恋のなやみに効くメディア

結婚式での誓いの言葉をオリジナルに!人前式の誓いの言葉テンプレート集

水野 文也F.Mizuno

目次

隠す

1:オリジナルな結婚の誓い…人前式とは?

牧師さんも神主さんもいない結婚式、それが人前式です。結婚式では、教会や神前で神仏に結婚を誓うことが一般的ですが、こうした宗教的な要素を排して、両親や親族、友人など親しい人たちの前で結婚を誓う、承認して貰うスタイルで行うのが人前式の結婚式です。

キリスト教式や神前式の結婚式では、ほぼ形式が定まっているのに対して、人前式はすべてがオリジナル! 指輪の交換など、概ねキリスト教式をアレンジして行うことが多いようですが、その他は自由。オリジナルの要素が強いぶん、参列者にとっても印象に残る式になるかもしれません。

また、参列者に特定の宗教の敬虔な信者の方がいる場合でも、問題なく式を行うことができることも特徴として挙げることができます。

 

2:人前式!結婚「誓いの言葉」パターン

人前式では参列者に証人になってもらうため、誓いの言葉が特に重要になると言えます。その言葉は、新郎新婦が考えるもの、親しい友人が実行委員会を立ち上げて用意するものなど、いろいろなパターンが考えられますが、いずれにしても、工夫してみましょう。

そこで、以下に「誓いの言葉」のパターンを例に挙げてみました。

1)ふたりで誓うオーソドックスなパターン

「本日、私たちは、ご列席くださった皆様の前で夫婦の誓いをいたします。今日という日を迎えられたのも、ふたりを支えてくださった皆様のおかげです。これからふたり力を合わせて苦難を乗り越え、喜びをわかちあい、まわりの人に感謝し、お互いをいたわり大切にしていくことを誓います。〇年〇月〇日 新郎 〇〇〇 新婦 〇〇〇」

奇をてらわず、ストレートにふたりの気持ちを込めるとともに、参列者に対する感謝の言葉に重きを置いて誓います。

2)新郎、新婦がそれぞれ誓うパターン

最初にふたりで

「本日、私たちは、ご列席くださった皆様の前で夫婦の誓いをいたします」

新郎

「私、〇〇は、〇〇さんを生涯の妻とし、一生愛し続ける事を誓います。どんなに仕事が忙しくても、家事を〇〇さん任せにせず、ふたりの記念日も大切にしていきます」

新婦

「私、〇〇は、〇〇さんを生涯の夫とし、一生愛し続けることを誓います。仕事が忙しくなっても、笑顔を忘れずに、くつろげる雰囲気を家庭につくっていきます」

再びふたりで

「私たちは、これからどんなときにもふたりで話し合い、協力しあって、幸せな家庭を築いていくことをここに誓います。〇年〇月〇日 新郎 〇〇〇 新婦 〇〇〇」

教会式では、神父さんや牧師さんが言う言葉を、自分たちで交互に言うパターン。基本のワードは耳慣れているので、参列者もすんなり受け止めやすいというのもメリットでしょう。

3)両親からの問いかけに誓うパターン

新婦の両親より

「新郎○○くん、あなたは生涯をかけて新婦○○を愛し、守っていくことを誓いますか

新郎

「はい、誓います」

新郎の両親より

「新婦○○さん、新郎○○を一生支え抜くことを誓いますか」

新婦

「はい、誓います」

両家の両親

「これから先、ふたりで協力して幸せな家庭を築くことを誓いますか」

新郎と新婦

「はい、誓います。〇年〇月〇日 新郎 〇〇〇 新婦 〇〇〇」

結婚式では、親族はあまり前に出ないのが通例ですが、人前式なら、あえて今までお世話になった両親を立てるということも可能です。両親はもちろん、参列者にも感動を与えること間違いなしです。

4)友人が牧師役を務めて、その問いかけに答えるパターン

友人

「新郎○○、あなたはここにいる新婦○○を、健やかなるときも病めるときも、富めるときも貧しいときも、妻として愛し、敬い、いつくしむことを誓いますか」

新郎

「はい、誓います」

友人

「新婦○○、あなたはここにいる新郎○○を、健やかなるときも病めるときも、富めるときも貧しいときも、妻として愛し、敬い、いつくしむことを誓いますか」

新婦

「はい、誓います」

友人

「今日という素晴らしい日におふたりは夫婦となりました。今日という日を忘れず、これからどんな困難もふたりで乗り越え、幸せをわかちあい、幸せな家庭を築くことを誓いますか」

新郎と新婦

「はい、誓います。〇年〇月〇日 新郎 〇〇〇 新婦 〇〇〇」

新郎新婦、どちらとも仲の良い友人であればなおさら、一体感が生まれるパターンです。

 

3:人前式の「誓いの言葉」…入籍済みの場合はどうなる?

入籍が済んでいる場合は、入籍日を誓いの言葉に入れるのがいいでしょう。既に結婚しているので、誓いというより、お披露目という意味合いが強いかもしれませんね。例えば……

新郎・新婦がふたりで

「わたしたちは○○○○年○月○日に入籍しました。〇〇県〇〇市において、新たな生活を営み始めてから〇か月、ふたりの絆をさらに深めるため、幸せな家庭を築いていくため、きょう、ここにお集まりのみなさまの前で、夫婦の誓いをいたします。〇年〇月〇日 夫 〇〇〇 妻 〇〇〇」

というものも、シンプルかつエレガントでよいでしょう。

 

4:まとめ

今回挙げた文例は、いずれもオーソドックスなものばかり。誓いの言葉には、無限大のパターンがありますので、ふたりの「らしさ」が出るような言葉を考えてみましょう。アイデア次第で、参列した人々の記憶に残る良い結婚式になると思いますよ。