恋のなやみに効くメディア

結婚式のネクタイ赤はOK?結婚式のおしゃれなネクタイの選び方

並木まきM.Namiki

©gettyimages

目次

隠す

1:親族の結婚式のネクタイ…赤はOK?

親族として結婚式に参列する際には、友人として参列する式よりも伝統的なマナーをしっかり押さえておきたいところ。昨今は、昔と比べるとカジュアルになってきて、許容される範囲も広くなってはきています。しかし、親族という立場でのマナー違反は、新郎新婦へのイメージダウンにもつながることも。失敗のない服装を心がけたいものです。

では、赤のネクタイというのは、マナー的にはどうなでしょうか? アリなの?ナシなの? 調べてみました。

 

2:結婚式のネクタイでおしゃれなのは?シャツとどう合わせる!?

(1)赤

赤のネクタイは、華やかでエネルギッシュな印象が強い色です。ゲストとして参列する場合も親族として参列する場合も、使ってもOKでしょう。ただし、光沢を抑えたものがベター。淡いグレーのスーツと合わせると、パーティーシーンにふさわしい華やかさが出しやすいでしょう。

(2)紺

紺のネクタイは、シックで知的な印象を与えてくれます。白いワイシャツとの相性が抜群で、控えめながらも清潔感のあるコーディネートが狙えます。

(3)ピンク

顔色が明るく見えるピンクのネクタイは、結婚式などの華やかな場にもふさわしい色合いといえます。グレーやホワイトのシャツと相性がよく、少しくすんだダスティピンクであれば、華美になりすぎず、新郎新婦より目立つ心配もなく安心です。

(4)水色

爽やかな印象に仕上がる水色のネクタイ。清潔感のある装いを演出できます。白のワイシャツ以外にも、ブラウンやピンクなど個性的なカラーのシャツに合わせてもおしゃれです。

(5)ペイズリー

ペイズリー柄のネクタイは、年配者にファンも多いため、結婚式の装いにも使いやすい柄といえます。グレーやブルーなど、寒色系のペイズリー柄は、ストライプやドット柄のネクタイよりも、「今日は新郎新婦のためにおしゃれしました」感が出しやすいのもメリットです。

 

3:ストライプやボタンダウンはNGなの?結婚式のシャツのマナー5つ

(1)ボタンダウンシャツはNG

結婚式というのフォーマルな場所です。ボタンダウンシャツというのは、「シャツだからフォーマルでしょ」と考えてしまってはいけません。これは「カジュアルなシャツ」なのです。そのため、着用NGです。

(2)原色系はNG

結婚式は華やかな場ですし、ゲストもおしゃれをして参列するのもマナーのひとつ。しかし新郎新婦よりも目立ってしまうような派手すぎる色の装いは、マナー違反に。パステルカラーなど淡い色をセレクトしましょう。

(3)派手柄もNG

(2)と同様の理由で、派手すぎる柄もののシャツなどもNGです。ヒョウ柄やヘビ柄など「殺生」をイメージする柄は、そもそも御法度ですが、そうでなくとも光沢が強すぎる柄もののシャツなどは避けましょう。アロハ柄シャツも南国では正装ですが、リゾート婚でない限り、避けるべきでしょう。

(4)半袖シャツはNG

半袖のシャツもカジュアルであるという理由からNGです。リゾート婚でない限り、結婚式の装いとしては避けましょう。どんなに暑い真夏日であっても、半袖のシャツは避けるのが常識なのです。

(5)黒シャツ、黒ネクタイはNG

黒いシャツ、ネクタイはきちんと感はありますが、これは喪の装いです。結婚式にはふさわしくありません。男性の黒いシャツ、黒いネクタイはNGと覚えておきましょう。

 

4:親族としての参列では「ブラックフォーマル」が無難

親族として参列する結婚式での装いは、結婚式を挙げる親族から指定のない場合は、基本的に「ブラックフォーマル」を選んでおくと安心でしょう。

ネットショップなどでは、結婚式にぴったりのフォーマル服を一式まとめてレンタルしているところも多いです。この場合、ネクタイもセットで貸してくれる場合が多いため、手元にフォーマル用のネクタイがない場合は、利用するのもいいでしょう。