恋のなやみに効くメディア

彼氏をキュンとさせるLINEや言葉は?男子に聞いた最強実例集

並木まきM.Namiki

©gettyimages

目次

隠す

1:彼氏をキュン死させたい!

「キュン死」とは、心臓が止まってしまうほどキュンキュンするということ。女性の中には、彼氏をキュン死させて、自分にベタ惚れになってほしい!と考えている人も多いでしょう。

大好きな彼氏には、自分のことをもっともっと好きになってほしいと思うのは当然のこと。特にクールであまり感情がわかりにくい男性が、彼女に対して「キュン♡」なんてシチュエーション、憧れちゃいますよね。

 

2:彼氏をキュンとさせるLINEとは?男子に聞いた最強実例5つ

ではさっそく、彼氏をキュンとさせたLINEをチェックしてみましょう。どんなLINEに反応しているんでしょうか。

(1)めちゃキュートな表情の自撮り

 

「この前、付き合って半年になる彼女から、めっちゃキュートな表情の自撮りが送られてきて、思わずデレッとしちゃいますね。加工してちょっと盛っている写真っぽかったのですが、それがまた新鮮で。“俺の彼女って、こんなにポテンシャル高かったっけ?”と思いつつ、ニヤニヤして眺めちゃいました。

しかも表情が、なんとも言えず色っぽかったんですよね。彼氏じゃなければ見られない写真だと思うので、何だか得した気分です」(32歳男性/IT)

(2)記念日の自作動画

「彼女が、付き合った記念日だからと言って、これまでのふたりの写真を動画にまとめて、LINEで送ってきてくれたんです。心底感動しましたね。一生懸命写真を選んでくれた彼女の姿が頭に浮かび、嬉しくてニヤニヤしてしまいました。

たぶん、アプリで簡単に作れる動画だと思うんだけど、流れていっちゃう日常を愛おしく思う気持ちが伝わってきて、その思いやりにキュン死しました」(36歳男性/専門職)

(3)すぐ拗ねるところにキュン

の彼女、おもしろくないことがあると、すぐに拗ねるんです。でも、そこがかわいくて、放っておけない感じ。LINEをしていても“今日、会える?”って聞かれて、残業になりそうだから無理かな”って送ると、拗ねた顔のスタンプとともにもう別れる!!!”とか返してくるんですよ。

好きじゃない女にされたらウザいだけだとは思うのですが、最近ではその拗ねた態度を見たくて、あえてから仕掛けてます」(43歳男性/マスコミ)

(4)仕事で必要な情報をせっせと送ってくれた

「あるとき、仕事で資料を作らなければいけなかったのですが、、ネットサーフィンがめちゃくちゃ苦手で。検索してもなかなか必要な情報にたどり着けないんです。そんなとき、僕のそんな欠点を知っている彼女が、代わりにネットでいろんなページを探して、LINEしてくれたんです。

期日のある資料だったし、どんな言葉で検索すればいいのか、途方にくれていたので……助かりました。マジで女神だと思って、彼女の愛にキュンキュンしました」(37歳男性/運送)

(5)いつでも即レス!

「歳のせいか、僕はややこしい駆け引きをする女が苦手で。今の彼女は付き合って1年以上になりますが、僕がLINEするといつでも即レスしてくれるので嬉しいし、愛を感じます。都合の悪い話だと未読にしたままとか、既読にしても返事を焦らすような女の人も多いですからね。

彼女は僕のLINEをいつでも最優先にしてくれているのがわかるので、彼女から返事が届くたびに、“好きだなぁ”って思います。結婚も考えています」(44歳男性/経営)

 

4:彼氏がにやける言葉とは?男子に聞いた最強実例5つ

(1)「あなたならできる」

 

「仕事で落ち込んでいたときに、彼女から言われた“あなたならできるよ”っていう言葉は、最強に嬉しかった! 余計なことを言わずに、ひと言だけそうやっていってくれたのも、シンプルで嬉しかったですね。それを聞いた瞬間に元気が出てきて、“オレの彼女最高!”って思いました」(33歳男性/税務関係)

(2)「世界一カッコいい」

「好きな女性から、“世界一カッコいい”なんて言われると、しばらくニヤニヤしちゃいます。ベタな褒め言葉なのはわかっているけれど、やっぱり基本こそ王道ですよね。愛を感じるし、彼女を大事にしなきゃって思える言葉です」(32歳男性/サービス)

(3)「大好きすぎてヤバい」

「交際期間が長くなると、なかなか言ってくれなくなる彼女も多いけれど、僕は“大好きすぎてヤバい”と言ってもらうと、ニヤニヤが止まりません。今の彼女がこれをよく言ってくれる子で、LINEでも頻繁に送ってくれます。僕的には精神安定剤みたいになっていますね。

彼女がこれを言ってくれることで、会えない期間が長くなってもなんの心配もせずに仕事に打ち込めるし、ありがたいです」(41歳男性/経営)

(4)「出会えて本当に良かった」

「倦怠期を迎えていて、そろそろ危ないかなと思っていたとき、彼女から交際記念日に“あなたに出会えて、本当に良かった”とLINEが届きました。

それを読んだ瞬間、いろんな思い出がパーッと頭に浮かんできて、倦怠期だったことも忘れ、彼女を愛おしいと感じてしまい……。ニヤニヤも止まりませんでしたが、それ以上に、大事なものに気づかせてくれた言葉です」(39歳男性/IT)

(5)「あなた以上の人はいない」

「結婚したいなと思っている彼女がいて、そろそろプロポーズを考えています。そう思うキッカケとなったのは、彼女から“あなた以上の人はいない”と言ってもらえたこと。イベントや記念日などの特別な日ではなく、何気ないときにそう言ってもらえたことで自信が出たし、安心してプロポーズしようって気持ちになっています。こういうシンプルな言葉が、わかりやすくて嬉しいです」(35歳男性/メーカー)

 

5:彼氏をキュン死させて倦怠期を乗り越えよう!

マンネリを迎えたカップルにとっても、彼氏をキュンとさせるようなLINEや言葉は、鉄板の恋愛テクといえます。ラブラブだった初期の気持ちを取り戻すきっかけにも。

むしろ常に彼氏をキュンキュンさせ続けることができれば、倦怠期なんて怖くないかもしれません。上手に彼をキュンキュンさせて、ラブラブな日々を過ごしていきましょう。