恋のなやみに効くメディア

顔の毛が濃い!顔の産毛処理の正しいやり方とおすすめ処理グッズ

コマツ マヨM.komatsu

目次

隠す

1:なぜか顔の毛が濃い…顔の毛を薄くする方法は?

安全に顔の生毛を薄くする方法は、と聞かれると、医療機関で行う医療脱毛が、最も安全で確実な方法と言えるでしょう。しかし、お金も時間もかかりますし、「正直そこまでして……」という人も多いかと思います。

豆乳を飲んだり、体を冷やさないようにしたりなど、ネットを検索すればいろいろと情報が出てきますが、その中には科学的・医学的根拠がないものもあります。

2:ニキビ予防にも?顔の毛を処理するメリット3つ

顔の産毛処理。エチケットとしての処理のほかにも、メリットがあるようです。

(1)メイクのノリが良くなる

顔の産毛があると、ファンデーションが均一にのりにくくなったり、時間が経ってメイクが崩れてきたときに、ヨレが目立ちやすくなったりする恐れがあります。もちろん産毛の生えている場所や量にもよりますが、きれいに処理して肌表面が均一になれば、今までよりもファンデーションをなめらかに塗ることができます。

(2)顔がワントーン明るく見える

産毛は色素も薄く、一本一本だと、さほど色があるようには見えません。しかし、シェービングをしたとき、カミソリについた産毛を見てみると、やっぱりうっすらと色が確認できますよね。

そのため、顔の産毛があることで、顔全体がワントーン暗く見えてしまいます。また、目では確認できない程度ですが、産毛による影も、顔全体にかかってしまうことになります。

(3)ニキビの発生を減らすことができる

産毛に汚れや汗、古い角質が付着したままになると、ニキビや肌荒れの原因にもなりかねません。顔の産毛は外的刺激から皮膚を守る役割がありますが、清潔に保たないとかえって肌にダメージを与えてしまうことにもなるのです。

3:処理しすぎもよくない?顔の毛を処理するデメリット3つ

顔の産毛処理にはメリットもありますが、もちろんデメリットも存在します。

(1)カミソリ負けのリスク

平たくなめらかに見える肌でも、実際は目には見えないほどの細かい凸凹があります。そんな肌表面をカミソリで一気に剃ってしまうことで傷がつき、血が出たり赤くなったりするのがカミソリ負けの正体。乾燥している状態でカミソリを当ててしまうことも、カミソリによる炎症を引き起こしてしまう原因です。

(2)必要な角質まで落としてしまう

シェービングすることで、肌表面にある必要な角質や皮膚の一部までこそげ落としてしまう恐れもあります。古い角質は肌に蓄積しないほうがいいですが、肌を密閉して乾燥を防いだり外からの刺激から守る役割のある必要な角質まで落としてしまうと、肌トラブルの原因となってしまいます。

(3)乾燥しやすくなる恐れ

カミソリで産毛を落とすと、今まで保湿や外的刺激から肌を保護する役割だったものがなくなるわけですから、乾燥しやすくなってしまう恐れもあります。シェービングによって肌表面の皮膚が毛羽立ち、内部の水分が外に出てしまいやすくなることも。

4:顔の毛をなくす方法ってあるの?顔の脱毛のポイント3つ

冒頭でもお話ししたとおり、顔の毛をなくすには脱毛という方法が一般的。脱毛方法の違いや脱毛とシェービングの違いなどについてご紹介します。

(1)剃毛と脱毛の違い

カミソリやシェーバー(これも構造はカミソリと同じ)で剃るのと、産毛を根っこから引っこ抜くのはずいぶん違ってきます。剃毛はセルフで簡単にできますが、先述のようにトラブルも多く、慎重に行う必要があります。

一方、脱毛は機械によって行われるため、カミソリのように肌を切ったり傷つけるといった直接的な危険は少ないですが、そのぶん費用がかかってしまいます。

(2)医療レーザー脱毛

もしも余裕があれば、プロの任せるのが安心・安全です。皮膚科や美容外科などの医療機関で行う医療レーザー脱毛は、いわゆる永久脱毛と呼ばれるもので、一度処理するとほぼ生えてこなくなります。万一、施術中に肌トラブルがあっても、医師による治療や処置を受けられるので安心です。

まるで男性のように濃い産毛が生えていて悩んでいたり、剃っても剃っても生えてくる産毛の処理から解放されたいなら、医療脱毛を検討してみてもいいかもしれません。

(3)エステ脱毛

エステ脱毛でも、顔の脱毛は可能。エステサロンで取り扱う脱毛器はいろいろと名前や方式名がありますが、基本は光を照射して行う仕組み。レーザーよりもパワーの弱い脱毛方法のため、その効果は人によって差がありますが、価格がリーズナブルというのがポイント。医師や看護師は在中していないため、トラブル時は病院に行く必要があります。

医療機関での安全性や即効性をとるか、エステサロンでの価格や雰囲気をとるか、自分に合っているのはどちらか総合的に判断する必要があります。

5:パックは?顔の産毛処理おすすめグッズ3選

自分で顔の産毛を処理する場合に活躍するグッズをご紹介します。

(1)スリンキータッチ 産毛ピールオフパック

塗って剥がすだけで顔の産毛をごそっとはがすことができるコスメ。固めのジェルをのばし、20分置いて剥がすと、パックに産毛がくっついて、簡単に取り除くことができます。ヒアルロン酸Naやプラセンタエキスなどの成分が配合されていて、剥がした後のお肌のことも考えられているアイテムです。

(2)Panasonic フェリエ フェイス用

この投稿をInstagramで見る

 

PanasonicBeauty(パナソニックビューティ)(@panasonic_beauty)がシェアした投稿

Panasonicの顔剃り用電気シェーバー。約0.12mmとうすく、先端が丸くなった刃先なので肌にやさしく産毛をシェービングできます。水なしで剃れるので、シェービング前の面倒な準備もいらず、気になったときにすぐ剃れます。

(3)美容シェーバー チョイソリーナ

ネーミングがユニークなこちらのシェーバーは、シェービング面が丸くなっています。一般的なL字型カミソリやT字型カミソリでは剃りにくい目頭や小鼻の脇、唇の下などはもちろん、ボディだと脇の下などの窪んだ部分にも使いやすい形です。

6:うっかり産毛は致命的!

口元にうっすらヒゲのように産毛があったり、眉がつながりそうになっていたりすると、どんな美しい女性でも印象がダダ下がり。見られやすい部分だからこそ、顔の産毛ケアは念入りにしておきたいですね。