察することで、その行動に意味があることを定義づけた心理学です。

では、この行動心理学は、どこで学べるのでしょうか。大学の心理学科は、特定の心理学領域だけでなく、あらゆる分野を学ぶことが大半ですが、例えば慶應義塾大学などでは、行動心理学的な内容の講義も行われています。しかし、行動心理学という言葉は、心理学の学問として、明確な定義が設定されているものではありません。

心理学系の資格には、まず国家資格である公認心理師があります。ほかに、臨床心理士、認定心理士は民間の資格ですが、資格をもっていることで活躍できる場は、教育、医療、司法、福祉のほか、労働・産業分野にもあります。また、「日本心理学会メンタルケア心理士」も文部科学省が後援している資格です。

2:行動心理学を知りたい人におすすめの本3選

(1)『メイザーの学習と行動』

行動心理を学びたいと思ったとき、まずおすすめなのが、行動分析のテキスト『メイザーの学習と行動』(二瓶社)です。繰り返し改訂されてきた名著で、心理学のバイブルともいわれている一冊です。内容は学習や条件付けなど、実験心理学の分野に近いです。かなり噛み砕いて、詳細に説明されているため、大学の専門科目でもしばしば用いられます。

(2)『デイビス・クレブス・ウェスト 行動生態学 原著第4版』

少々難解かもしれませんが、『デイビス・クレブス・ウェスト 行動生態学 原著第4版』(共立出版)も筆者のおすすめです。「配偶者とは何か」ということをよく理解できる書だと思います。恋愛に関して厳しい意見が多いので、ロマンチストには向いていないかも……ですが、生命体が好きな人は楽しめる本です。

(3)『心理学大図鑑』

行動心理学に限定せず、ヒトの心理を学びたい人全員におすすめなのが『心理学大図鑑』(三省堂)です。索引機能が充実していて、欲しい情報をサクサク入手することができます。哲学的ルーツ、行動主義、心理療法、認知心理学、社会心理学、発達心理学、差異心理学の著名な研究者と実験手法が網羅されています。

3:行動心理学で解説!仕草でわかる恋愛感情5つ

ここからは、行動心理学の観点から、人間の仕草から見た恋愛感情のあらわれについて、まとめてみました。

(1)目は口ほどに物を言う

オスは生物的に獲物を狙う役割があるため、男性は狙った女性のことをじっと見る傾向があるとされています。具体的には5秒以上見つめていると、脈ありの可能性が高いとか。一方、女性の場合には、甘えたい欲求から、上目遣いなどでアプローチをするケースが多いようです。

また、男性も女性も、好意的な相手には瞳孔が開くといわれているので、目を合わせる機会があれば、目の奥をチェックしてみると、相手の本心を探れるかもしれません。

(2)身体的距離が近いのは心を許している証拠

人の心的距離とパーソナルスペースはほぼ一致しているといわれています。そのため、好きな人に対しては近くなってしまう人が多いもの。恋人や親子の場合のパーソナルスペースは、45㎝以下だといわれています。

これが友人関係であれば、なかなか45㎝以内には入らないので、これよりも物理的に距離が近い場合には、脈ありの可能性が高いでしょう。逆に、自分からパーソナルスペースに入り込むことで、心的距離を縮めるというテクニックもあります。

(3)好感をもっていると行動が被る

恋愛で有名な心理的テクニックとして、ミラーリングというものがあります。これは、相手と向かい合わせに座ったときなどに、コップを手に取るタイミングや足を組み直すタイミングを相手と同じにすることで、無意識に好きにさせるというものです。

実際のところは、好感をもっている相手とは無意識に動作が被りがちという前提があり、それに相手が気づくということのようです。

(4)好意を寄せているとよく会ったり連絡を取ったりする

よく会う回数が多ければ多いほど、そして心のうちでその人のことを思い浮かべる回数が多ければ多いほど、相手に対して親近感が沸くとされる心理学用語に「単純接触効果」というものがあります。

何気なくでも、毎日自分にはしっかりと挨拶をしてくれたり、時間を見つけて連絡を取ってくれたりするのであれば、脈ありの可能性が高いといえるでしょう。

(5)お金をかけた異性は落とすのに必死になる

人はお金をかけると、無駄にしたくないという思いが生まれます。例えば、パチンコなどで負けが続くと、その負け分を取り返そうとして、もっと課金したくなりますよね。

恋愛も同様です。付き合うために、人はあの手この手で手を尽くします。そして、かけたお金の額が大きければ大きいほど、落とさなければ損してしまうという気持ちになり、その人に夢中になります。

恋愛感情の行動心理学に関しては『MENJOY』過去記事「しぐさや行動で男性・女性の恋愛心理がまるわかり!行動心理学と恋愛心理学」も参考にしてみてくださいね。

4:マーケティングだけじゃない!行動心理学が活かせる仕事3つ

(1)営業

人に商品を売る場合、初頭効果が重要になります。初頭効果とは、ソロモン・アッシュというポーランドの心理学者が提唱した人は相手を第一印象で認識する傾向がある」という心理のこと。

同じ商品であっても、最初の好感度が高ければよい印象をもち、悪い印象であれば、その商品をネガティブに捉えることにもつながります。また、判断するとき、最後の情報がもっとも大きな影響を与えるという「終末効果」という心理もあります。

どのような見た目なら好感度を与えやすいのか、どのように伝えると「買う」という判断をしてもらえるのか……。行動心理学は、営業の人にとって必須スキルといえるかもしれませんね。

(2)コールセンター

何かとストレスが多いといわれるコールセンターでの仕事。職種によるものの、クレーム処理も少なくありません。相手とスムーズに会話するためにも行動心理学は役に立ちます。

例えば、相手が激昂しているときに高いトーンで話しかけるのは火に油を注ぐようなもの。低めの声で冷静に話しかけることで、相手を落ち着かせることができる可能性が高いです。自分のストレスを減らすだけでなく、的確に対処するうえでも、行動心理学の知識が活用できる仕事といえます。

(3)カウンセラー

臨床心理学を学んでいるイメージの強いカウンセラーですが、解剖生物学や精神医学など、行動心理を学ぶことでより知識が深まります。

相手の仕草を読み取る知識を学んだ場合には、目線や手グセなど、相手の非言語コミュニケーションから、整理できていない言葉やカウンセラーに言えていない本音を探ることができるでしょう。

5:まとめ

世の中には「エセ心理学」と呼ばれるような、科学的かどうがか怪しい心理学関連の資格がたくさん存在しています。また、精神科医と心理学者は考え方が異なるため、意見が食い違うことがあり、本を読んでいると、混乱が生じることもあるかもしれません。心理学を学ぶうえでは、良書を選ぶ力も求められるでしょう。

また、「心理学者は相手の気持ちをすべて見透かすことができる」というのは、世間によくある誤解だと思います。学んだ知識は参考程度にするようにしましょう。