恋のなやみに効くメディア

オタサーの姫とは?オタサーの姫の特徴とファッション

大山奏K.Ohyama

目次

隠す

1:オタサーの姫とは?由来は?

2013年から2014年ごろに、インターネット上の掲示板やSNSで話題となった「オタサーの姫」。男性が多いオタク系サークルに入り、その希少性がゆえに周りからチヤホヤされて姫のように扱われる女性のことを表した言葉です。

ちなみにオタサーの姫の周辺に溜まっている男性たちのことは「オタサーの騎士」と呼ばれたりしています。

2:どうして「オタサーの姫」が生まれるの?その背景5つ

ではどのようにしてオタサーの姫が生まれるのでしょうか。

(1)とにかく周りに女性がいない

オタク系サークルで活動している男性の多くは、学生時代から女性と接する機会が少ない場合も。そのように、ある種抗体がない状態で、自分の身近に同じ趣味をもっている女性が現れるので、つい目の色を変えてしまうのです。男性たちはその女性になんとか近づこうと必死になり、結果、姫扱いしてしまいます。

(2)女性と話が合う幸せを味あわせてくれる

オタクサークルに自分から飛び込んできた女性ですから、同世代の女性が興味を示さなさそうなオタク趣味をもっていることは間違いありません。マイナーな趣味を話せる女性として、かなり大事に扱われるようになります。

(3)チヤホヤされて勘違いする

女性側にも原因があります。オタサーの姫と呼ばれるタイプは、基本的に、広く誰もがかわいいと認められるようなビジュアルや性格ではない場合が多いです。ですが、サークル内ではひっきりなしに男性から話しかけられたり、食事に誘われたりします。

そして「○○ちゃんってかわいいよね」という褒め言葉もたくさんかけられるため、「自分はかわいいし、そこら辺の女子よりモテる」と勘違いをしてしまいます。

(4)複数の人と体の関係をもつことも

オタサーの姫もまた、男性経験が豊富なわけではなく、強く押されると流されてしまったり、グイグイこられることについ喜びを感じて、受け入れてしまうケースも多数。

アタックした男性たちは、それぞれ「彼女は自分のことが好きなんだ」と思って、サークルの人間関係をグチャグチャにしてしまうのです。

(5)体の関係からさらに囲われる

こうしてアタック済みの男性はオタサーの姫をさらに大事にするようになり、自分だけのものとして守ろうとします。またさらに新規参入の男子もどんどんアタックして……というように、気がつくと全員がその女子のことを好きになっていたりします。こうなると、完全に「オタサーの姫」が仕上がります。

3:オタサーの姫の特徴5つ

オタサーの姫はパッと見ただけで、「この子、オタサーの姫だな」とわかる特徴をもっていることも少なくありません。紹介しましょう。

(1)謎の言葉で話す

オタサーの姫は「ふにゃ?」とか「ふぇぇぇ」など、まるでアニメの美少女キャラクターが話すような謎の言葉をよく発します。アニメが好きな男性たちにとって、二次元から飛び出したような話し方をする女の子はかわいくて仕方がないのでしょう。

(2)自分をかわいいと思っている

実際にオタクサークルに入っていなくても、周囲にいるオタクっぽい男性からチヤホヤされることで「自分はかわいい」と勘違いしている人も、オタサーの姫と言われることがあります。このタイプは自撮りが大好きで、スマホの写真アプリに保存してある画像がすべて自撮りというケースも多いです。

(3)寂しがり屋

性格的な特徴としては、寂しがり屋なタイプが多め。常に男性たちと繋がっていないと「死にたい」などと発言することも。夜中でも「寂しいよ~」などとSNSに書き込みをして、構ってもらいたいオーラをバンバン出してきます。

(4)身長低め

性格なデータはありませんが、オタサーの姫になる人のイメージとして定着しているのが、低身長であること。また体型は太り気味か、かなり痩せているかの両極端なことが多いです。

痩せているタイプの場合、「もっと痩せなきゃ」とか「こんなの食べたら太っちゃう」と、自分を卑下して周りに「そんなことないよ」とフォローさせることを忘れません。

(5)基本おとなしい

オタサーの姫は基本的には自己愛は強いものの、「自分が自分が」と前にグイグイ出ていく性格ではなく、一般的にいうと、おとなしい性格をしています。なので、サークル以外の場所では、ひとりポツネンとした姿が目撃されがちです。

3:オタサーの姫のファッション3つ

オタサーの姫を見分ける方法として、絶対に抜かせないのがファッションです。

(1)赤、黒、白、ピンクが多い

身に着けるものの色は、赤や黒、白、ピンクなどが多いです。また、バッグやスマホ、ポーチなどには、アニメのキャラクターや猫など、かわいい系のぬいぐるみをつけている場合も。

(2)謎のリボンとフリルがたくさん

オタサーの姫は服にもカバンにも、女性らしいディテールであるリボンやフリルがたくさん。それは成熟した社会人サークルなどでもかわりません。年齢に関係なく、かわいさを全面的に押し出したようなファッションを好みます。

(3)ニーハイソックスはマスト

ミニスカートにニーハイソックスは、オタサーの姫の定番イメージのひとつです。そして、ソックスには、猫やハートの柄が入っていることも多いです。

4:オタサーの姫殺人事件って?

荒木宰さんの漫画に『オタサーの姫殺人事件』という作品があります。オタサーに入った女の子が死亡し、その死の真相や、彼女がオタサーの姫になった理由などが解明されていくというミステリーサスペンス。オタサーの姫の実態を知りたいという人はぜひ読んでみてくださいね。

5:オタサーでなくても姫はいる

「オタサーの姫」という言葉が有名になりましたが、これはオタク系趣味のサークルに限ったことではなく、「理工系ゼミ」とか「ツーリングサークル」などでも昔から見られた現象。つまり「一般女子が好まなさそうなジャンルの集団」に「それを好む女子」が入り込んだとき、モテの確変大フィーバーが起こってしまうのは、世の常なのです。

もしも意図的にモテを狙う場合、こうした生態を利用するのもひとつの手。ただし、周囲の同性からは嫌われるパターンも多いので、ご注意ください。