恋のなやみに効くメディア

アバンチュールはフランス語?正しい意味と実際の体験エピソード

松田優Y.Matsuda

©gettyimages

目次

隠す

1:アバンチュールしたことはありますか?

普通の恋愛とはひと味違ったドキドキ感が味わえる「アバンチュール」。あなたは体験したことがありますか?

今回『MENJOY』では、20~40代の男女500名を対象に、独自のアンケート調査を実施。まず、「アバンチュールをしたことがありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・68人(13%)

ない・・・273人(55%)

アバンチュールの意味を知らない・・・159人(32%)

アバンチュールをしたことがあるのは全体の1割程度で、ほとんどの人がアバンチュール未体験ということがわかりました。そして、3割以上が「アバンチュール」という言葉の意味すら知らないという結果に……。

でも、意味を知らないだけで、もしかしたら知らずしらずのうちにアバンチュールを体験している人もいるかもしれません。

2:アバンチュールはフランス語?アバンチュールの正しい意味・英語表現・類語

そもそも「アバンチュール」とはどのような意味なのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

(1)「アバンチュール」の正しい意味

アバンチュールの意味を辞書で調べてみると、

アバンチュール【(フランス)aventure】

冒険。特に、恋の冒険。火遊び。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

となります。つまり簡単に言えば「火遊びのような恋愛」。想像するだけでドキドキしちゃいますね!

(2)「アバンチュール」を英語で言うと?

「アバンチュール」はフランス語であり、英語の「adventure(=冒険する)」が語源となってます。

英語でアバンチュールを表現するときには、「have a fling」がニュアンスが近いでしょう。「フライングをもった=付き合う前にやっちゃった」「本気じゃないエッチをした」といった意味です。

もっと「その場限りだったけど本気だった」というニュアンスにするなら、「romantic adventure」と表現することもあります。

また「一夜限りの関係」という意味では「one night stand」という表現もあります。

(3)「アバンチュール」の類語は?

「アバンチュール」に似た言葉としては「一夜限りの恋」や「浮気」、「ワンナイトラブ」といった、ひとときだけの恋愛を表す言葉が挙げられます。

他にも「許されぬ恋」や「秘めごと」、「禁断の愛」といった、本来してはいけない行為を指す言葉も似た言葉といえるでしょう。

3:どんな関係がアバンチュールなの?実体験エピソード5つ

言葉だけではいまいちピンと来ない人も、実体験エピソードを聞けばアバンチュールが理解できるはず! ドキドキのアバンチュールエピソードをご紹介します。

(1)久しぶりに会った同級生とのアバンチュール

実家に帰省中、学生時代にイケメンと話題だった同級生と久々に再会。もともと仲も良かったので、そのまま飲みに行き、お持ち帰りされちゃいました♡ そのあとも連絡を取り続けてラブラブな雰囲気だったのですが、彼が先に東京に帰ってしまい、それを機に連絡が途絶えてしまいました。顔がすごくタイプだったし、体の相性も良かったので残念すぎる!」(Iさん・28歳女性)

(2)旅先で出会ったフランス人とのアバンチュール

「友達とフランス旅行に行ったときに、地元に住むフランス人と仲良くなりました。友人も別のフランス人と仲良くなって出かけるようになり、お互いに旅先でのアバンチュールとして楽しんでました。

“帰国したらもう終わっちゃうんだろうなぁ”と思っていたのですが、帰国後も連絡を取り続け、今では私の旦那さんです」(Tさん・30歳女性)

(3)恋人持ち同士でのアバンチュール

「友人の結婚パーティーに参加したときに紹介で知り合った男性がいました。お互い恋人アリと知りつつ仲良くなってしまい、そのままホテルに行ってしまいました。

そのあとも割り切った関係としてときどき連絡を取っては、密会をしています。お互い“恋人と別れる気はない”という上での関係なので、ただただ体の相性の良さを楽しんでいます」(Sさん・31歳女性)

(4)既婚男性とのアバンチュール

「バーで知り合った既婚男性にひと目ボレしてしまい、その人が既婚者と知りつつそのまま関係をもってしまいました。でも、本気に好きになってしまったので、ずっと連絡を取って、会える日は会っています。

“どうしても一緒になれない”というつらい気持ちがある反面、相手には奥さんがいるのに関係が続いているという背徳感にドキドキする自分もいます……」(Aさん・26歳女性)

(5)リゾート地でのアバンチュール

「夏に海でナンパされて、そのまま飲みに行ったことまでは覚えているのですが、気が付いたら朝で、ホテルの部屋のベッドの上にいました。お酒を飲みすぎたのか夜の記憶がないのですが、間違いなくワンナイトラブをしてしまったみたいで……。反省しつつも人生初のアバンチュールにドキドキ。

でも後日、彼と再び会ったら、ナンパされたときと印象が違って、少しも魅力を感じなかったので、すぐに会わなくなってしまいました」(Rさん・23歳女性)

4:アバンチュールが起こりやすいシチュエーション5つ

アバンチュールをしてみたいと思っても、日常生活ではなかなか体験できないですよね。ならば自らアバンチュールをしに出かけるのみ! アバンチュールが起こりやすいシチュエーションをご紹介します。

(1)夏の海

ビキニとビールと運命の出会い!が集まる夏の海は、アバンチュールが起こり得る絶好のシチュエーション。ナンパをきっかけにひと夏のアバンチュールを楽しむ人も多いので、出会いがほしい人は夏の海を訪れてみてはいかがでしょうか。

(2)旅行先

旅行先で偶然出会った人と意気投合して、そのままひとときのアバンチュール……というのもよくあるシチュエーション。

旅先で出会う人には「普段の生活では会えない人に出会えた!」というプラスのイメージがつきやすいので、いつもより恋に落ちやすい人も多いよう。中には、出会いを期待して旅行する人もいるようで……。旅行者同士で出会うこともあれば、現地の人と仲が深まるケースもあります。

(3)合コン

出会い目的の男女が集まる合コンでは、そのままの勢いで一夜のアバンチュールにつながることもあります。お酒が入ってほろ酔い気分になれば、相手との会話も盛り上がりますし、帰りたくないオーラを出せば、あとは流れに身を任せるだけ……♡ そのためにも、気になる人にはガンガンアピールするのがいいかも。

(4)同窓会

同窓会で久しぶりに会った旧友の姿にときめいたり、久々に話したら思いのほか盛り上がることってありますよね。それが男女間であればアバンチュールに発展する可能性も大いにあり! まったく知らない人とは違って、ある程度は気心の知れた相手だからこそ、フットワークが軽くなる人も多いようです。

(5)友人や知人の結婚パーティー

結婚パーティーは祝いの場であり、出会いの場でもあります。友人や知人を介して知り合った人と仲良くなり、二次会後にしっぽりバーで飲み直したらそのまま一夜のアバンチュールに……というケースも多いです。「結婚って良いなぁ~」と思った矢先の出会いなので、もしかしたら一夜のアバンチュールのつもりが、そのままゴールインまで駆け込める可能性もあるかも!

5:まとめ

アバンチュール=火遊びの恋というと、良いイメージを抱かない人も多いかもしれません。でも、実は火遊びだったはずの恋の炎が長続きし、結婚にまで至ったというカップルも多いのです。

運命の出会いはどこに潜んでいるかわかりません。自らつかみにいかなければ、出会うこと自体ないのかも……。もしかしたら運命の人に出会えるかもしれない「アバンチュール」、あなたも体験してみてはいかがでしょうか。